データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1567回 阪神芝2000mで行われる秋華賞を分析する

2021/10/14(木)

今週日曜に牝馬三冠の最終戦、秋華賞が阪神競馬場で行われる。例年京都競馬場で施行されるが、改修工事のため、今年は阪神競馬場の芝2000mが舞台となる。ラスト1冠を手にするのはどの馬か、目が離せない一戦だ。京都開催の2016年以降近5年の秋華賞ならびに阪神芝2000mのレース傾向から今年馬券で狙えそうなタイプを探っていきたい。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 秋華賞近5年の人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1番人気 2- 0- 0- 3/ 5 40.0% 40.0% 40.0% 54 44
2番人気 0- 1- 0- 4/ 5 0.0% 20.0% 20.0% 0 38
3番人気 2- 0- 1- 2/ 5 40.0% 40.0% 60.0% 252 132
4番人気 1- 2- 0- 2/ 5 20.0% 60.0% 60.0% 138 162
5番人気 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0% 0 110
6番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
7番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
8番人気 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 96
9番人気 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 118
10番人気 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0% 0 218
11番人気以下 0- 0- 0-38/38 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

まず表1は2016年以降近5年の秋華賞での人気別成績。1番人気馬は18年アーモンドアイ、昨年のデアリングタクトと2勝をあげている。勝利した2頭は桜花賞、オークスでも勝利しており、4着以下に敗れた3頭は春の牝馬二冠での勝利経験がなかった

2番人気馬は勝ち星がなく、2着1回のみ。3番人気馬は17年ディアドラら2勝、4番人気馬は一昨年のクロノジェネシスが勝利し、ともに複勝率60%と高い。勝ち馬は上位4番人気以内の馬から出ている。2・3着馬は10番人気まで分布しており、11番人気以下の激走はなかった。近2年は一昨年シゲルピンクダイヤが3着、昨年マジックキャッスルが2着と10番人気馬が続けて好走している。

■表2 秋華賞近5年の前走レース別成績

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
オークス 3- 0- 0- 6/ 9 33.3% 33.3% 33.3% 106 51
紫苑S 2- 3- 0-20/25 8.0% 20.0% 20.0% 50 62
ローズS 0- 1- 4-26/31 0.0% 3.2% 16.1% 0 55
藻岩山特別 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 280
夕月特別 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 118
その他のレース 0- 0- 0-17/17 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

表2は秋華賞近5年の前走レース別成績。オークス組が近3年続けて勝利している。勝利した3頭はいずれも前走のオークスで3着以内に入っていた

紫苑S組は17年ディアドラら2勝。18年を除いて、毎年連対馬を出している。連対馬5頭はいずれも前走で5着以内に入っていた。出走数最多のローズS組は勝ち星がなく、連対したのは17年リスグラシューのみで、3着が4回と多い。

前走条件戦組から好走した18年2着ミッキーチャーム、昨年3着ソフトフルートの2頭はともに前走で2着に3馬身半以上の差をつけて快勝していた。

■表3 秋華賞近5年の前走人気別成績

前走人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
前走1人気 3- 2- 1-12/18 16.7% 27.8% 33.3% 50 83
前走2人気 1- 1- 1- 8/11 9.1% 18.2% 27.3% 62 80
前走3人気 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3% 105 68
前走4人気 0- 0- 1- 9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0 55
前走5人気 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 36
前走6〜9番人気 0- 1- 1-18/20 0.0% 5.0% 10.0% 0 51
前走10番人気以下 0- 0- 0-17/17 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

表3は秋華賞近5年の前走人気別成績。前走1番人気馬が昨年のデアリングタクトら最多の3勝をあげ、複勝率33.3%。昨年は1・3着馬が該当しており、近4年は毎年連対馬が出ている。

前走2番人気馬は一昨年のクロノジェネシスが勝利し、複勝率27.3%。前走3番人気馬は16年ヴィブロスが優勝し、複勝率33.3%。これら前走3番人気以内で3着以内馬15頭中11頭を占めている。

■表4 阪神芝2000m戦の脚質別成績(2018年以降)

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
逃げ 4-  7-  4- 21/ 36 11.1% 30.6% 41.7% 242 230
先行 16-  7- 12- 83/118 13.6% 19.5% 29.7% 62 150
差し 10- 14- 15-110/149 6.7% 16.1% 26.2% 57 80
追い込み 2-  7-  3-107/119 1.7% 7.6% 10.1% 14 27
マクリ 3-  0-  1-  3/  7 42.9% 42.9% 57.1% 287 98

※2歳戦を除く、3勝クラス以上の計35レースを掲載

ここからは今年の舞台となる阪神芝2000mの傾向について見ていく。表4は2018年以降の阪神芝2000m戦における脚質別成績。黄色で強調した逃げ馬の連対率・複勝率が高く、単勝回収率・複勝回収率ともに200%を超えている。今年の大阪杯でも雨が降る中でレイパパレが勝利し、マーメイドSでも格上挑戦だった10番人気シャムロックヒルが逃げ切り勝ちを決めている。

勝利数では先行馬が16勝と最多で、勝率トップ。複勝回収率も100%を超えている。対して、追い込み馬は2勝のみで、後方一気は厳しい。

■表5 阪神芝2000m戦の枠番別成績(2018年以降)

