第1247回 ダートも見逃せない! エニフSの傾向を探る|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1247回 ダートも見逃せない! エニフSの傾向を探る

2018/9/3(月)

今週から中山と阪神に場所を移し、秋の中央場所が始まる。この時期は野芝で行われることもあり、一般的には芝のレースに注目が集まる。重賞も紫苑Sや京成杯AH、セントウルSが組まれている。ただ、今回はあえてダートに注目してみる。土曜日の阪神メインレースで組まれているエニフSは、ダート1400mのOP特別。同レースの過去10年の結果を分析し、レースの傾向を探ってみたい。データの集計・分析はJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 過去10年のエニフS好走馬 

着順   人気 斤量 前走レース名 前着
17年 1 ウインムート 1 4 56 サマーG3 3
2 ゴーインググレート 7 7 56 阿蘇SH 10
3 ラテンロック 4 6 56 アハルテH 2
16年 1 キングズガード 1 5 57 プロキオG3 3
2 ゴーイングパワー 2 7 57 NST賞H 2
3 メイショウウタゲ 4 5 56 阿蘇SH 3
15年 1 エーシンビートロン 10 9 58 クラスG3 6
2 タイセイファントム 4 7 57 天保山S 3
3 ガンジス 8 6 57 天保山S 8
14年 1 ポアゾンブラック 7 5 56 北九州記HG3 18
2 ワイドバッハ 3 5 56 プロキオG3 7
3 ナリタスーパーワン 4 5 56 阿蘇SH 10
13年 1 アドマイヤサガス 2 5 56 プロキオG3 7
2 デュアルスウォード 9 5 55 NST賞H
3 サンライズブレット 4 5 56 アハルテH 3
12年 1 マルカフリート 5 6 57 BSN賞 2
2 インペリアルマーチ 1 5 56 大沼SH 11
3 ワールドワイド 2 6 57 プロキオG3 4
11年 1 ダノンカモン 2 5 59 プロキオG3 2
2 ケイアイガーベラ 1 5 57 プロキオG3 3
3 ケイアイテンジン 4 5 55 天王山S 15
10年 1 ケイアイガーベラ 1 4 55 プロキオG3 1
2 トーホウドルチェ 3 5 56 BSN賞 4
3 セイクリムズン 2 4 55 栗東S 1
09年 1 グロリアスノア 3 3 53 レパード 10
2 マイプリティワン 7 5 56 阿蘇SH 6
3 ランザローテ 1 6 58 サマーG3 2
08年 1 アイスドール 8 5 54 欅S 14
2 サチノスイーティー 6 5 54 アイビスG3 5
3 メイショウシャフト 10 5 56 阿蘇SH 6

まずはエニフSの過去10年の好走馬を見ていく。幸いにも同じ条件で行われており、重賞と同等の手段でレース傾向を分析できそうだ。好走馬にはキングズガードやガンジス、ダノンカモン、ケイアイガーベラなど、中央のダート重賞で実績がある馬が目立つ。地方のダートグレード実績でも問題なく、とにかく1400mを得意としている馬が多い印象だ。

2016/9/10 阪神11R エニフステークス 1着 11番 キングズガード

人気の傾向としては、まず1番人気に注目。昨年優勝のウインムートら6頭が好走しており、上位人気の中では最も走っている。

性別は近年、牡馬が多くなっているが、08年から11年にかけては牝馬もよく好走していた。ケイアイガーベラやトーホウドルチェなど、力がある馬は牡馬が相手でも堂々と戦うことができている。

年齢は3歳から9歳までとかなり幅広い。芝に比べてダートの方がベテランは奮闘しやすく、特に地方のダートグレードでは高齢馬が息長く頑張ることが多い。実績馬はその分斤量を背負うケースが出てくるが、11年はダノンカモンが斤量59キロで優勝。15年は9歳馬のエーシンビートロンが58キロで制しており、全く軽視はできないと言えるだろう。

前走レースで有力なのはプロキオンS組。過去10年では7頭が馬券になっている。前走着順は素直に評価すべきで、好走している馬が有力だ。あとは、阿蘇S組に注目。過去10年では昨年2着のゴーインググレートら5頭が馬券になっている。同レースは小倉ダート1700mなのだが、同レースの着順はあまり気にしない方がいい。大きく敗れている馬がよく馬券になっている。巻き返してくるケースに注意だ。あとは、佐賀のサマーチャンピオン組も有力。好走馬は上位人気になりやすいが、普通にチャンス十分といったところだろう。

