第1633回 夏の北海道シリーズが開幕! 函館スプリントSを分析!|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1633回 夏の北海道シリーズが開幕! 函館スプリントSを分析!

2022/6/6(月)

今年の北海道シリーズは通常通り函館→札幌の順番で開催が予定されている。したがって、今週日曜日に行われる函館スプリントSは2年ぶりに函館で行われることになる(21年は札幌で施行された)。いつものように過去10年のデータを分析し、レースの傾向を探っていくことにする。データの分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 過去10年の函館スプリントSの好走馬(札幌開催だった21年は除く/前走着順は入線着順)

着順 馬名 性別 年齢 人気 前走レース名 前着 前2角 前3角 前4角 備考
20年 1 ダイアトニック 5 1 高松宮記G1 4   4 4  
2 ダイメイフジ 6 10 栗東SH(L) 14   2 2 19年函館スプリントS4着
3 ジョーマンデリン 4 3 UHBH・3勝 1   4 4  
19年 1 カイザーメランジェ 4 5 韋駄天SH 6     3  
2 アスターペガサス 3 2 葵S・重 2   9 6 18年函館2歳S1着
3 タワーオブロンドン 4 1 京王杯スG2 1   7 6  
18年 1 セイウンコウセイ 5 3 京王杯スG2 12   2 3 17年函館スプリントS4着
2 ヒルノデイバロー 7 10 阪急杯G3 17   13 13  
3 ナックビーナス 5 1 高松宮記G1 3   6 6  
17年 1 ジューヌエコール 3 3 桜花賞G1 9   6 5  
2 キングハート 4 4 鞍馬S 1   6 6  
3 エポワス 9 7 大阪―ハ 1   5 4 16年函館スプリントS5着
16年 1 ソルヴェイグ 3 12 桜花賞G1 17   10 8  
2 シュウジ 3 2 NHKマG1 12   3 3  
3 レッツゴードンキ 4 7 ヴィクトG1 10   9 10  
15年 1 ティーハーフ 5 4 彦根S1600 1   7 7  
2 アースソニック 6 14 韋駄天SH 3     6 14年函館スプリントS6着
3 レンイングランド 3 12 NHKマG1 16   1 1  
14年 1 ガルボ 7 8 高松宮記G1 11   11 11  
2 ローブティサージュ 4 6 ヴィクトG1 11   5 5  
3 クリスマス 3 4 優駿牝馬G1 12 18 18 18 13年函館2歳S1着
13年 1 パドトロワ 6 6 京王杯スG2 14   2 2 12年函館スプリントS4着
2 シュプリームギフト 5 5 鞍馬SH 4   9 7  
3 フォーエバーマーク 5 3 福島民友 2   2 2  
12年 1 ドリームバレンチノ 5 2 安土城S 1   5 5  
2 ロードカナロア 4 1 高松宮記G1 3   4 4  
3 ビスカヤ 6 11 朱雀SH1600 10   8 8  

2020/6/21 函館11R 函館スプリントステークス(G3) 1着 6番 ダイアトニック 2020/6/21 函館11R 函館スプリントステークス(G3)
1着 6番 ダイアトニック

表1は過去10年(札幌開催だった21年は除く)の函館スプリントSの好走馬一覧。年齢や人気、前走レースの着順(入線)・4コーナー(角)の位置取りを記載し、さらに注目したい実績を備考に記した。まず、気づくのは1番人気があまり勝っていないということ。20年のダイアトニックしか勝利していない。一方で12年はロードカナロアが2着(単勝1.3倍)、19年はタワーオブロンドンが3着(単勝1.8倍)に敗退。また、14年はストレイトガールが11着(単勝1.6倍)と惨敗している。スプリントG1を勝つ力があるような馬が、単勝1倍台のオッズで続々と敗れているのだ。どんなに実績上位の馬であっても全く油断ができないレースだ。

■表2 過去10年の函館スプリントSの年齢別成績(札幌開催だった21年は除く)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
3歳 2-  2-  2-  9/ 15 13.3% 26.7% 40.0% 310 243
4歳 1-  3-  3- 11/ 18 5.6% 22.2% 38.9% 87 133
5歳 4-  1-  2- 34/ 41 9.8% 12.2% 17.1% 52 37
6歳 1-  2-  1- 24/ 28 3.6% 10.7% 14.3% 64 153
7歳以上 1-  1-  1- 20/ 23 4.3% 8.7% 13.0% 156 110

表2は年齢別の成績。3歳は勝率・連対率・複勝率すべてで優れている。単勝回収率も310%、複勝回収率も243%と非常に高い。一方、7歳以上も単・複の回収率が100%を超えている。5歳は最多となる4頭の勝ち馬を出しているが回収率は低めだ。4歳は複勝率が38.9%と3歳の次に優秀だった。

