ミスターシービー 愛された「破天荒な三冠馬」

ミスターシービー
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1980年4月7日
毛色 黒鹿毛
トウシヨウボーイ
シービークイン
競走成績 15戦8勝
獲得賞金 4億959万8100円
表彰歴 1986年 顕彰馬
1984年 最優秀父内国産馬
1983年 年度代表馬、最優秀4歳牡馬、最優秀父内国産馬
主な勝鞍 1983年 共同通信杯4歳ステークス
1983年 弥生賞
1983年 皐月賞
1983年 日本ダービー
1983年 菊花賞
1984年 天皇賞(秋) G1
厩舎 松山康久(美浦)
生産者/産地 千明牧場 (浦河町)
馬主 勝負服 千明牧場
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

名馬とは、数々の逸話に彩られ、逸話とともに生きる存在であるようだ。

皐月賞、宝塚記念、有馬記念などを制して天馬と呼ばれたトウショウボーイと、レコードタイムで毎日王冠を勝ったシービークインは、同じレースでデビューしたという因縁を持っていた。両馬引退後の1980年、この2頭の間には、漆黒の、ビロードのような肌を持つ子馬が誕生する。

ミスターシービーである。

シービーとは、生まれ故郷である千明(ちぎら)牧場の頭文字。馬名にこめられた期待の大きさがわかる。実はこのミスターシービー以前、1930年代にも初代「ミスターシービー」は走っていたのだが、大レースを勝利することなくターフを去っている。

夢は、2代目へ。血統の良さと美しさゆえ、早くから注目を浴びたミスターシービーは、出遅れグセを見せながらも怒涛の追込みを武器に1983年のクラシックを戦っていく。

デビューから9戦連続で1番人気に支持されることになるミスターシービー。出遅れて、後方を進んで、最終コーナーから直線にかけて不器用に順位を上げていくその姿は、誰からも愛されるものだった。

皐月賞では不良馬場を蹴り上げて自慢の末脚を炸裂させた。

日本ダービーではまたも出遅れたが、最終コーナーでは外の馬を弾き飛ばすようなマクリを披露、直線半ばで先頭に立つと、そこから堂々と押し切ってみせた。

そして秋、「ゆっくり上り、ゆっくり下れ」といわれる京都の坂を一気に駆け抜けて、菊花賞は圧巻の1着ゴールを果たした。

スタートでの立ち遅れが響いた3戦目・ひいらぎ賞の2着、久々だった秋初戦・京都新聞杯4着といった取りこぼしはあったものの、9戦7勝の鮮やかな成績を残して、ミスターシービーは、シンザン以来19年ぶりとなるクラシック三冠の大偉業を成し遂げたのだった。

古馬となった1984年、ミスターシービーには、1つの僥倖と、大きな壁が待っていた。

まずはグレード制の導入と距離体系の整備。中央競馬のレースに格付けがおこなわれ、各レースの施行距離も見直されることになった。それまで春秋とも3200mでおこなわれていた天皇賞も、秋のみ2000mへと距離が短縮された。この新生・天皇賞を直線一気のレコードタイムで制したのがミスターシービーだ。三冠のみならず「GI・2000mの天皇賞」の初代チャンピオンとしても名前を残すことになったわけだ。

が、時代はすでに1歳下の三冠馬、皇帝と称えられるシンボリルドルフの天下。ミスターシービーはジャパンC、有馬記念、翌1985年の天皇賞・春と三度シンボリルドルフと対峙したが、一度も先着することなくターフを去ることとなった。

かように名馬は、数々の伝説に彩られ、伝説とともに生きるものなのである。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう