第1576回 重賞成績を見れば一目瞭然! 今年の3歳馬はハイレベル!|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1576回 重賞成績を見れば一目瞭然! 今年の3歳馬はハイレベル!

2021/11/15(月)

今年6月以降に行われた3歳以上の重賞では、3歳馬の活躍が非常に目立っている。夏のサマースプリントシリーズの途中でその予感はあったが、秋競馬入って勢いが増し、G1やG2を勝つ馬が続々と出てきた。競馬ファンやマスコミからも「今年の3歳馬はレベルが高い」という声が聞こえる。

そこで今回は、今年の3歳馬のレベルの高さを、重賞成績で証明することにした。データの分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JV を利用した。

■表1 2021年に3歳以上の重賞で好走した3歳馬(6〜10月)

日付 開催 レース名 馬名 性別 着順 人気
211031 4東8 天皇賞秋G1 エフフォーリア 1 3
211030 4阪7 スワンSG2 ホウオウアマゾン 3 3
211023 4東5 富士SG2 ソングライン 1 1
211023 4東5 富士SG2 タイムトゥヘヴン 3 10
211010 4東2 毎日王冠G2 シュネルマイスター 1 1
211003 4中9 スプリンG1 ピクシーナイト 1 3
210912 5名2 セントウG2 ピクシーナイト 2 2
210912 4中2 オータムHG3 グレナディアガーズ 3 1
210829 2札6 キーンラG3 レイハリア 1 3
210822 4小4 北九州記HG3 ヨカヨカ 1 5
210822 2札4 札幌記念G2 ソダシ 1 2
210815 4新2 関屋記念G3 ソングライン 3 1
210725 3新2 アイビスG3 オールアットワンス 1 1
210704 3小2 CBC賞HG3 ピクシーナイト 2 2
210606 3東2 安田記念G1 シュネルマイスター 3 4

2021/10/31 東京11R 天皇賞(秋)(G1) 1着 5番 エフフォーリア

まずは今年(2021年)6〜10月、3歳以上の重賞で3着以内に好走した3歳馬を調べた(表1参照)。6月の安田記念でシュネルマイスターが3着に入ったのを皮切りに、CBC賞でピクシーナイトが2着と好走、アイビスサマーダッシュではオールアットワンスが古馬を撃破して重賞初制覇を飾った。ソングラインは関屋記念が1番人気で3着だったが、その後はソダシ、ヨカヨカ、レイハリアと牝馬がそれぞれ重賞勝利を果たした。

秋競馬に入ってからはピクシーナイトがセントウルS2着の後、スプリンターズSで優勝。東京開催ではシュネルマイスターが毎日王冠、ソングラインが富士SとG2を勝利。そして、先日の天皇賞(秋)ではエフフォーリアがコントレイル、グランアレグリアとの“3強対決”を制して優勝。「今年の3歳馬はレベルが高い」ことを象徴するような勝利だった。

■表2 2021年の3歳以上重賞の年齢別成績(平地/6〜10月)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
3歳 8-  2-  5- 17/ 32 25.0% 31.3% 46.9% 115 93
4歳 9-  7-  6- 88/110 8.2% 14.5% 20.0% 77 54
5歳 10- 17- 11-129/167 6.0% 16.2% 22.8% 79 102
6歳 3-  4-  6- 72/ 85 3.5% 8.2% 15.3% 66 64
7歳以上 1-  1-  3- 73/ 78 1.3% 2.6% 6.4% 41 30

表2は今年6〜10月に行われた3歳以上重賞(平地)の年齢別成績。3歳馬の成績は1着が8回、2着が2回、3着が5回と、延べ32回の出走で15回馬券に絡んだ。勝利数は4歳が9勝、5歳が10勝と、古馬勢も3歳とほとんど変わらなかった。しかし、3歳は勝率が25.0%、連対率が31.3%、複勝率が46.9%と、他の年齢に比べると明らかに好成績だ。このデータをふまえて、他の年のデータと比較すると、今年の成績がいかに凄いかがわかる。

■表3 過去10年の3歳以上重賞における3歳馬の成績(平地/6〜10月)

