第1634回 4歳馬か東京実績馬か!? エプソムCを占う!|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1634回 4歳馬か東京実績馬か!? エプソムCを占う!

2022/6/9(木)

今週は日曜日に東京競馬場でエプソムCが行われる。いつものように過去10年のデータを分析し、レースの傾向を探っていきたい。データの分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 過去10年のエプソムC好走馬

着順 馬名 性別 年齢 人気 前走レース名 前着 備考
21年 1 ザダル 5 3 毎日王冠G2 5 19年プリンシパルS1着
2 サトノフラッグ 4 6 金鯱賞G2 7 20年セントライト記念2着
3 ファルコニア 4 2 難波SH・3勝 1  
20年 1 ダイワキャグニー 6 9 新潟大賞HG3 14 18年・19年メイS1着ほか
2 ソーグリッタリング 6 5 メイSH 2 19年エプソムC3着
3 トーラスジェミニ 4 18 ダービーHG3 11  
19年 1 レイエンダ 4 5 メイSH 9 18年セントライト記念2着
2 サラキア 4 7 阪神牝馬G2 10 18年ローズS2着
3 ソーグリッタリング 5 1 都大路S(L) 1  
18年 1 サトノアーサー 4 2 メイSH 3 17年神戸新聞杯3着
2 ハクサンルドルフ 5 4 新潟大賞HG3 8  
3 グリュイエール 6 5 府中S1600 1  
17年 1 ダッシングブレイズ 5 5 京王杯スG2 7  
2 アストラエンブレム 4 1 メイSH 2 17年メイS2着
3 マイネルハニー 4 6 小倉大賞HG3 16 16年アイルランドT2着
16年 1 ルージュバック 4 1 ヴィクトG1 5 15年オークス2着
2 フルーキー 6 3 新潟大賞HG3 2 15年東京新聞杯3着
3 マイネルミラノ 6 6 新潟大賞HG3 5  
15年 1 エイシンヒカリ 4 2 都大路S 1 14年アイルランドT1着
2 サトノアラジン 4 1 モンゴルH 1  
3 ディサイファ 6 4 中日新聞HG3 1 14年エプソムC1着
14年 1 ディサイファ 5 2 都大路S 2  
2 マイネルラクリマ 6 4 CマイG1 10  
3 ダークシャドウ 7 8 中山記念G2 11 11年天皇賞(秋)2着ほか
13年 1 クラレント 4 4 マイラーG2 8 12年富士S1着ほか
2 ジャスタウェイ 4 3 中日新聞HG3 8 12年毎日王冠2着
3 サンレイレーザー 4 7 マイラーG2 2 13年マイラーズC2着
12年 1 トーセンレーヴ 4 1 マイラーG2 8 11年アイルランドT1着
2 ダノンシャーク 4 2 マイラーG2 2 12年マイラーズC2着
3 マイネルスターリー 7 15 新潟大賞HG3 8 09年アイルランドT1着

表1は過去10年のエプソムCの好走馬。性別、年齢、人気、前走成績に加え、備考には注目したい実績を記載した。まず年齢では4歳の活躍が非常に目立つ。2014年を除き、毎年1頭は馬券に絡んでいる。

■表2 エプソムCの年齢別成績(過去10年)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
3歳 0-  0-  0-  1/  1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
4歳 6-  6-  4- 19/ 35 17.1% 34.3% 45.7% 87 197
5歳 3-  1-  1- 41/ 46 6.5% 8.7% 10.9% 48 25
6歳 1-  3-  3- 27/ 34 2.9% 11.8% 20.6% 65 66
7歳以上 0-  0-  2- 45/ 47 0.0% 0.0% 4.3% 0 52

表2はエプソムCの年齢別成績。4歳は【6.6.4.19】という成績で、勝率17.1%、連対率34.3%、複勝率45.7%ととても優秀だ。複勝回収率も197%と高かった。5歳は3頭の勝ち馬を出していて勝率は6.5%。6歳は連対率(11.8%)や複勝率(20.6%)では5歳を上回った。7歳以上は3着が2回だけで連対はゼロだった。したがって、まず4歳馬に目を向けて中心馬を探したい。

■表3 エプソムCの前走クラス別成績(過去10年)

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
3勝 0-  0-  2-  7/  9 0.0% 0.0% 22.2% 0 52
OPEN非L 4-  3-  0- 55/ 62 6.5% 11.3% 11.3% 34 22
OPEN(L) 0-  0-  1- 10/ 11 0.0% 0.0% 9.1% 0 16
G3 1-  3-  5- 36/ 45 2.2% 8.9% 20.0% 49 165
G2 4-  3-  2- 16/ 25 16.0% 28.0% 36.0% 114 115
G1 1-  0-  0-  8/  9 11.1% 11.1% 11.1% 31 15

続いて表3はエプソムCの前走クラス別成績。こちらも特徴的な傾向が出た。前走G2組の成績が【4.3.2.16】で勝率16.0%、連対率28.0%、複勝率36.0%とかなり優秀。単勝回収率114%、複勝回収率115%と馬券的にも魅力がある。前走G2組の前走レースを詳しく見ていくと、12年と13年に好走した4頭は前走マイラーズC組だった。しかし、14年以降は中山記念、京王杯スプリングC、阪神牝馬S、金鯱賞、前年の毎日王冠とレースはさまざまだった。前走着順も3着以内と限らず、着外からの巻き返しも十分ある。

