競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 ヴィクトリアマイル2022G1特集 ヴィクトリアマイル2022

指数分析

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > ヴィクトリアマイル > 2022 > 指数分析

【出走予定馬のZIと過去5走の補正タイム】

この表は右にスクロールできます。

馬名 ZI 1走前 2走前 3走前 4走前 5走前
アンドヴァラナウト 127 91 87 93 86 74
デアリングタクト 127 海外 97 101 93 90
レシステンシア 127 88 海外 90 91 92
レイパパレ 125 98 97 海外 92 94
ファインルージュ 122 93 94 83 79 85
ソダシ 120 ダート ダート 86 99 83
デゼル 116 90 93 91 83 92
ミスニューヨーク 116 90 94 88 89 89
クリノプレミアム 112 90 91 64 91 83
メイショウミモザ 110 92 79 84 68 77
テルツェット 109 89 88 92 87 93
マジックキャッスル 108 88 87 84 91 94
ディヴィーナ 107 83 80 80 72 69
ソングライン 106 海外 82 95 90 87
アカイイト 104 91 95 90 97 91
アブレイズ 101 83 90 88 84 89
ローザノワール 94 87 89 88 88 ダート
シャドウディーヴァ 93 87 78 94 96 87

フルゲート18頭。他にも登録馬あり。

1)ZIはトップで3頭が並ぶなど激戦模様

ZIは指数127でアンドヴァラナウト、デアリングタクト、レシステンシアが並んだ。4位は125でレイパパレ、5位は122でファインルージュ。この5頭が指数5以内で収まっている。その他にもソダシやソングラインも上位人気に支持される可能性が高く、激戦模様だ。

2)補正タイムのトップはデアリングタクトだが

補正タイムのトップはデアリングタクト。3走前の20年ジャパンC3着時の指数が101と非常に高い。しかし、今回は距離1600m。マイル戦は20年桜花賞以来となるし、さらに1年以上の休み明け。力を存分に出すことができるか。

3)ソダシは芝に戻るもマイル戦ならば

ソダシは4走前にあたる昨年の札幌記念(1着)の指数が99と高い。同馬に関しては2000mよりも1600mの方が実績があるので、指数を伸ばしてくる可能性もある。近2走はダートだが、あらためて芝で注目。レイパパレは近2走の指数が97〜98と高いが、いずれも2000mのレース。重賞ではマイル戦の経験がなく、距離短縮はカギになるだろう。

4)シャドウディーヴァとソングラインにも注目

シャドウディーヴァは4走前のアイルランドトロフィー府中牝馬S(1着)の指数が96、ソングラインは3走前の富士S(1着)の指数が95。それぞれ東京芝1600〜1800mの重賞での指数なので、ある程度高い評価をしてもいいだろう。

<用語解説>
ZI(ゼットアイ)

前走着順、人気、着差等を簡単に指数化したもの。基本的にこの指数が高いと上位人気に支持される傾向がある。ZI最高値をマークしている馬は連対率が高く、特に2番目の馬より5以上の差をつけている場合、特別な理由(休み明け、前走と大きく異なる条件など)がない限り、信頼できる。ただし、ZI最高値が115以下の場合は混戦と考えられる。

補正タイム

基準タイム(そのレースの平均的な勝ちタイム)とその馬の走破タイムをもとに、異なる距離やクラスでも簡単に比較できるようにした指数。スピード指数のようなイメージで、指数が高いほど、時計的な価値があると考えられる。