第1383回 決定! 2019年種牡馬勝利数ランキング|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1383回 決定! 2019年種牡馬勝利数ランキング

2020/1/6(月)

JRAが発表した2019年のリーディングサイアー(賞金順)は1位ディープインパクト、2位ハーツクライ、3位ロードカナロアだった。2歳戦の同ランキングは1位ディープインパクト、2位ハーツクライ、3位キズナ。相変わらずディープインパクト産駒の強さが目立った年だった。

そこで、今回は2019年の種牡馬成績を振り返ることにする。賞金ではなく、勝利数のランキングを芝とダートに分けて集計した。 データの集計・分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 2019年種牡馬勝利数ランキング(JRA平地・芝)

順位 18年 種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率 主な活躍馬
1 1 ディープインパクト 239- 205- 185-1035/1664 14.4% 26.7% 37.8% 77 83 ワールドプレミア、フィエールマン
2 4 ロードカナロア 109- 100-  73- 630/ 912 12.0% 22.9% 30.9% 86 70 アーモンドアイ、サートゥルナーリア
3 2 ハーツクライ 102-  93- 101- 777/1073 9.5% 18.2% 27.6% 72 73 リスグラシュー、スワーヴリチャード
4 6 ルーラーシップ 69-  72-  72- 590/ 803 8.6% 17.6% 26.5% 55 74 メールドグラース、キセキ
5 11 オルフェーヴル 64-  55-  56- 512/ 687 9.3% 17.3% 25.5% 63 72 ラッキーライラック、エスポワール
6 5 ハービンジャー 62-  56-  91- 712/ 921 6.7% 12.8% 22.7% 57 60 ノームコア、ブラストワンピース
7 8 キングカメハメハ 59-  54-  52- 349/ 514 11.5% 22.0% 32.1% 75 71 ユーキャンスマイル、レッドジェニアル
8 7 ダイワメジャー 58-  67-  69- 534/ 728 8.0% 17.2% 26.6% 59 91 アドマイヤマーズ、レシステンシア
9 28 ジャスタウェイ 50-  42-  37- 332/ 461 10.8% 20.0% 28.0% 94 75 ヴェロックス、ロードマイウェイ
10 3 ステイゴールド 48-  40-  50- 358/ 496 9.7% 17.7% 27.8% 75 87 インディチャンプ、ウインブライト
11 10 ヴィクトワールピサ 45-  47-  37- 400/ 529 8.5% 17.4% 24.4% 84 75 スカーレットカラー、ウィクトーリア
12 13 エイシンフラッシュ 33-  24-  23- 402/ 482 6.8% 11.8% 16.6% 62 43 メリーメーキング
13 17 キンシャサノキセキ 31-  43-  46- 335/ 455 6.8% 16.3% 26.4% 69 82 カッパツハッチ
14 12 ノヴェリスト 31-  28-  37- 306/ 402 7.7% 14.7% 23.9% 71 69 ラストドラフト
15 19 スクリーンヒーロー 28-  44-  30- 308/ 410 6.8% 17.6% 24.9% 68 100 グァンチャーレ
16 14 ディープブリランテ 28-  28-  36- 354/ 446 6.3% 12.6% 20.6% 85 80 ミッキーブリランテ
17 エピファネイア 28-  25-  17- 127/ 197 14.2% 26.9% 35.5% 264 111 ロールオブサンダー
18 キズナ 26-  24-  21- 190/ 261 10.0% 19.2% 27.2% 70 100 ビアンフェ
19 9 マンハッタンカフェ 20-  20-  30- 230/ 300 6.7% 13.3% 23.3% 85 65 シャケトラ
20 15 ブラックタイド 18-  19-  22- 333/ 392 4.6% 9.4% 15.1% 50 47 ディープダイバー
  • サンデーサイレンス系
  • ミスタープロスペクター系
  • その他

