第1343回 夏に芝の2勝クラスを勝った3歳馬が熱い!|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1343回 夏に芝の2勝クラスを勝った3歳馬が熱い!

2019/8/12(月)

そろそろ8月も中旬に差しかかってきた。連日厳しい暑さが続くものの、夏競馬は終盤戦となっており、秋のG1シーズンに向けた準備も始めるべきだろう。今週行われる札幌記念に出走するような馬だけでなく、下級条件の戦いも見逃せない。「夏の上がり馬」という言葉があるように、この時期にグングンと力をつける馬がいるからだ。特に3歳馬には注目で、菊花賞や秋華賞はもちろん、その後のG1で活躍する馬が毎年にように出てきている。今回はそうした馬にスポットを当てて、データを見ていきたい。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 6〜8月に芝の3歳以上2勝(1000万)クラスを勝利した3歳馬(2016〜18年)

日付 開催 レース名 馬名 性別 人気 距離 調教師 種牡馬
180819 2小8 西部スポ1000 タニノフランケル 2 1800 中竹和也 Frankel
180819 2新8 阿賀野川1000 ユーキャンスマイル 2 2200 友道康夫 キングカメハメハ
180812 2新6 豊栄特別1000 アルーシャ 1 1400 藤沢和雄 ディープインパクト
180811 2小5 宮崎特別1000 ドミナートゥス 1 2000 宮本博 ルーラーシップ
180811 1札5 STV賞1000 ハッピーグリン 1 1500 田中淳司 ローエングリン
180805 1札4 藻岩山H1000 ミッキーチャーム 1 1800 中内田充 ディープインパクト
180804 2新3 信濃川H1000 グロンディオーズ 2 2000 田村康仁 ルーラーシップ
180804 1札3 HBC賞1000 カイザーメランジェ 1 1200 中野栄治 サクラオリオン
180728 2小1 由布院特1000 エイシンデネブ 2 1200 坂口正則 ロードカナロア
180722 2函6 松前特別1000 レイエンダ 1 2000 藤沢和雄 キングカメハメハ
180715 3名6 シンガポ1000 シャルドネゴールド 1 2000 池江泰寿 ステイゴールド
180708 3名4 有松特H1000 インディチャンプ 1 1600 音無秀孝 ステイゴールド
180701 3名2 木曽川特1000 ダノンマジェスティ 2 2200 音無秀孝 ディープインパクト
180630 3名1 知多特別1000 タイキサターン 1 1400 高野友和 タイキシャトル
180616 3東5 相模湖特1000 アンブロジオ 3 1400 菊沢隆徳 ローズキングダム
180616 1函1 HTB杯1000 モズスーパーフレア 2 1200 音無秀孝 Speightstown
180609 3東3 江の島特1000 ミュージアムヒル 2 1600 古賀慎明 ハーツクライ
170827 2新10 五頭連峰1000 メイショウオワラ 7 1600 岡田稲男 ディープブリランテ
170820 2新8 阿賀野川1000 ポポカテペトル 2 2200 友道康夫 ディープインパクト
170813 1札6 HTB賞1000 ディアドラ 2 2000 橋田満 ハービンジャー
170805 2新3 信濃川H1000 キセキ 1 2000 角居勝彦 ルーラーシップ
170730 1札2 道新スポ1000 サングレーザー 2 1500 浅見秀一 ディープインパクト
170729 2小1 由布院特1000 ミラアイトーン 1 1200 池江泰寿 Lonhro
170723 2函6 松前特別1000 バルデス 1 2000 木村哲也 ハービンジャー
170709 3名4 有松特H1000 ミリッサ 1 1600 石坂正 ダイワメジャー
170709 2函2 かもめ島1000 ポールヴァンドル 1 1800 上原博之 ダイワメジャー
170702 2福2 さくらん1000 レジーナフォルテ 7 1200 佐藤吉勝 アルデバラン2
170702 1函6 道新スポ1000 デアレガーロ 4 1200 大竹正博 マンハッタンカフェ
170701 3名1 知多特別1000 クライムメジャー 1 1400 池江泰寿 ダイワメジャー
170624 3東7 八ヶ岳H1000 リカビトス 1 1800 奥村武 ディープブリランテ
170617 3阪5 小豆島特1000 ラプソディーア 5 1600 友道康夫 ディープブリランテ
170610 3阪3 舞子特別1000 エントリーチケット 2 1400 宮徹 マツリダゴッホ
170610 3東3 江の島特1000 クリアザトラック 1 1600 角居勝彦 ディープインパクト
160820 2札1 札幌日H1000 ウムブルフ 1 2600 堀宣行 ディープインパクト
160814 2小6 西部日刊1000 レーヴムーン 2 1200 藤岡健一 アドマイヤムーン
160814 2新6 豊栄特H1000 ロワアブソリュー 1 1400 須貝尚介 ゼンノロブロイ
160814 1札6 HTB賞1000 ミッキーロケット 1 2000 音無秀孝 キングカメハメハ
160813 2小5 宮崎特別1000 ナムラシングン 1 2000 高野友和 ヴィクトワールピサ
160813 1札5 STV賞1000 ウインムート 4 1500 加用正 ロージズインメイ
160806 1札3 HBC賞1000 クードラパン 6 1200 久保田貴 ダイワメジャー
160730 2新1 古町特別1000 アストラエンブレム 2 1600 小島茂之 ダイワメジャー
160730 1札1 阿寒湖特1000 カフジプリンス 2 2600 矢作芳人 ハーツクライ
160724 2函6 松前特別1000 カルヴァリオ 3 2000 大竹正博 マツリダゴッホ
160703 2福2 さくらん1000 セイウンコウセイ 1 1200 上原博之 アドマイヤムーン
160626 3阪8 皆生特H1000 キーナンバー 10 1200 宮徹 デュランダル
160619 1函2 北斗特H1000 ルグランフリソン 4 1800 中竹和也 Smart Strike
160612 3阪4 三田特H1000 ジュンヴァルカン 1 2200 友道康夫 ネオユニヴァース
160605 3東2 由比ヶH1000 ショウナンライズ 4 1400 上原博之 ダイワメジャー

