第1279回 年内最後のG1・ホープフルSの傾向を探る|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1279回 年内最後のG1・ホープフルSの傾向を探る

2018/12/24(月)

中央競馬における今年最後の開催は12月28日(金)。中山競馬場のメインレースにホープフルSが組まれている。2歳馬による芝中距離戦で、中山芝2000mを舞台に行われる。2014年より重賞(G2)となり、昨年からG1に昇格。翌年の牡馬クラシック戦線を占う一戦として注目度が増している。今回は同レースを、過去のデータから分析していくことにする。データの集計・分析はJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 2014年以降のホープフルS好走馬(1)

着順 馬名 人気 騎手 所属 調教師 馬主
2017年 1 タイムフライヤー 1 C.デムーロ (栗) 松田国英 サンデーレーシング
2 ジャンダルム 4 武豊 (栗) 池江泰寿 前田幸治
3 ステイフーリッシュ 8 中谷雄太 (栗) 矢作芳人 社台レースホース
2016年 1 レイデオロ 1 ルメール (美) 藤沢和雄 キャロットファーム
2 マイネルスフェーン 8 シュミノー (美) 手塚貴久 サラブレッドクラブ・ラフィアン
3 グローブシアター 2 福永祐一 (栗) 角居勝彦 キャロットファーム
2015年 1 ハートレー 3 ボウマン (美) 手塚貴久 サンデーレーシング
2 ロードクエスト 1 M.デムーロ (美) 小島茂之 ロードホースクラブ
3 バティスティーニ 2 ルメール (栗) 松田国英 サンデーレーシング
2014年 1 シャイニングレイ 2 川田将雅 (栗) 高野友和 キャロットファーム
2 コメート 8 嘉藤貴行 (美) 土田稔 ケンレーシング組合
3 ブラックバゴ 9 戸崎圭太 (美) 斎藤誠 シルクレーシング
※2014年から2016年まではG2

表1は重賞になった2014年以降のホープフルS好走馬(1)。3着以内に入った馬の人気や騎手、所属厩舎、馬主を記した。まだ4年分のデータだが、ある程度の傾向は見えてきている。勝ち馬はすべて3番人気以内。近2年はタイムフライヤー、レイデオロと1番人気が勝利している。比較的上位人気は強く、二けた人気馬の好走はまだない。8番人気馬が3頭好走しており、伏兵馬ならばこのあたりの人気に注意といったところだ。

2017/12/28 中山11R ホープフルステークス(G1) 1着 7番 タイムフライヤー

なお、表1の該当馬12頭中、その後重賞を勝利した馬は4頭いる。ステイフーリッシュは京都新聞杯、レイデオロは日本ダービーや天皇賞(秋)、ロードクエストは京成杯オータムハンデやスワンS、シャイニングレイはCBC賞を勝った。将来、芝中距離で活躍する馬が出るのは自然だと思うが、短距離で実績を残す馬が出ている点は興味深い。このレースの時点では本当の距離適性を判断するのは難しい。素質だけで2000mの距離をこなしている場合もあるということだろう。

騎手成績を見ると外国人ジョッキーの活躍が目立つ。15年はH・ボウマン、16年はC・ルメール、17年はC・デムーロと目下3連勝中。好走馬12頭中、ちょうど半分となる6頭の鞍上が外国人騎手だ。今年秋のG1戦線では外国人騎手の勝利が続いており、ホープフルSでの連勝もまだ続く予感がする。

所属は美浦の馬と栗東の馬がそれぞれ6頭。関東と関西の比較では全くの五分となっており、あまり気にする必要はなさそうだ。馬主はサンデーレーシングキャロットファームの馬がそれぞれ3頭。いずれかのクラブの馬が毎年馬券に絡んでいる。

■表2 2014年以降のホープフルS好走馬(2)

着順 馬名 人気 キャリア 間隔 前走レース名 前距離 前着
2017年 1 タイムフライヤー 1 4 5 京都2歳G3 2000 2
2 ジャンダルム 4 2 7 デイリーG2 1600 1
3 ステイフーリッシュ 8 1 2 新馬 2000 1
2016年 1 レイデオロ 1 2 3 葉牡丹賞500* 2000 1
2 マイネルスフェーン 8 6 4 未勝利* 2000 1
3 グローブシアター 2 1 6 新馬 1800 1
2015年 1 ハートレー 3 1 6 新馬 2000 1
2 ロードクエスト 1 2 17 新潟2歳G3 1600 1
3 バティスティーニ 2 2 6 黄菊賞500* 2000 1
2014年 1 シャイニングレイ 2 1 7 新馬 2000 1
2 コメート 8 4 8 きんもく500* 1800 1
3 ブラックバゴ 9 2 4 未勝利* 1800 1