2019/10/20 京都11R 菊花賞(G1) 1着 5番 ワールドプレミア

表1は2019年種牡馬勝利数ランキング。JRAの平地・芝のレースを対象に、1位から20位までの成績を記載した。前年(2018年)の順位との比較や、2019年に活躍した主な馬もわかるようにした。1位は当然ディープインパクト。勝利数は239で2位のロードカナロア(109)にダブルスコア以上の差をつけた。勝率・連対率・複勝率も非常に高い。グランアレグリア(桜花賞)やフィエールマン(天皇賞春)、ラヴズオンリーユー(オークス)、ロジャーバローズ(日本ダービー)、ワールドプレミア(菊花賞)など、1年を通じて産駒が活躍した。

ロードカナロアは18年4位から2位へランクアップ。アーモンドアイとサートゥルナーリアがG1を制した。ハーツクライは18年2位からランクダウンして3位となった。しかし、最後はリスグラシューが有馬記念を圧勝して強烈なインパクトを残した。5位オルフェーヴルは18年11位から大きくランクアップした。ラッキーライラックがエリザベス女王杯を制したのは記憶に新しい。

一方、オルフェーヴルの父ステイゴールドは10位で、18年3位から大きくダウンした。連対率はオルフェーヴルとほぼ同じだが、勝利数が大きく減った。しかし、産駒の質は依然として高い。インディチャンプは安田記念とマイルCSを制したし、ウインブライトは香港のG1を2勝した(表1は海外成績を含んでいない)。

6位はハービンジャー。18年5位からワンランクダウンとなった。しかし、ランキング内にサンデーサイレンス系とミスタープロスペクター系がライバルとして溢れている中、大変頑張っている。2020年はノームコアやブラストワンピースに続く大物の登場にも期待したい。

9位のジャスタウェイは18年28位から大きくランクアップした。クラシックは勝てなかったが、ヴェロックスが一年を通して活躍。ロードマイウェイはG3のチャレンジCを含め5連勝をマーク。この勢いは引き続き注目だ。

17位エピファネイアと18位キズナは、2019年に産駒がデビューした。特に注目したいのがエピファネイア産駒の成績。勝率14.2%、連対率26.9%、複勝率35.5%はディープインパクト産駒に匹敵する高水準の数値だ。単勝回収率264%、複勝回収率111%というのも目に付くところで、馬券的な魅力もあることを意味している。エピファネイアは現役時代、デビューから3連勝で重賞を制したが、3歳春は勝利がなかった。G1初制覇は菊花賞で、翌年のジャパンCで2つ目のG1タイトルを獲得した。そうした成長力や底力が産駒にも伝われば、今年以降は益々活躍が見込めそうだ。血統的にもサンデーサイレンス系やミスタープロスペクター系ではなくロベルト系というのが大きな特徴だ。

■表2 2019年種牡馬勝利数ランキング(JRA平地・ダート)

