ミホシンザン 父の名を高めた「幻の3冠馬」

ミホシンザン
Photo by Japan Racing Association
性別
出生年月日 1982年4月16日
毛色 鹿毛
シンザン
ナポリジヨオー
競走成績 16戦9勝
獲得賞金 4億8467万9200円
表彰歴 1987年 最優秀父内国産馬
主な勝鞍 1987年 天皇賞(春) G1
1985年 菊花賞
1985年 皐月賞
厩舎 田中朋次郎(美浦)
生産者/産地 日進牧場 (浦河町)
馬主 勝負服 堤勘時
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう

ストーリー

競馬史にその名を残し、今でも事あるごとに引き合いに出される「五冠馬」シンザン。種牡馬としては活躍馬こそ出してもなかなかビッグレースを制するほどの馬が出現しなかったが、種牡馬引退間近の85年に皐月賞、菊花賞を制するなどの活躍を見せたのがミホシンザンだった。

ミホシンザンのデビューは明けて4歳(旧表記)を迎えた85年。新馬戦を圧勝すると、続く500万特別も連勝。2戦2勝でスプリングSへと駒を進めた。ここには、同じ柴田政人騎手が手綱をとっていた3歳王者・スクラムダイナも出走していたが、柴田政人騎手はミホシンザンを選択。そのこともあって単勝1.6倍の圧倒的支持を受け、それに応える快勝でクラシックの最有力候補となった。

しかし、脚もとの不安でデビューが年明けまで遅れたミホシンザン。その後の調整過程も決して順調ではなく、直前の追い切りも軽め。不安を抱えたまま一冠目・皐月賞が迫ってた。

そんな状態のまま皐月賞を迎えたミホシンザン。しかし、レースではとても状態が悪いとは思えないようなパフォーマンスを発揮する。好位グループの一角につけたミホシンザンは、早くも4コーナー手前で馬なりのまま先頭。直線の坂にかかると後続をみるみる突き放し、2着スクラムダイナに5馬身もの差をつける圧勝劇を演じたのだ。

この圧勝で、ダービーはもちろん三冠への期待も大きく高まったミホシンザンだったが、皐月賞直後に骨折が判明。父子三冠も、ミスターシービー、シンボリルドルフに次ぐ3年連続三冠馬誕生も夢のままに終わってしまった。

その秋、骨折が癒えたミホシンザンは、セントライト記念で戦列に復帰したが、不向きな道悪で5着に敗退。しかし、続く京都新聞杯(当時菊花賞トライアル)ではしっかり変わり身を見せ優勝。三冠最後の菊花賞へと駒を進めた。

菊花賞当日は雨の影響が心配されたが、午後から天気は回復して稍重の馬場。中団を追走したミホシンザンは3コーナーで外から好位まで進出。抜群の手応えで4コーナー大外から先頭に並ぶと、馬場の中央を単騎堂々と駆け抜け、スダホーク以下の追撃を寄せ付けずに優勝。改めて、世代トップの力を見せつけたのだった。

その後、シンボリルドルフの国内最終戦・有馬記念で2着に敗れると、86年は道悪の日経賞6着後にふたたび骨折し天皇賞を回避。そして秋はG1ですべて3着に敗れるなど、この馬らしい力を発揮できなかった。しかし、翌87年はアメリカJCC、日経賞を連勝すると、春の天皇賞ではニシノライデンの追撃(2位入線失格)をきわどく抑え優勝、3つめのタイトルを手中にした。

体調が整わず、このレースを最後にターフを去ることになったミホシンザン。故障に悩まされ続けた現役生活だったが、そんな中でもこれだけの活躍。順調ならどれほど強かったのか、そして三冠馬になれたのか。さまざまな声があるが、そんな未知の部分が残されているのも、またこの馬も魅力である。

関連競走馬

一覧に戻る
歴代の名馬の活躍をJRA-VANサービスで楽しもう