表1は過去3年(2016〜18年)、6〜8月に行われた芝の3歳以上2勝(1000万)クラスを勝利した3歳馬をすべて記載した。まず18年夏の勝ち馬を見ていくと、今夏のサマー2000シリーズにも出走しているタニノフランケルは、昨年行われた西部スポニチ賞を勝利していた。今夏はまだ結果が出ていないものの、今年2月の小倉大賞典で2着に入っており、すでに重賞連対実績がある。モズスーパーフレアは今春のオーシャンSを勝利。レイエンダは今年のエプソムC、カイザーメランジェは函館スプリントSの勝ち馬で、重賞制覇の約1年前の夏に2勝(1000万)クラスを勝利していたことになる。

2018/8/5 札幌12R 藻岩山特別 1着 1番 ミッキーチャーム

また、今年の安田記念を勝利したインディチャンプや、昨年の秋華賞で2着に入り、先日のクイーンSを勝利したミッキーチャームの名前がある。インディチャンプは中京芝1600mの有松特別を勝利。この頃から一貫して芝1600mを使われており、マイルのスペシャリストとしての下地が作られていた。ミッキーチャームは昨夏、北海道で3連勝をマーク。典型的な上がり馬で、勝ちっぷりも凄かった。まだG1勝利こそないが、今年重賞を2勝しており、十分な活躍を見せている。

17年の結果に目を移すと、ディアドラやキセキ、サングレーザーという大物馬の名前がある。ディアドラやキセキは春のクラシック戦線で素質の片りんを見せていたが、夏の勝利をキッカケに本格化したと言っていい。またデアレガーロは、18年の京都牝馬S2着、19年同レース勝利と2年連続好走。今年のレースでは9番人気で優勝し、重賞初制覇を果たした。

16年の顔ぶれではミッキーロケットとセイウンコウセイが、G1ウイナーとなった。ミッキーロケットは同じ年の菊花賞で期待されるも4番人気で5着。その後もたびたびG1に挑戦するが好走できず、クラスの壁があるかと思われた。しかし、18年の宝塚記念を7番人気で制し、待望のG1初制覇を果たした。自分に合った条件でチャンスをモノにしたという意味では、17年の高松宮記念を制したセイウンコウセイも同じタイプと言えるかもしれない。少し渋った馬場を抜け出して、重賞初勝利がG1という快挙となった。

その他にはカフジプリンスが、19年の阪神大賞典で2着。ウインムートはダートグレードのさきたま杯(浦和)などを優勝。アストラエンブレムはエプソムCや新潟記念で2着に入っている。