■表2 過去10年のエニフS脚質別成績

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
逃げ 2- 3- 0- 5/10 20.0% 50.0% 50.0% 282 148
先行 4- 3- 3-30/40 10.0% 17.5% 25.0% 201 64
差し 4- 2- 4-30/40 10.0% 15.0% 25.0% 76 89
追い込み 0- 2- 3-34/39 0.0% 5.1% 12.8% 0 42

2017/9/9 阪神11R エニフステークス 1着 4番 ウインムート

続いて脚質別の成績も見ておく(表2参照)。ダート戦らしく逃げ馬が強い。過去10年の成績は【2.3.0.5】。昨年優勝したウインムートらで連対率は50%。14年は7番人気のポアゾンブラックが1着、08年は6番人気のサチノスイーティーが2着と、上位人気以外の馬も警戒したい。

■表3 エニフSの枠順別成績(過去10年)

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
1枠 0- 1- 1-10/12 0.0% 8.3% 16.7% 0 41
2枠 1- 1- 0-12/14 7.1% 14.3% 14.3% 20 23
3枠 1- 0- 3-10/14 7.1% 7.1% 28.6% 21 115
4枠 0- 1- 2-12/15 0.0% 6.7% 20.0% 0 38
5枠 1- 1- 0-14/16 6.3% 12.5% 12.5% 157 60
6枠 1- 2- 1-14/18 5.6% 16.7% 22.2% 18 52
7枠 0- 3- 3-14/20 0.0% 15.0% 30.0% 0 101
8枠 6- 1- 0-13/20 30.0% 35.0% 35.0% 524 115

さらに注目したいのが枠順別成績(表3参照)。8枠の成績が【6.1.0.13】と突出して好成績となっている。阪神ダート1400mは元々外枠が有利なコースで、その傾向が如実にあらわれている。脚質・人気を問わず、勝ち馬が多数該当している。

■表4 エニフS好走馬の父と母父(過去10年)

着順   種牡馬 母父馬
17年 1 ウインムート ロージズインメイ マイネルラヴ
2 ゴーインググレート フレンチデピュティ フジキセキ
3 ラテンロック クロフネ Fusaichi Pegasus
16年 1 キングズガード シニスターミニスター キングヘイロー
2 ゴーイングパワー サクラバクシンオー フジキセキ
3 メイショウウタゲ プリサイスエンド フジキセキ
15年 1 エーシンビートロン ブライアンズタイム ホリスキー
2 タイセイファントム ファンタスティックライト Boundary
3 ガンジス ネオユニヴァース Silver Deputy
14年 1 ポアゾンブラック マイネルラヴ チーフベアハート
2 ワイドバッハ アジュディケーティング スキャン
3 ナリタスーパーワン ウォーエンブレム フレンチデピュティ
13年 1 アドマイヤサガス フジキセキ Gone West
2 デュアルスウォード デュランダル End Sweep
3 サンライズブレット ステイゴールド エリシオ
12年 1 マルカフリート アフリート タヤスツヨシ
2 インペリアルマーチ ネオユニヴァース ダンシングブレーヴ
3 ワールドワイド フォーティナイナー Blushing Groom
11年 1 ダノンカモン シンボリクリスエス Ogygian
2 ケイアイガーベラ Smarty Jones Danzig
3 ケイアイテンジン アグネスデジタル フォーティナイナー
10年 1 ケイアイガーベラ Smarty Jones Danzig
2 トーホウドルチェ サウスヴィグラス ブライアンズタイム
3 セイクリムズン エイシンサンディ サウスアトランテイツク
09年 1 グロリアスノア プリサイスエンド ジェイドロバリー
2 マイプリティワン マヤノトップガン ノーザンテースト
3 ランザローテ アグネスタキオン Wild Again
08年 1 アイスドール キャプテンスティーヴ サンデーサイレンス
2 サチノスイーティー カリスタグローリ アフリート
3 メイショウシャフト メイショウオウドウ キンググローリアス

最後に血統の傾向も見ておく(表4参照)。好走馬の父と母父の系統を見た場合、最も多く占めているのがミスタープロスペクター系。マイネルラヴやフォーティナイナー、サウスヴィグラスなど、ダートのスピード競馬に強い血統が並ぶ。あとはヘイロー系だが、ディープインパクトなど芝で強い血統はほとんど見当たらない。フジキセキやネオユニヴァースなど、芝もこなせるがダートでも活躍馬を良く出しているタイプが有力。エイシンサンディやロージズインメイの名前もあるように、ダート向きのパワーを感じさせる血統を積極的に狙っていくべきだろう。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)