第1255回 10月のダート戦で狙える芝替わりとは?|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1255回 10月のダート戦で狙える芝替わりとは?

2018/10/1(月)

今週から秋の東京・京都開催がスタートする。3日間開催で重賞も3つ組まれているが、今回も地味ながらダート戦に注目してみることにする。コース別にそれぞれ傾向・特徴は異なる中、今回は京都ダート1800mで興味深いデータを見つけた。データの集計期間は2012年以降から今年9月23日開催終了時点まで。データの集計・分析はJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JV を利用した。

2017/11/5 京都11R みやこステークス(G3) 1着 16番 テイエムジンソク

10月に開催される中央場所のダートコースは、東京が1300m、1400m、1600m、2100m、京都が1200m、1400m、1800m、1900mとなっている。その中からは今回京都ダート1800mにスポットを当ててみたい。現在、重賞ではみやこSが組まれているコースだ。

■表1 10月の京都ダート1800m出走の前走コース別成績(2012年以降)

前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
阪神・ダ1800 30-45-28-239/342 8.8% 21.9% 30.1% 87 84
京都・ダ1800 15-15-13-112/155 9.7% 19.4% 27.7% 62 66
阪神・ダ2000 7- 5- 2-31/45 15.6% 26.7% 31.1% 110 82
阪神・ダ1400 4- 2- 2-41/49 8.2% 12.2% 16.3% 144 63
阪神・芝1800外 4- 1- 4-24/33 12.1% 15.2% 27.3% 191 119
小倉・ダ1700 4- 0- 6-51/61 6.6% 6.6% 16.4% 65 78
京都・ダ1900 3- 2- 4-25/34 8.8% 14.7% 26.5% 61 76
新潟・ダ1800 2- 2- 4-28/36 5.6% 11.1% 22.2% 62 57
中山・ダ1800 2- 1- 3-24/30 6.7% 10.0% 20.0% 68 72
京都・芝2000 2- 1- 1- 8/12 16.7% 25.0% 33.3% 168 73
阪神・芝1600外 2- 0- 1-13/16 12.5% 12.5% 18.8% 83 118
小倉・芝1800 2- 0- 0- 4/ 6 33.3% 33.3% 33.3% 500 95
京都・芝1600外 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 1556 373
札幌・ダ1700 1- 2- 3-31/37 2.7% 8.1% 16.2% 9 29
函館・ダ1700 1- 1- 2-15/19 5.3% 10.5% 21.1% 22 69
京都・ダ1400 1- 0- 1-24/26 3.8% 3.8% 7.7% 28 18
東京・ダ1600 1- 0- 1- 6/ 8 12.5% 12.5% 25.0% 175 297
京都・ダ1200 1- 0- 1- 7/ 9 11.1% 11.1% 22.2% 508 145
中京・ダ1400 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 180 220
阪神・芝2000 1- 0- 0-14/15 6.7% 6.7% 6.7% 27 14
東京・芝1600 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 110 90
東京・ダ1400 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 4083 446
札幌・芝2600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1980 540
中京・ダ1800 0- 4- 7-18/29 0.0% 13.8% 37.9% 0 75
阪神・芝1400 0- 1- 3- 6/10 0.0% 10.0% 40.0% 0 219
東京・ダ2100 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 95
中京・芝1400 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 180
中山・ダ2400 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 96
京都・芝1400 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 784

表1は10月の京都ダート1800mに出走した馬の前走コース別成績。やはり前開催である阪神を使っていた馬の頭数が圧倒的に多い。同じ距離である阪神ダート1800m組が【30.45.28.239】となっている。好走率は良くも悪くもなく、回収率も普通といったところか。厳密には阪神ダート1800mから京都ダート1800mに替わって歓迎もしくは、逆に不安となる馬もいるはずではある。しかし、変わり身の度合いという意味では、前走はダートではなく、芝を使っていた馬の方が大きい可能性を秘める

実際、10月の京都ダート1800mでは前走芝を使っていた馬の好走がかなり多いことがわかった。表1で記したように、特に阪神芝1800m組は【4.1.4.24】という成績で、単・複の回収率も高い。以下、出走頭数は少なくなるが、京都芝2000mや阪神芝1600m、小倉芝1800mや京都芝1600m組など、前走芝のレースを使っていた馬の好走が目立つ。京都ダート1800m以外のコース成績を調べると、前走芝組はここまで好成績を残せていない。