こうして見ると、後の重賞好走馬は、札幌や函館の2勝(1000万)クラスのレースを勝っている馬が多い。ミッキーチャームやディアドラ、サングレーザー、ミッキーロケットらが該当する。周知の通り、札幌や函館は洋芝が使用され、一般的には野芝よりもパワーが問われる芝質だ。そうした芝に適応できるというのは、競走馬として一つの大きな武器だ。国内のG1はいつもパンパンの良馬場でできるとは限らないし、時には重い芝コンディションでレースが行われることがある。

ミッキーロケットが制した17年の宝塚記念は稍重馬場だったし、ディアドラが勝った17年の秋華賞は重馬場だった。また、ディアドラは先日、イギリスで行われたG1・ナッソーSを優勝する快挙を成し遂げた。日本の芝に比べ、圧倒的にタフな欧州の馬場にも適応し、結果を出せたのも納得いくところなのだ。

■表2 今年6〜8月に芝の3歳以上2勝クラスを勝利した3歳馬(8/4開催終了時点まで)

日付 開催 レース名 馬名 性別 人気 距離 調教師 種牡馬
190803 1札3 HBC賞・2勝 ホープフルサイン 11 1200 本間忍 モンテロッソ
190728 2新2 月岡温泉・2勝 スイープセレリタス 1 1600 藤沢和雄 ハーツクライ
190727 2小1 由布院特・2勝 ジュランビル 1 1200 寺島良 キンシャサノキセキ
190727 1札1 阿寒湖特・2勝 ヒシゲッコウ 1 2600 堀宣行 ルーラーシップ
190721 3名8 長久手特・2勝 アルティマリガーレ 1 1600 佐々木晶 ハービンジャー
190721 2函6 潮騒特H・2勝 アスタールビー 2 1200 南井克巳 ロードカナロア
190721 2函6 松前特別・2勝 ユニコーンライオン 2 2000 矢作芳人 No Nay Never
190720 2福7 いわき特・2勝 ヴァンケドミンゴ 2 1800 藤岡健一 ルーラーシップ
190714 3名6 シンガポ・2勝 エスポワール 1 2000 角居勝彦 オルフェーヴル
190713 2福5 信夫山H・2勝 オセアグレイト 1 2600 菊川正達 オルフェーヴル
190706 2函1 噴火湾特・2勝 ダノンジャスティス 1 1200 中内田充 Kingman
190630 1函6 道新スポ・2勝 ジョーマンデリン 1 1200 清水久詞 ジョーカプチーノ
190629 3名1 知多特別・2勝 ミッキーブリランテ 1 1400 矢作芳人 ディープブリランテ
190623 3阪8 皆生特H・2勝 シャンデリアムーン 3 1200 斎藤誠 アドマイヤムーン
190623 1函4 UHBH・2勝 ショウナンタイガ 1 1200 池添兼雄 ディープインパクト
190622 3阪7 京橋特別・2勝 シフルマン 2 2000 中尾秀正 ハービンジャー
190622 3東7 八ヶ岳特・2勝 ロードマイウェイ 2 1800 杉山晴紀 ジャスタウェイ
190615 3東5 相模湖特・2勝 カレングロリアーレ 2 1400 安田隆行 トーセンホマレボシ
190615 1函1 HTB杯・2勝 レコードチェイサー 1 1200 伊藤圭三 ディープブリランテ
190609 3東4 江の島特・2勝 アントリューズ 1 1600 栗田徹 ロードカナロア
190608 3阪3 舞子特別・2勝 アイラブテーラー 1 1400 河内洋 トーセンラー
190601 3東1 由比ヶH・2勝 レノーア 2 1400 相沢郁 スクリーンヒーロー

2019/7/27 札幌12R 阿寒湖特別 1着 1番 ヒシゲッコウ

さて、今夏の芝・3歳以上2勝クラスは現在進行形。まだレースは組まれているが、ひとまず表2では6月から8月4日開催終了時点までのレースについて、3歳馬の勝利をまとめてみた。今年もすでにたくさんの3歳馬が勝利しており、今後の成長・活躍を予感させる馬も出ている。例えばヒシゲッコウは、すでに注目されている1頭だ。キャリアはまだ4戦。2戦目にはプリンシパルSに挑戦して3着と好走。前走は札幌芝2600mの阿寒湖特別を快勝した。ステルヴィオの半弟という良血馬で、本馬の父はルーラーシップ。スケールが大きく、成長力もありそうな雰囲気だ。厩舎も大きいレースに実績がある堀宣行厩舎。次走の予定は決まっていないようだが、菊花賞の秘密兵器となる可能性があるだろう。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)