続いて好走馬のキャリアや前走成績などを見ていく(表2参照)。最少のキャリアは1戦でステイフーリッシュら4頭が該当。最多キャリアはマイネルスフェーンの6戦だ。全体的にはキャリアが浅い馬の方が多い印象だ。キャリア1戦の馬が多いということは、前走新馬戦を勝ったばかりでも大丈夫ということになる。距離は芝1800mから2000mのレースであることが望ましい。未勝利戦や500万クラスのレースでも同様だ。前走マイル戦を使っていた馬も2頭(ジャンダルムとロードクエスト)いるが、ともに重賞を勝っていた。

■表3 2014年以降のホープフルS好走馬(3)

着順 馬名 人気 母父馬
2017年 1 タイムフライヤー 1 ハーツクライ ブライアンズタイム
2 ジャンダルム 4 Kitten's Joy Sunday Silence
3 ステイフーリッシュ 8 ステイゴールド キングカメハメハ
2016年 1 レイデオロ 1 キングカメハメハ シンボリクリスエス
2 マイネルスフェーン 8 ステイゴールド Jade Robbery
3 グローブシアター 2 キングカメハメハ スペシャルウィーク
2015年 1 ハートレー 3 ディープインパクト Congrats
2 ロードクエスト 1 マツリダゴッホ チーフベアハート
3 バティスティーニ 2 キングカメハメハ サンデーサイレンス
2014年 1 シャイニングレイ 2 ディープインパクト クロフネ
2 コメート 8 ブラックタイド アフリート
3 ブラックバゴ 9 バゴ ステイゴールド
    サンデーサイレンス系
    ミスタープロスペクター系
    ロベルト系

続いて好走馬の血統を見ていく。芝中距離のレースらしくサンデーサイレンス系の独壇場。ハーツクライやステイゴールド、ディープインパクトの産駒が多数いる。母父としても同系統の馬が4頭いる。父と母父、どちらもサンデーサイレンス系に属さない馬はレイデオロ1頭しかいない。

その他の系統ではミスタープロスペクター系に注目。基本的にはキングカメハメハが有力だが、Jade Robberyやアフリートといったダートで強いタイプの名前がある。マイネルスフェーンとコメートが母父に持っており、ともに8番人気で好走した。ダートで強いという意味ではロベルト系も面白い。タイムフライヤーの母父はブライアンズタイムで、レイデオロの母父はシンボリクリスエス。同系統の血を持つ馬がいた場合も要チェックだ。

【結論】

それでは今年のホープフルSを占っていくことにする。出走予定馬は表4の通りだ。

■表4 ホープフルS出走予定馬

馬名 馬主 キャリア 前レース 前着 前距離
アドマイヤジャスタ 近藤利一 3 紫菊賞500* 1 2000
キングリスティア 廣崎利洋 1 新馬 1 2000
※クリノガウディー 栗本博晴 3 フューチG1 2 1600
コスモカレンドゥラ ビッグレッドファーム 4 黄菊賞500* 1 2000
コパノマーティン 小林祥晃 7 フューチG1 11 1600
サートゥルナーリア キャロットファーム 2 萩S 1 1800
ジャストアジゴロ 原禮子 2 未勝利* 1 2000
タイセイモナーク 田中成奉 8 未勝利* 1 2000
タニノドラマ 谷水雄三 1 新馬 1 2000
ニシノデイジー 西山茂行 4 東京スポG3 1 1800
ハギノアップロード 日隈良江 6 未勝利* 1 1800
ハクサンタイヨウ 篠崎恒雄 5 東京スポG3 10 1800
ヒルノダカール ヒルノ 2 未勝利* 1 2000
ブレイキングドーン 前田幸貴 2 京都2歳G3 2 2000
マードレヴォイス ディアレストクラブ 5 ひいらぎ500* 6 1600
ミッキーブラック 野田みづき 3 京都2歳G3 4 2000
ヴァンドギャルド 社台レースホース 2 東京スポG3 3 1800
※クリノガウディーは回避の見込み。

2018/10/27 京都9R 萩ステークス 1着 1番 サートゥルナーリア

ジョッキーや人気など、本稿執筆時点では不透明な要素はあまり考えずに、馬主やキャリア、前走レースなどを記載した。今年は個人馬主の馬がかなり多い印象を受ける。注目していたサンデーレーシングかキャロットファームの馬は、サートゥルナーリアしかいない。同馬はキャリア2戦で、前走は萩S1着。血統的にもミスタープロスペクター系×サンデーサイレンス系という配合で不満はなく、好感触の要素が満載だ。まずは、本馬に注目したい。

キャリアが1戦の馬はキングリスティアとタニノドラマ。ともに前走は芝2000mの新馬戦を勝っている。データ的には注目馬と言える。実績面では前走東スポ杯1着のニシノデイジー、京都2歳S2着のブレイキングドーンが上位だ。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)