第1208回 実績馬が上がり馬か!? マイラーズCを占う|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1208回 実績馬が上がり馬か!? マイラーズCを占う

2018/4/19(木)

今週日曜日に京都競馬場でマイラーズCが行われる。安田記念へ向けての重要な前哨戦で、昨年はイスラボニータが勝利した。一方ではクルーガーのような上がり馬が勝つケースもある。京都で行われるようになった12年以降のレースを分析し、傾向を探っていきたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用。過去6年のデータを対象に分析した。

■表1 12年以降のマイラーズC好走馬

着順 馬名 人気 前走レース名 前着
17年 1 イスラボニータ 2 阪神カッG2 2
2 エアスピネル 1 東京新聞G3 3
3 ヤングマンパワー 7 東京新聞G3 6
16年 1 クルーガー 3 中日新聞HG3 6
2 ダノンシャーク 5 阪急杯G3 7
3 クラレント 11 ダービーHG3 14
15年 1 レッドアリオン 8 洛陽S 1
2 サンライズメジャー 5 スワンSG2 2
3 フィエロ 1 香港MG1 6
14年 1 ワールドエース 3 白富士S 5
2 フィエロ 1 六甲S 1
3 エキストラエンド 2 東京新聞G3 2
13年 1 グランプリボス 5 香港MG1 12
2 サンレイレーザー 8 六甲S 2
3 ダノンシャーク 3 京都金杯HG3 1
12年 1 シルポート 3 中山記念G2 2
2 ダノンシャーク 6 東京新聞G3 5
3 コスモセンサー 7 東京新聞G3 2

まずは12年以降に行われたマイラーズCの好走馬を見ていくことにする(表1参照)。過去6年のレースでは冒頭に述べたイスラボニータらが勝利している。ただ、1番人気の成績は案外よくない。2着が2回と3着が1回だけ。勝利したケースはない。二けた着順の激走は16年3着のクラレントだけ。超大穴の激走もそれほどないが、一筋縄ではいかないレースのようだ。

前走レースとしては実はダービー卿CT組が最も多い。しかし、好走馬は先のクラレントだけ。相性が悪いローテーションだ。同じG3でも別定戦の東京新聞杯はまだ大丈夫。【0.2.3.4】という成績で、エアスピネルやエキストラエンド、ダノンシャークなどの好走馬が出ている。ただし、勝ち馬はいないので注意が必要だ。

勝ち馬に注目してみると前走香港マイルや中山記念、阪神Cといった同格以上のレースからきているケースが多い。ある意味自然な流れと言える。ただ、一方で洛陽Sや白富士SといったOP特別からきて勝利していくケースもある。素質がある上がり馬が勢いで駆け抜けていくこともあるので、そうした想定も必要なレースだ。

■表2 12年以降のマイラーズC好走馬の主な実績

着順 馬名 ※1 ※2 ※3 備考
17年 1 イスラボニータ 2着      
2 エアスピネル   1着 3着  
3 ヤングマンパワー 16着   6着 富士S1着
16年 1 クルーガー       京成杯3着
2 ダノンシャーク 10着     マイルCS1着
3 クラレント       サマーマイル王者
15年 1 レッドアリオン 14着      
2 サンライズメジャー        
3 フィエロ 2着      
14年 1 ワールドエース       皐月賞2着
2 フィエロ        
3 エキストラエンド   1着 2着  
13年 1 グランプリボス 2着      
2 サンレイレーザー        
3 ダノンシャーク 6着 1着    
12年 1 シルポート 8着 16着    
2 ダノンシャーク   2着 5着  
3 コスモセンサー     2着  
※1・・・マイルCS
※2・・・京都金杯
※3・・・東京新聞杯

さらに過去の好走馬について調べてみることにする(表2参照)。前走レースだけでなく、直近の重要なレースに注目して見ることにする。そのレースとは前年のマイルCS、今年に入っての京都金杯、東京新聞杯だ。いずれも古馬のマイル重賞。ここに出走しているケースが多々ある。

例えば、昨年のイスラボニータは前年のマイルCSで2着に入っていた。同じように15年3着のフィエロ、13年1着のグランプリボスが同レースで2着だった。マイルCSでの着順はそこまでこだわらないが、好着順を取っている馬は有力な連軸候補となる。

同じように同年の京都金杯に出走していた馬を調べる。すると、昨年2着のエアスピネル、14年3着のエキストラエンドらが該当する。また、東京新聞杯も関連性があると言える。コスモセンサーやエキストラエンドが、同レースで好走を果たしていた。

2016/4/24 京都11R 読売マイラーズカップ(G2) 1着 2番 クルーガー

無論、この3レースに出走してないケースも当然ある。16年1着のクルーガーや15年1着のレッドアリオンなどがそのパターン。クルーガーは前走中日新聞杯で6着に敗れていたが、オープンクラスに再昇級してすぐの競馬。2走前には1600万クラスを勝ち、3歳時に京成杯3着の実績があった。また、14年1着のワールドエースは、前走白富士Sが長期休養明けで5着。3歳時には皐月賞で2着の実績があった。同馬は上がり馬とは言えないが、遅れてきた素質馬的な雰囲気がある。そうしたタイプの馬にも十分勝機があるレースとなっている。

また、16年2着時のダノンシャークはすでにマイルCSを勝っていたG1馬。同年3着のクラレントはサマーマイルシリーズの王者という目立つ実績があった。そのような馬の巻き返しが盲点になるケースもありそうだ。

【結論】

それでは今年のマイラーズCを占ってみることにする。出走予定馬は表3の通り。

■表3 今年のマイラーズC出走予定馬

馬名 ※1 ※2 ※3 前走成績 前着 備考
エアスピネル 2着     マイルチG1 2  
カデナ     14着 東京新聞G3 14 弥生賞1着
ガリバルディ 11着   15着 東京新聞G3 15  
グァンチャーレ       六甲S 2  
サングレーザー 3着     阪神カッG2 3  
ダッシングブレイズ       金鯱賞G2 5  
テイエムイナズマ   14着   京都金杯HG3 14  
ネオフレグランス       帆柱山特1000 1  
ピークトラム       ポルック 12  
ブラックムーン 6着 1着   京都金杯HG3 1  
ベルキャニオン     7着 東京新聞G3 7  
ムーンクレスト 10着     東風S 10  
モズアスコット       阪急杯G3 2  
ヤングマンパワー 14着     マイルチG1 14  
ロジクライ       六甲S 1 シンザン記念1着
※1・・・マイルCS
※2・・・京都金杯
※3・・・東京新聞杯

2018/3/25 阪神11R 六甲ステークス 1着 4番 ロジクライ

注目はエアスピネルだろう。昨年のこのレースでは2着、前年のマイルCSでも惜しい2着に好走しており、京都芝1600mでの安定度と実績は一枚上と言えるだろう。

マイルCSでは6着に終わったが、今年の京都金杯を制したブラックムーンにも引き続き注目。東京新聞杯組は大きく負けている馬が多く、狙いにくい印象だ。

上がり馬としてはロジクライが面白い。1600万クラス→OPクラスと芝1600mのレースを連勝。3歳時にはシンザン記念優勝の実績があり、元々資質があった馬が軌道に乗ってきた印象もある。

あとは前走重賞で好走しているサングレーザーモズアスコットをマークしておくことにする。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)