順位 18年 種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率 主な活躍馬
1 4 ヘニーヒューズ 77- 69- 66-508/720 10.7% 20.3% 29.4% 87 87 ワイドファラオ、サトノギャロス
2 1 ゴールドアリュール 75- 80- 64-663/882 8.5% 17.6% 24.8% 77 87 クリソベリル、ゴールドドリーム
3 6 サウスヴィグラス 61- 51- 47-416/575 10.6% 19.5% 27.7% 134 84 ヒデノヴィーナス、ヒロシゲゴールド
4 18 ロードカナロア 51- 46- 40-323/460 11.1% 21.1% 29.8% 92 71 ミッキーワイルド、アカネサス
5 2 クロフネ 41- 54- 56-506/657 6.2% 14.5% 23.0% 60 79 クルークハイト
6 5 エンパイアメーカー 41- 42- 25-365/473 8.7% 17.5% 22.8% 75 76 スマートダンディー
7 12 ハーツクライ 40- 41- 33-282/396 10.1% 20.5% 28.8% 70 70 ロードゴラッソ
8 10 パイロ 40- 33- 35-359/467 8.6% 15.6% 23.1% 87 68 クリノケンリュウ、デルマルーヴル
9 19 オルフェーヴル 39- 34- 32-300/405 9.6% 18.0% 25.9% 82 80 グアン
10 7 キンシャサノキセキ 35- 41- 53-412/541 6.5% 14.0% 23.8% 63 73 ストロベリームーン
11 20 アイルハヴアナザー 35- 31- 29-305/400 8.8% 16.5% 23.8% 101 67 アナザートゥルース
12 3 キングカメハメハ 35- 31- 25-277/368 9.5% 17.9% 24.7% 80 84 チュウワウィザード、ハヤヤッコ
13 23 ルーラーシップ 35- 25- 38-317/415 8.4% 14.5% 23.6% 73 76 アディラート
14 17 シニスターミニスター 30- 35- 25-307/397 7.6% 16.4% 22.7% 141 87 ヤマニンアンプリメ
15 21 ヨハネスブルグ 26- 26- 23-238/313 8.3% 16.6% 24.0% 69 71 ナムラカメタロー
16 13 ブラックタイド 26- 24- 18-265/333 7.8% 15.0% 20.4% 100 64 フィードバック
17 28 スマートファルコン 24- 26- 23-249/322 7.5% 15.5% 22.7% 99 109 リワードアンヴァル
18 16 カジノドライヴ 23- 20- 20-209/272 8.5% 15.8% 23.2% 48 103 ヴェンジェンス
19 11 カネヒキリ 21- 19- 20-239/299 7.0% 13.4% 20.1% 69 86 メイプルブラザー、テーオーエナジー
20 67 ダンカーク 21- 17- 15-193/246 8.5% 15.4% 21.5% 74 70 グレースゼット
  • サンデーサイレンス系
  • ミスタープロスペクター系
  • ボールドルーラー系
  • ストームバード系
  • その他

2019/6/16 東京11R ユニコーンステークス(G3) 1着 1番 ワイドファラオ

続いて表2はJRAの平地・ダートにおける2019年種牡馬勝利数ランキング。芝と同じように1位から20位までの成績を記した。1位はヘニーヒューズ。18年4位からランクアップし、ゴールドアリュールから首位を奪取した。以前はアメリカやオーストラリアで種牡馬生活をしていたが、外国産馬のアジアエクスプレス(朝日杯フューチュリティS)やモーニン(フェブラリーS)が日本で活躍したことで、2013年から国内で共用されることになった。今年はワイドファラオがユニコーンSを勝利した。ストームバード系らしくスピードの持続力に定評があり、日本のダート適性もかなり高い。

ゴールドアリュールは2位にランクダウンしたが、大舞台での存在感は健在だ。クリソベリルがチャンピオンズCを制し、新ダート王者に輝いた。サウスヴィグラスは18年6位から3位にランクアップ。そして、ロードカナロアは18年18位から4位へと大幅ランクアップとなった。芝とダート両方でトップ5に入ったのはロードカナロアだけだ。この点はディープインパクトよりも勝る優秀な特徴と言えるだろう。

ハーツクライやオルフェーヴルの産駒は芝向きの印象だが、ダートでもそれぞれ7位、9位にランクインしている。キングカメハメハは18年3位から12位へ大きくランクダウンしてしまった。同じミスタープロスペクター系ではアイルハヴアナザー(11位)とルーラーシップ(13位)が順位を上げてきた。地味ながらダンカークも18年67位から20位へと一気にランクを上げた。

2019年はディープインパクトとキングカメハメハが亡くなり、競馬界に大きな衝撃が走った。種牡馬としても多大なる功績を残してきた名馬だけに、今後への影響は計り知れない。まだ両馬の産駒は残っているものの、種牡馬勝利数ランキングも今後大きく動くことだろう。まずは2020年の動向を注目していきたい。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)