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1枠 3- 5- 6-27/41 7.3% 19.5% 34.1% 138 114
2枠 3- 4- 2-34/43 7.0% 16.3% 20.9% 85 55
3枠 4- 2- 4-36/46 8.7% 13.0% 21.7% 80 303
4枠 2- 4- 4-39/49 4.1% 12.2% 20.4% 14 51
5枠 3- 3- 3-45/54 5.6% 11.1% 16.7% 21 23
6枠 8- 4- 7-42/61 13.1% 19.7% 31.1% 123 121
7枠 9- 5- 6-46/66 13.6% 21.2% 30.3% 78 72
8枠 3- 8- 3-55/69 4.3% 15.9% 20.3% 9 72

※2歳戦を除く、3勝クラス以上の計35レースを掲載。

表5は阪神芝2000m戦の枠番別成績。複勝率トップは最内の1枠で、単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超えている。3着以内馬14頭中6頭が6番人気以下の伏兵だった

外めでは6枠、7枠が好成績。6枠、7枠で半数近い17勝をあげており、ともに複勝率30%を超えている。まだ枠順はわからないが、今年の秋華賞では1枠、6・7枠の馬に注目したい。

■表6 阪神芝2000m戦の種牡馬別成績(2020年以降の牝馬限定戦)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
キズナ 2- 0- 0- 6/ 8 25.0% 25.0% 25.0% 300 100
キングカメハメハ 1- 1- 1- 4/ 7 14.3% 28.6% 42.9% 25 80
ルーラーシップ 1- 0- 1- 3/ 5 20.0% 20.0% 40.0% 1238 208
オルフェーヴル 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0% 227 70
ハービンジャー 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 245 71
シンボリクリスエス 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 770 110
ゴールドシップ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 560 150
ディープインパクト 0- 3- 1-15/19 0.0% 15.8% 21.1% 0 34
エピファネイア 0- 2- 1- 1/ 4 0.0% 50.0% 75.0% 0 147
ステイゴールド 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 27
エイシンヒカリ 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0 320
その他の種牡馬 0- 0- 4-25/29 0.0% 0.0% 13.8% 0 62

※2歳戦を除く、2勝クラス以上の計8レースを掲載。

最後に表6は2020年以降に阪神芝2000mで行われた牝馬限定戦における種牡馬別成績。キズナ産駒が今年に入って、忘れな草賞のステラリア、マーメイドSのシャムロックヒルと2勝をあげている。ステラリアは今回出走予定。同舞台で勝利経験があるのはアドバンテージだ。

また同系のキングカメハメハ産駒、ルーラーシップ産駒も複勝率40%以上と好相性。他では同系のシンボリクリスエス産駒、エピファネイア産駒も好成績だが、今回は出走予定馬がいない。ゴールドシップ産駒は昨年の忘れな草賞でウインマイティーが勝利している。

ディープインパクト産駒は勝ち星がなく、2・3着止まり。クロフネ産駒は出走馬がいなかった。

<結論>

■表7 今年の秋華賞の出走予定馬(10/13時点)

馬名 前走成績
アンドヴァラナウト ローズS 1着
アールドヴィーヴル ローズS 3着
エイシンヒテン ローズS 2着
スルーセブンシーズ 紫苑S 2着
ファインルージュ 紫苑S 1着
ミスフィガロ 紫苑S 3着
ソダシ 札幌記念 1着
ユーバーレーベン オークス 1着
アカイトリノムスメ オークス 2着
クールキャット ローズS 11着
ホウオウエクセル 紫苑S 13着
アナザーリリック 佐渡S(3勝クラス) 1着
スライリー 紫苑S 15着
エンスージアズム ローズS 7着
サルファーコスモス 納屋橋S(3勝クラス) 2着
ステラリア オークス 13着
タガノパッション ローズS 12着
エイシンチラー 紫苑S 14着
サトノアイ 御宿特別(2勝クラス)1着
ジェラルディーナ 筑後川特別(2勝クラス) 1着
テーオーラフィット 松前特別(2勝クラス) 1着
マリアエレーナ ケフェウスS 3着

※フルゲート16頭。エイシンチラー以下は抽選対象。

2021/8/22 札幌11R 札幌記念(G2) 1着 13番 ソダシ 2021/4/11 阪神9R 忘れな草賞 1着 5番 ステラリア

今年の出走予定馬は表7のとおり。

1番人気が想定されるのは前走札幌記念で勝利したソダシ。札幌記念では2番手追走から早め先頭でラヴズオンリーユーほか古馬の実績馬を退けた。やや時計が掛かる馬場状態で1分59秒5の勝ち時計も優秀だ。阪神芝では2戦2勝(阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞)と相性が良く、前に行けるのも阪神芝2000mでは好材料。勝つ可能性が高いのはやはりこの馬だろう。

同舞台の忘れな草賞を勝った経験からステラリアを注目馬に挙げておきたい。前走のオークスは外枠で速い流れに引っ掛かって、13着と大敗。ただ、東京は2月のクイーンCでも6着に敗れており、合わないのかもしれない。今年の忘れな草賞は速い時計が出やすい馬場だったとはいえ、勝ち時計1分58秒0は近10年で最速。実績がある阪神芝2000mに替わって、一変する可能性は十分にある。

他では阪神芝2000mで好成績の逃げ馬からエイシンヒテンの残り目、好相性のキングカメハメハ産駒からアンドヴァラナウトアールドヴィーヴル、オークス1着でゴールドシップ産駒のユーバーレーベンまで押さえておきたい。

ライタープロフィール

ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)