競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

G1特集 第16回 ヴィクトリアマイルG1特集 第16回 ヴィクトリアマイル

調教情報

競馬予想・競馬情報トップ > G1特集 > ヴィクトリアマイル > 2021 > 調教情報

グランアレグリア

前走後は放牧を挟んで4月28日に美浦へ帰厩。翌日から入念に乗り込まれており、調整過程は順調だ。ここ2週はWコースで僚馬と併せ、先週は杉原騎手を背に4角までは行きたがる面を見せていたが、直線はしっかり加速して併入。今週はルメール騎手を背に折り合いもつき、直線から1角まで軽く追われて軽快な伸び脚を披露した。万全の仕上がりと見てよさそうだ。

レシステンシア

前走後は放牧を挟んで4月23日に栗東へ帰厩。いつも通り追い切りはすべて坂路単走で、4月25日から日曜軽め、水曜強めのメニューで計6本こなしており、調教量に不足はない。先週は武騎手を背に内を回って800m54.4秒と軽めの内容を消化。今週は助手を背に800m52.9秒、終いも軽く促された程度でラスト200m11.7秒と鋭い伸びを見せた。近2走の好状態をきちんと維持できている。

デゼル

前走後は自厩舎で疲れを取り、4月22日から今週にかけて10本近い追い切りをこなしており、調整過程は極めて順調だ。先週は川田騎手を背にWコースで2頭を追走して内に入り、外の馬には先着、中の馬とは併入で馬場の荒れた時間帯ながら好時計をマーク。今週は助手を背に坂路で軽めにとどめたが、時計以上の動きを見せた。前走時よりさらに上向いている印象だ。

マジックキャッスル

前走後はプール調教でクールダウンした後、4月22日に坂路入りを再開。28日から今週にかけて、Wコースで4本の追い切りをこなしており、調整過程に問題はない。ここ2週はWコースで僚馬と併せ、先週は助手を背に手応え劣勢での併入だが、時計的には合格点。今週は戸崎騎手を背に格下馬を追走して併入した。上積みこそ薄いが、近走の状態を維持できている。

テルツェット

前走後は放牧を挟んで4月30日に美浦へ帰厩。5月2日から今週にかけて、Wコースで4本の追い切りをこなしており、牧場での乗り込みも考慮すれば調教量に問題はない。ここ2週は助手を背にWコースで同じ馬と併せ、先週は一杯に追われる相手に対して軽く追われて追走併入。今週は楽な手応えのまま追走併入した。動き自体は良好で、体調面は万全と見てよさそうだ。

その他の出走馬

サウンドキアラは2週続けて田中健騎手を背に坂路単走で追われ、先週800m52.1秒、今週は楽な手応えで800m53.1秒、ラスト200m12.4秒をマーク。馬場の荒れた時間帯だけに悪くない時計で、絶好調だった昨年には及ばないが復調傾向。ダノンファンタジーは先週、藤岡佑騎手を背に芝コースでやや折り合いを欠いたが、直線はしっかりとした脚どり。今週は調教師を背にWコースで折り合って軽快な動きを見せており、状態面は問題なし。マルターズティオサは2週続けてWコース単走追いで、先週は田辺騎手を背に1000m66秒前後の好時計をマーク。今週は嶋田騎手を背に重い馬場で外目を回ったが、終いの伸びは素晴らしく好状態と見て間違いない。