■表3 過去10年の函館スプリントSの前走クラス別成績(札幌開催だった21年を除く)

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
3勝 1-  0-  2-  8/ 11 9.1% 9.1% 27.3% 57 209
OPEN非L 2-  4-  2- 46/ 54 3.7% 11.1% 14.8% 41 69
OPEN(L) 0-  1-  0-  3/  4 0.0% 25.0% 25.0% 0 147
G3 0-  1-  0-  8/  9 0.0% 11.1% 11.1% 0 67
G2 2-  0-  1-  8/ 11 18.2% 18.2% 27.3% 217 68
G1 4-  3-  4- 25/ 36 11.1% 19.4% 30.6% 236 179

続いて表3は前走クラス別成績。前走G1組が4勝を挙げていて、複勝率は30.6%でトップ。また、単勝回収率は236%、複勝回収率は179%と優秀だった。さらにレース別の好走馬数は高松宮記念組が4頭、桜花賞組・ヴィクトリアマイル組・NHKマイルC組がそれぞれ2頭、オークス組が1頭だった。高松宮記念組はシンプルに前走5着以内に入っていた馬が有力という印象。前述のダイアトニックは前走高松宮記念4着入線(繰り上がり3着)だった。一方、マイルのG1組の前走着順はあまり関係がなさそう。16年1着のソルヴェイグは前走桜花賞で17着に敗れていた。

仮にマイルG1で大敗していても、スピード能力が高くてスプリント戦に適性がある馬であれば、十分巻き返してくる可能性がある。例えば、15年に12番人気ながら3着と激走したレンイングランドは、前走NHKマイルCは逃げて(3角・4角を1番手で通過)16着と惨敗していた。しかし、芝1200mで2勝を挙げていたので、距離短縮が功を奏して好走したと言えるだろう。

■表4 前走G1組の前走4角位置別成績

前走4角 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
4角1番手 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0 436
2番手以内 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 218
3番手以内 0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6% 0 222
4番手以内 1- 2- 1- 6/10 10.0% 30.0% 40.0% 25 181
5番手以内 2- 3- 1- 7/13 15.4% 38.5% 46.2% 74 226
7番手以内 2- 3- 2-10/17 11.8% 29.4% 41.2% 57 182
10番手以内 3- 3- 3-18/27 11.1% 22.2% 33.3% 181 158
1/3頭以内 2- 3- 2- 8/15 13.3% 33.3% 46.7% 64 206
1/2頭以内 3- 3- 2-18/26 11.5% 23.1% 30.8% 188 151
2/3頭以内 4- 3- 3-21/31 12.9% 22.6% 32.3% 274 184

表4は前走G1組の前走4角位置別成績。前走4角で1〜3番手だった馬は勝っていないが、複勝回収率は高い。レンイングランドのような伏兵の激走が見込めるというわけだ。前走の4角位置が1/3頭以内(出走頭数に対して)だった場合、複勝率は46.7%と非常に高い。そして同1/2頭以内だと、単勝回収率が188%、複勝率が151%という結果だった。つまり前走G1組は前走着順よりも前走の4角位置に注目したいところ。中団よりも前目で競馬をしていた馬をマークした方がいい。

2013/6/16 函館11R 函館スプリントステークス(G3) 1着 14番 パドトロワ 2013/6/16 函館11R 函館スプリントステークス(G3)
1着 14番 パドトロワ

表3に戻って前走G2組を見ると、単勝回収率が217%と高い。レースの内訳は前走京王杯スプリングC組が多かった。同レース組も先行力を見せていた馬に注目。13年1着パドトロワは前走京王杯スプリングC14着だったが、3角・4角は2番手で通過していた。18年1着セイウンコウセイも前走京王杯スプリングCは12着だったが、3角は2番手、4角は3番手で通過していた。また、この2頭は前年の函館スプリントSにも出走していて、4着という成績だった。

同じような成績の馬が他にいないか調べてみたところ、17年3着エポワスや20年2着ダイメイフジがいた(表1の備考を参照)。15年2着アースソニックは前年の函館スプリントS6着だったが、勝ち馬とはわずか0.3秒差だった。

重賞では、前年の同レースで好走していた馬はリピーターとして注目されることが多い。しかし、本競走では3着以内に好走した馬だけでなく、善戦した馬もマークした方がいい。配当的にも魅力のあるケースが多く、人気薄でも決して軽視できない。また、前年に函館2歳Sを勝っていた馬も有力候補。14年にクリスマスが3着、19年はアスターペガサスが2着と好走している。前年の函館スプリントS善戦馬・前年の函館2歳S1着馬がいた場合は、かなり狙い目になることを覚えておきたい。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)