前走OPEN(非リステッド)も1着4回、2着3回だが、単勝回収率34%、複勝回収率22%とかなり低い。前走G1組は勝ち馬が1頭しか出ていないが、出走頭数自体が少ない印象。前走G3組は勝率や複勝率は平凡ながら、複勝回収率は165%と高い。そして、前走3勝クラス組の成績は【0.0.2.7】。2018年にグリュイエールが5番人気で3着、21年はファルコニアが2番人気で3着に入っている。比較的上位人気に支持された馬に関しては警戒が必要だろう。

ここまでのデータを総合すると「前走G2組の4歳馬に注目」と言いたいところだが、両方の条件を満たす好走馬が数多くいるわけではないので、あまりこだわる必要はない。まず4歳という点だけに注目して、とある実績をチェックした方がいい。その実績とは前年に芝1800m以上のG1やG2(主に菊花賞や秋華賞のトライアル)で3着以内か、東京芝1600m以上のG3やOPENで連対というもの。

例えば、12年1着トーセンレーヴや15年1着エイシンヒカリは前年に東京芝2000mのOPEN特別(アイルランドトロフィー)を勝っていた。16年1着ルージュバックは前年オークスで2着。18年1着サトノアーサーは前年神戸新聞杯3着、19年1着レイエンダと21年2着サトノフラッグは前年セントライト記念で2着と好走。19年2着サラキアは前年ローズSで2着に入っていた。

そして東京のオープン・重賞の実績は4歳馬以外においてもかなり重要。例えば、20年1着ダイワキャグニーは18年・19年のメイS連覇に加え、17年プリンシパルS・キャピタルS、19年オクトーバーSと東京芝のOPEN特別を5勝していた。20年2着ソーグリッタリングは前年のエプソムCで3着。また21年1着ザダルは19年にプリンシパルSを勝っていた。5歳以上の有力馬を探す際は、この点を必ずチェックしておきたい。

【結論】

それでは今年のエプソムCを占っていく。出走予定馬は表4の通り。

■表4 今年のエプソムC出走予定馬

馬名 性別 年齢 前走レース名 前着 備考
ガロアクリーク 5 都大路S(L) 6  
コルテジア 5 東京優駿G1 12  
ザダル 6 ダービーHG3 10 21年エプソムC1着
シャドウディーヴァ 6 ヴィクトG1 9 21年府中牝馬S1着
ジャスティンカフェ 4 湘南S・3勝 1  
タイムトゥヘヴン 4 京王杯スG2 3 21年富士S3着
ダーリントンホール 5 ダービーHG3 3 20年共同通信杯1着
トーセングラン 6 新潟大賞HG3 11  
トーラスジェミニ 6 ダービーHG3 12 20年エプソムC3着
ノースブリッジ 4 アメジH・3勝 1  
ハッピーアワー 6 安土城H(L) 10  
ヤマニンサンパ 4 飛鳥SH・3勝 1  

2022/4/2 中山11R ダービー卿チャレンジT(G3) 1着 3番 タイムトゥヘヴン 2022/4/2 中山11R ダービー卿チャレンジT(G3)
1着 3番 タイムトゥヘヴン

今年のエプソムCは1週前の時点でわずか12頭の登録しかなかった。過去10年より少ない頭数のレースになることが確定しており、この点は寂しい感じがする。注目の4歳馬はジャスティンカフェ、タイムトゥヘヴン、ノースブリッジ、ヤマニンサンバと4頭いる。この中で1番手になるのはタイムトゥヘヴンだろうか。実績的には前述した条件を満たしていないが、他の4歳勢に比べると実績は上位だ。前年のニュージーランドトロフィー2着、富士S3着がある。近2走はダービー卿チャレンジトロフィー1着→京王杯スプリングCで3着と重賞で連続好走して復調。距離1800mが長いというわけでもなさそう(21年に京成杯で2着と好走している)なので有力とみたい。

他の4歳勢はいずれも前走3勝クラスを勝ったばかりの昇級馬。ジャスティンカフェあたりは前走湘南Sの勝ちっぷりが派手だったので人気を集めそうだ。ただ、過去10年では前走3勝クラス組から連対馬は出ていないので連軸には押しづらい。

2021/10/16 東京11R 府中牝馬ステークス(G2) 1着 7番 シャドウディーヴァ 2021/10/16 東京11R 府中牝馬ステークス(G2)
1着 7番 シャドウディーヴァ

一方、5歳以上は軽視できない有力馬が豊富。ザダルは昨年の本競走の覇者。シャドウディーヴァは前年に東京芝1800mのG2・アイルランドT府中牝馬Sを勝っている。ともに成績が不安定なタイプだが、一発の可能性は十分あるだろう。ダーリントンホールトーラスジェミニは、20年の実績だが、それぞれ東京芝1800mの重賞で好走している。ダーリントンホールは近2走が洛陽S2着、ダービー卿チャレンジT3着と復調している。

今年のエプソムCは実績十分の4歳馬がいないため混戦模様。5歳以上の馬にも十分勝機がありそうだし、少頭数ながら馬券的には面白いレースになりそうだ。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)