競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第71回 安田記念G1特集 第71回 安田記念

有力馬情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > 安田記念 > 2021 > 有力馬情報

グランアレグリア 東京芝1600mでは負けない

グランアレグリア
ヴィクトリアマイルを圧勝したグランアレグリア

前走ヴィクトリアマイルは単勝1.3倍の圧倒的人気に応えて、堂々の勝利を飾った。2着ランブリングアレーにつけた4馬身の差は、これまで5勝したG1の中では最大の着差だ。東京芝1600mでのスピードと末脚の威力はやはりケタ違い。昨年の本競走ではアーモンドアイを2馬身半退けて勝利している。今回の舞台で本馬が力で負けるシーンは想像できない。あえて心配な点を挙げるとすれば中2週というローテーションか。中3週で挑んだ2019年のNHKマイルCは5着に敗れており、その時よりも今回は間隔が短い。体調の維持に細心の注意を払いたい。

インディチャンプ 得意のマイル戦であらためて

グランアレグリアとの対戦は今回が3回目。昨年の安田記念は自身の連覇を阻まれて3着、秋のマイルチャンピオンシップ(阪神芝1600m)は同馬と3/4馬身差の2着だった。確かに相手は強いが、白旗をあげるには早すぎるし、その後スプリント路線に矛先を変えたのは意外な印象を受けた。前走高松宮記念は内めから一瞬抜け出して3着と、近3走の中では一番いい走りだった。やや忙しい距離を経験したことがプラスになり、本調子で出走できるのであれば今回も期待できそう。東京芝の成績は2勝3着2回で、複勝率は100%と信頼度も非常に高い。

サリオス 東京に戻り反撃

東京芝は20年毎日王冠など重賞2勝、日本ダービー2着の実績がある。他の競馬場ではパフォーマンスが下がるというわけではないが、東京に戻る点は好材料だろう。2走前のマイルチャンピオンシップは8枠で、道中のポジションも後方になってしまった。結果的には枠順の不利が大きく、5着に敗れたようにみえた。上がり3ハロンはメンバー中最速の33秒1をマークしており、もっといい枠であれば上位争いができても不思議はなかった。前走大阪杯も5着だが、極度の道悪だったので度外視。4着グランアレグリアが次走で巻き返したように、本馬も今回は変わり身をみせられるはずだ。

ケイデンスコール 今年重賞2勝で好調

ケイデンスコール
マイラーズCで差し切り勝ちを飾ったケイデンスコール

今年に入り京都金杯1着→中山記念2着→マイラーズカップ1着と、重賞2勝を挙げるなど好調そのもの。前走はレースの前半800m通過が44秒5に対し、後半800mが46秒9というかなり厳しいペースのなか、中団で追走して最後は豪快な伸び脚で1馬身1/4突き抜けた。今回は久々のG1挑戦で相手も強くなるので大変ではあるが、調子の良さは大きな武器だ。東京芝1600mは19年のNHKマイルCで、14番人気ながらアドマイヤマーズの2着に入った実績がある。強烈な末脚で追い込んだシーンは印象に残っている。展開さえ向けば、上位争いに加わっても不思議ではない。

シュネルマイスター 3歳マイル王が挑戦

前走NHKマイルCでは中団で追走し、最後の直線は外から猛然と追い込むと、先に抜け出していたソングラインを際どく差し切り優勝。外国産馬の同レース勝利は、2001年クロフネ以来20年ぶりだった。戦前は速い時計に対応できるかが焦点だったが、1分31秒6(良)のタイムで駆け抜け、マイル戦における適性の高さも示した。3歳馬の本競走出走は、過去20年でわずか4頭と少ないが11年にリアルインパクトが9番人気で勝利している。古馬よりも斤量が4キロ軽いアドバンテージがあるので、力さえあれば好勝負も十分可能だろう。