■表2 前走芝に出走していた10月の京都ダート1800m出走馬の成績(2012年以降)

前走コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
阪神・芝1800外 4- 1- 4-24/33 12.1% 15.2% 27.3% 191 119
京都・芝2000 2- 1- 1- 8/12 16.7% 25.0% 33.3% 168 73
阪神・芝1600外 2- 0- 1-13/16 12.5% 12.5% 18.8% 83 118
小倉・芝1800 2- 0- 0- 4/ 6 33.3% 33.3% 33.3% 500 95
京都・芝1600外 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7% 1556 373
阪神・芝2000 1- 0- 0-14/15 6.7% 6.7% 6.7% 27 14
東京・芝1600 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 110 90
札幌・芝2600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 1980 540
阪神・芝1400 0- 1- 3- 6/10 0.0% 10.0% 40.0% 0 219
中京・芝1400 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 180
京都・芝1400 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 784
京都・芝1400外 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 250
小倉・芝1200 0- 0- 0-10/10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
新潟・芝1800外 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
京都・芝1600 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
札幌・芝1500 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
札幌・芝1200 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
阪神・芝1200 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
京都・芝1800外 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
小倉・芝2000 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

表2は前走芝に出走していた馬のみに絞り、10月の京都ダート1800m出走馬の成績を調べた。前述したように勝ち馬の数では阪神芝1800mが最多。以下、1600mや2000mと、1800m前後の距離が並ぶ。同じ芝でも1400m以下を使っていた馬では、やや苦しい。阪神芝1400m組は複勝率が40%あるものの、勝ち馬はゼロ。また、小倉芝1200m組も【0.0.0.10】という成績。芝短距離からの変わり身は、あまり期待できないと言えるだろう。

■表3 前走阪神芝1800m出走で好走した馬

日付 レース名 馬名 着順 人気 種牡馬 母父馬
171022 未勝利* キーフラッシュ 1 9 ストロングリターン サザンヘイロー
161030 未勝利* キクノルア 1 5 カネヒキリ パラダイスクリーク
161015 未勝利* テイエムグッドマン 2 4 アグネスデジタル ミシエロ
161010 500万下 ゴールドインゴット 3 3 プリサイスエンド サンデーウェル
161009 500万下・牝 ジュエルメーカー 3 5 エンパイアメーカー フォーティナイナー
141019 未勝利* カラパナビーチ 1 5 キングカメハメハ ファルブラヴ
121021 500万下 タフディシジョン 3 8 アグネスタキオン Storm Cat
121006 未勝利* シゲルラシンバンザ 1 5 ダンスインザダーク エンドスウィープ
121006 未勝利* キンショータイム 3 6 ブライアンズタイム グラスワンダー

ここで前走芝→京都ダート1800m替わりで好走した馬を具体的に見ていくことにする。表3は前走阪神芝1800mに出走し、10月の京都ダート1800mで好走した馬。2012年以降では9頭いる。レースのクラスを見ると、未勝利戦か500万クラスとなっている。常識的に考えると、上級クラスの馬よりはキャリアが浅い馬の方が、変わり身を期待できそうではある。特にダートを使ったことがなかった馬というのは、魅力的。表3のキーフラッシュやキクノルア、カラパナビーチ、キンショータイムは初めてのダート戦で一変してみせた。該当馬の人気を見ると、1、2番人気だったケースはない。配当的な妙味もあると言える。

経験したことがないダートで走るか走らないかの判断は、簡単ではないものの血統は大きなヒントになりそうだ。特にミスタープロスペクター系の血は注目に値する。アグネスデジタルやプリサイスエンド、フォーティナイナーやキングカメハメハなど、ダートがいかにも合いそうな血統が見られる。

他の系統もカネヒキリやアグネスタキオン、ブライアンズタイムなどパワータイプの血で構成されているケースが多く、芝よりもダート向きという印象の馬が結果を出している。

阪神芝1800m組以外の好走馬を見ても同様の傾向が見られる。クラスは未勝利戦、初ダート、ミスタープロスペクターの血。この3つの要素が揃った前走芝の馬は、大きな狙い目になると言えるだろう。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)