第1239回 夏場に1600万クラスを勝つ3歳馬を考える|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1239回 夏場に1600万クラスを勝つ3歳馬を考える

2018/8/6(月)

全国的に厳しい暑さが続く日々だが、中央競馬は毎週続いている。夏場はローカル開催がメインで、春や秋のG1シーズンとはまた一味違う競馬が繰り広げられる。今回は「上がり馬」というキーワードに基づき、夏場のレースを見ていきたい。具体的には7〜8月に行われた1600万クラスのレースを対象とし、同レースを3歳馬が勝ち上がった場合を注目してみた。最も将来性が見込めそうなパターンではあるのだが、実際にはどれぐらいの馬が勝ち、その後どのように出世しているのか。その点に注目し、データを分析したい。データの集計・分析はJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 夏場(7〜8月)の1600万を勝ち上がった3歳馬(2000年以降)    

日付 開催 レース名 芝・ダ 距離 馬名 性別 その後の主な成績
180728 2新1 佐渡SH1600 2000 グローリーヴェイズ ???
180721 2函5 函館日刊1600 1200 ダノンスマッシュ ???
160827 2新9 稲妻S1600 1000 レッドラウダ 韋駄天S3着
150718 3名5 マレーシ1600 2000 リアファル 神戸新聞杯1着
140823 2札1 TVh賞1600 2000 アズマシャトル 小倉記念1着
140809 2新3 越後S1600 1200 エイシンゴージャス 栗東S1着
130831 2新B 長岡S1600 1600 スイートサルサ 福島牝馬S1着
130706 3名3 豊明SH1600 1400 プリムラブルガリス  
110820 4新3 長岡SH1600 1400 ニシノステディー 信越S2着
110820 1札3 ポプラH1600 2000 ショウナンマイティ 大阪杯1着、安田記念2着
110730 2函5 漁火S1600 1800 アヴェンチュラ 秋華賞1着
100814 3新1 越後SH1600 1200 アースサウンド BSN賞1着

表1は夏場(7〜8月)の1600万クラスを勝ち上がった3歳馬をすべて表記した。レースの対象期間は2000年から今年7月末までのものだ。同クラスのレース数そのものがあまり多くないが、3歳馬が勝ち上がるケースはあまり多くない。3歳馬が勝利したレース数は12に対し、4歳馬は66で5歳馬は66、6歳馬は20となっている。総合的な好走率でみると4歳馬がトップで、続くのが3歳と5歳といったところだ。

2011/7/30 函館11R 漁火ステークス 1着 4番 アヴェンチュラ

最も古くは2010年に越後Sを勝ったアースサウンド。その後はアヴェンチュラ、ショウナンマイティなどが続く。それらの馬の、その後の成績を調べると興味深いことがわかる。大半の馬がその後、OPクラスでも通用する走りを見せているが、特に芝中距離を勝った馬の飛躍が目立つ。アヴェンチュラは同年の夏にクイーンSを制し、秋に秋華賞を優勝。ショウナンマイティは後に大阪杯を制し、G1の安田記念で2着。14年に札幌芝2000mのTVh賞を勝ったアズマシャトルは小倉記念、15年にマレーシアCを勝ったリアファルは次走神戸新聞杯を勝ち、菊花賞では3着に好走した。

マイル戦の長岡Sを勝ったスイートサルサも後に福島牝馬Sを勝っている。よって、一概に中距離を勝った馬だけが注目とは言えないが、夏場にこの条件を勝つような3歳馬はやはり強い。地力と将来性があり、後に重賞はもちろん、G1でも通用してくるような可能性も秘めている。

2018/7/28 新潟11R 佐渡ステークス 1着 4番 グローリーヴェイズ

実は今年、すでに1600万クラスを勝っている3歳馬が2頭いる。函館日刊スポーツ杯を制したダノンスマッシュと、佐渡Sを勝ったグローリーヴェイズだ。前者は函館芝1200mの条件だが、すでに2歳時にOP特別のもみじSを勝利。今春マイルの重賞でも善戦している。1200mに距離を短縮したことがプラスに出た可能性も十分あり、次走以降も注目される馬だろう。

後者のグローリーヴェイズは新潟芝2000mの佐渡Sを快勝。こちらは1勝馬でありながらきさらぎ賞2着、京都新聞杯4着の実績があった。今春はクラシックで戦うことができなかったが、今後力を伸ばしてくる期待が高まる。成長度合いと、重賞挑戦の際には注目してみたい。

■表2 夏場(7〜8月)のOP特別を勝ち上がった3歳馬(2000年以降)

日付 開催 レース名 芝・ダ 距離 馬名 性別 その後の主な成績
170702 1函6 巴賞 1800 サトノアレス 東京新聞杯2着
150829 2新9 BSN賞H 1800 ダノンリバティ シリウスS2着、関屋記念2着
130714 2福6 バーデンH 1200 マイネルエテルネル  
120826 2小A 小倉日経 1800 ダローネガ 中京記念3着
120825 3新5 朱鷺S 1400 レオアクティブ 京成杯AH1着
100807 2函7 みなみ北H 2600 トウカイメロディ  

ちなみにOP特別を勝っている場合はどうか。集計期間が同じで、夏場に同レースを勝ち上がった3歳馬は表2の通りだ。1600万クラスよりもレース数が少ないため、おのずと該当馬もかなり減る。2000年以降ではわずか6例にとどまる。同じように各馬のその後の成績を調べてみた。

12年に朱鷺Sを勝ったレオアクティブは次走京成杯AHを優勝したが、重賞を勝ったのはこの1頭。その他はやや物足りない成績という印象がある。ただ、サトノアレスはまだ4歳馬であり、すでに朝日杯FSのG1タイトルを持っている馬。今年の東京新聞杯は2着で、前走安田記念はかなりきつい競馬で4着に入線した。重賞2勝目は時間の問題という感じもするので、同馬の動向にも注目したいところだ。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)