勝ち上がり若駒コラム

ヤングスカーレット / 牡2024/4/9(火)

24年4月6日(土)3歳未勝利 阪神芝2000m、5番人気1着、2分00秒2(良)。父サトノアラジン、母スカーレット。栗東・杉山晴紀厩舎。

【タイム★8】
平均ペースの流れをインの先団で追走。最後の直線は内へ切れ込んでラチ沿いから脚を伸ばして抜け出した後、外によれてしまったが、1馬身1/4の差をつけて勝利した。

【将来性★9】
半兄に2017年青葉賞1着、日本ダービー3着のアドミラブル(父ディープインパクト)、半姉に2019年ターコイズS2着のエスポワール(父オルフェーヴル)がいる血統。2021年セレクトセール当歳にて、1億560万円(税込み)で取り引きされた。若さを見せながらも経験馬相手にデビュー戦で快勝。ここでは力が違った。

【適距離1800〜2200m】
2000m前後が良さそうだ。

ウエストナウ / 牡2024/4/9(火)

24年4月7日(日)3歳未勝利 阪神芝1800m、7番人気1着、1分45秒4(良)。父キズナ、母ファヴォーラ。栗東・佐々木晶三厩舎。

【タイム★8】
スタートが少し遅く、平均ペースの流れを中団で追走。最後の直線は馬場の中ほどからじわじわと脚を伸ばして先頭集団との差を詰めると、最後はスピードリッチを交わして2馬身抜けた。

【将来性★8】
あまり人気はなかったが、経験馬を相手にデビュー戦で見事に勝利。末脚が切れるという感じではなかったが、いい脚を長く使った。

【適距離1600〜2000m】
2000mぐらいまでは大丈夫だろう。

タクシンイメル / 牝2024/4/9(火)

24年4月6日(土)3歳未勝利(牝) 阪神ダート1800m、5番人気1着、1分53秒1(稍重)。父サトノダイヤモンド、母ダーリングバード。栗東・武英智厩舎。

【タイム★10】
スタートは普通だったが、気合いを入れられてハナへ。平均ペースで引っ張り、1馬身ほどのリード。最後の直線に入ると、差をじわじわと広げつつそのまま押し切った。勝ちタイムは同日7レース、4歳以上・1勝クラス(牝)よりも0.5秒速かった。

【将来性★7】
近親に先日のUAEダービーを制し、無傷の5連勝を果たしたフォーエバーヤング(父リアルスティール)がいる血統。ダート替わりで一変。先手を取れたのも良かったのだろう。

【適距離1700〜1800m】
中距離がベスト。

JRA-VANスマホアプリでタイムランクを見る

勝利したPOG対象馬すべてのタイムランクを提供
メニュー > コラム > 若駒コラム でチェック!