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
2021年 8-  2-  5- 17/ 32 25.0% 31.3% 46.9% 115 93
2020年 2-  2-  0- 18/ 22 9.1% 18.2% 18.2% 13 34
2019年 2-  4-  1- 29/ 36 5.6% 16.7% 19.4% 18 43
2018年 3-  5-  1- 19/ 28 10.7% 28.6% 32.1% 38 75
2017年 3-  0-  1- 28/ 32 9.4% 9.4% 12.5% 48 26
2016年 3-  2-  2- 15/ 22 13.6% 22.7% 31.8% 217 115
2015年 3-  2-  4- 28/ 37 8.1% 13.5% 24.3% 171 128
2014年 2-  1-  1- 23/ 27 7.4% 11.1% 14.8% 36 51
2013年 2-  1-  3- 28/ 34 5.9% 8.8% 17.6% 96 93
2012年 5-  4-  2- 27/ 38 13.2% 23.7% 28.9% 101 129
2011年 2-  2-  2- 23/ 29 6.9% 13.8% 20.7% 110 64

表3は過去10年の3歳以上重賞における3歳馬の成績(平地/6〜10月)。2011年以降、勝利数は2〜3つという年がほとんどのなか、2021年は8つも勝っていて勝率も異常に高い。連対率(31.3%)や複勝率(46.9%)も他の年に比べて優秀だ。単勝・複勝の回収率は特別にいいわけではなく、両方ともに100%を超えている年(12年、15年、16年)が他にある。ただ、今回重視しているのは好走率の高さなので、「今年の3歳馬はレベルが高い」とみて間違いない。しかも、2000年以降でみても、同じような好成績を挙げた例は他になく、今年は異例ともいえる成績なのだ。

2021/10/3 中山11R スプリンターズステークス(G1) 1着 4番 ピクシーナイト

表1の馬名をあらためてながめると、同じ馬が複数回好走していることに気づく。シュネルマイスターが2回(安田記念、毎日王冠)、ピクシーナイトが3回(CBC賞、セントウルS、スプリンターズS)、ソングラインが2回(関屋記念、富士S)好走している。特に芝のマイル以下では強い馬が揃っており、層の厚さを感じさせる。ダート路線は何とも言えないが、芝中距離以上ではエフフォーリアがしっかりと結果を出した。

■表4 2018年に3歳以上の重賞で好走した3歳馬(平地/6〜12月)

日付 開催 レース名 馬名 性別 着順 人気
181223 5中8 有馬記念G1 ブラストワンピース 1 3
181222 5阪7 阪神カッG2 ミスターメロディ 2 2
181215 5中5 ターコイHG3 リバティハイツ 2 10
181209 5中4 カペラSG3 コパノキッキング 1 1
181208 4名3 中日新聞HG3 ギベオン 1 1
181202 4名2 チャンピG1 ルヴァンスレーヴ 1 1
181201 5阪1 チャレンG3 ステイフーリッシュ 3 5
181125 5京8 京阪杯G3 ダノンスマッシュ 1 1
181125 5東8 JCG1 アーモンドアイ 1 1
181118 5京6 マイルチG1 ステルヴィオ 1 5
181104 5京2 JBCクラG1 オメガパフューム 2 2
181007 4東2 毎日王冠G2 ステルヴィオ 2 3
180930 4中9 スプリンG1 ラブカンプー 2 11
180929 4阪8 シリウスHG3 オメガパフューム 1 2
180909 4阪2 セントウG2 ラブカンプー 2 2
180902 2新C 新潟記念HG3 ブラストワンピース 1 1
180826 2札4 キーンラG3 ダノンスマッシュ 2 4
180819 2小8 北九州記HG3 ラブカンプー 3 7
180812 2新6 関屋記念G3 プリモシーン 1 1
180729 2新2 アイビスG3 ラブカンプー 2 2

表4は18年6〜12月に3歳以上の平地重賞で好走した3歳馬の一覧。過去10年で、21年の次に3歳馬の好走率(複勝率)が高かった18年(表3参照)では、11月以降にどんな馬がどのレースで活躍したかを調べた。18年はまずラブカンプーが6〜10月の間に4つのレースで好走。スプリンターズSでは11番人気ながら2着に入って存在感を見せた。

そして新潟記念を制したブラストワンピースは、12月の有馬記念で優勝。シリウスSを制したオメガパフュームは、京都で行われたJBCクラシックで2着に入った。毎日王冠2着のステルヴィオは、マイルチャンピオンシップを勝利。その他アーモンドアイがジャパンカップ、ルヴァンスレーヴがチャンピオンズカップを優勝しており、3歳馬が秋のG1で大活躍をしたのだ。この例を見ると、今年11月以降の重賞も3歳馬の勢いが止まらないのではないか、という雰囲気をひしひしと感じる(本稿執筆途中、ステラリアがエリザベス女王杯で7番人気2着と好走した)。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)