第1505回 今年も難解で激戦必至!? フィリーズレビューを占う!|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1505回 今年も難解で激戦必至!? フィリーズレビューを占う!

2021/3/11(木)

今週は平地重賞が3つと障害の重賞が1つ組まれている。今回は日曜日に阪神競馬場で行われる桜花賞トライアルのフィリーズレビューを分析していくことにする。2019年は12番人気ノーワンと3番人気プールヴィルによる1着同着という結果となり、20年は5番人気エーポスが勝利するなど、例年予想が難しく、波乱傾向が強いレースだ。今年はフルゲート18頭を超える出走登録数があり、なおかつ実力も伯仲したメンバー構成という印象だ。桜花賞への優先出走権をかけた激しいレースになることだろう。いつものように過去10年のレース結果を分析し、今年のレースを展望していくことにする。データの分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 過去10年のフィリーズレビュー上位馬

着順 馬名 人気 前走レース名 馬場 前距離 前着 前人 前2角 前3角 前4角 前走上り3F
20年 1 エーポス 5 エルフィ(L) 1600 4 8   2 2 36.1
2 ヤマカツマーメイド 2 阪神ジュG1 1600 5 7   8 8 35.9
3 ナイントゥファイブ 12 千両賞・1勝 1600 4 5   3 4 34.5
19年 1 ノーワン 12 未勝利・牝 1600 1 4   6 3 34.3
1 プールヴィル 3 紅梅S(L) 1400 2 1   7 7 35.1
3 ジュランビル 6 万両賞500 1400 1 2   2 2 34.6
18年 1 リバティハイツ 8 500万下・牝 1400 2 1   9 8 34.6
2 アンコールプリュ 2 つわぶき500 1400 1 3   13 11 33.5
3 デルニエオール 5 500万下・牝 1400 1 5   6 6 34.7
17年 1 カラクレナイ 2 万両賞500 1400 1 1   8 7 35.6
2 レーヌミノル 1 クイーンG3 1600 4 3   1 1 34.6
3 ゴールドケープ 6 阪神ジュG1 1600 6 14   3 2 35.9
16年 1 ソルヴェイグ 8 500万下・牝 1400 5 1   4 4 36.4
2 アットザシーサイド 1 阪神ジュG1 1600 5 4   12 12 35.3
3 キャンディバローズ 2 阪神ジュG1 1600 9 5   4 3 36.6
15年 1 クイーンズリング 1 菜の花賞500 1600 1 2 8 5 5 34.6
2 ペルフィカ 7 こぶし賞500 1600 1 2   7 6 34.5
3 ムーンエクスプレス 2 阪神ジュG1 1600 4 12   3 4 35.0
14年 1 ベルカント 2 フューチG1 1600 10 3 1 1 1 36.8
2 ニホンピロアンバー 13 阪神ジュG1 1600 17 14   1 1 38.7
3 エスメラルディーナ 6 ジュニア 1600 1 1 2 2 2 34.8
13年 1 メイショウマンボ 3 こぶし賞500 1600 1 2   6 7 34.3
2 ナンシーシャイン 4 春菜賞500 1400 1 5   1 1 33.7
3 ティズトレメンダス 11 はこべら500 1400 1 3   2 2 38.7
12年 1 アイムユアーズ 1 阪神ジュG1 1600 2 8   4 4 34.9
2 ビウイッチアス 8 クロッカ 1400 5 4   3 3 34.1
3 プレノタート 7 クイーンG3 1600 4 9   9 9 33.6
11年 1 フレンチカクタス 3 クイーンG3 1600 4 3   3 3 35.1
2 スピードリッパー 6 フェアリG3 1600 2 7 4 6 2 36.6
3 エーシンハーバー 5 500万下 1400 1 1   5 4 35.7

表1は過去10年のフィリーズレビューで3着以内に入った馬の一覧。今回は特に前走レースの成績・位置取り・上がり3ハロンに注目した。前走レースはクラスごとに色分けをしている。前走重賞組(橙)、オープン特別(L・非L)組(青)、1勝(500万)クラス組(桃)、新馬・未勝利組とで分けて考えたい。

まず前走重賞組は12頭いて、芝1600mのレースに出走していた。その内7頭は阪神ジュベナイルフィリーズ組だった。2012年1着アイムユアーズは前走同レースで2着に入っており、本競走では1番人気に応えた。やはり2歳G1で好走した実績は評価すべきだろう。15年3着ムーンエクスプレスや16年2着アットザシーサイドも前走阪神ジュベナイルフィリーズで5着以内に入っていた。

一方で、14年2着ニホンピロアンバーは前走阪神ジュベナイルフィリーズで17着と惨敗していた。ただ、同レースでは3コーナーと4コーナーの位置取りが1番手と、逃げて大きく失速したという内容だった。また、14年1着ベルカントは前走朝日杯フューチュリティSに挑戦し、逃げて10着と敗れていた。2歳G1でハナを切れるスピードがあるというのは武器であり、芝1400mのG2では生きる可能性が高まる。

このように前走重賞組は4コーナーで4番手以内に位置するレースをしていた馬が多かった。11年2着スピードリッパーや17年1着レーヌミノルも該当する。まとめると前走芝1600mの重賞で逃げ〜先行の競馬をして、5着以内に入っていた馬には特に注目したい。

続いて前走オープン特別組(L・非L)だが4頭と少ない。前走レースはバラバラだが、最近2年で連対馬が2頭出ている。20年1着エーポスは前走エルフィンSを4コーナー2番手で通過し、4着という結果だった。前走重賞組同様、逃げ〜先行で5着以内に入っていた馬に注目すべきかもしれない。

続いて前走1勝(500万)クラス組をみていく。好走馬は13頭と前走重賞組を上回った。牝馬限定の平場戦を使われていた馬の3頭が最も多いものの、レースの内訳はかなりバラバラで、13年3着のティズトレメンダスはダート1400mのはこべら賞に出走して勝っていた。

ただし、前走距離は1400〜1600mに限られる。前走1200mを使われていた馬が一頭もいない点は、大きな特徴であることを認識しておきたい。

また、前走の上がり3ハロンはメンバー中3位以内に入っていた馬が比較的多い。18年の1〜3着馬はすべて前走1勝クラスに出走し、速い上がりを使って好走していた。15年の1〜2着馬も同様で、前走メンバー中上がり1位をマークして勝っていた。前走重賞・オープン特別組は先行力に注目したが、前走1勝クラス組は末脚が鋭い馬の方がよく馬券に絡んでいる。

最後に前走新馬・未勝利組は1頭(19年1着ノーワン)しかいない。今回は格上挑戦となるので出走例自体が他の組に比べて少ないが、いい結果を残すのは難しいかもしれない。

【結論】
それでは今年のフィリーズレビューを占っていくことにする。出走予定馬は表2の通りだ。

■表2 今年のフィリーズレビュー出走予定馬(フルゲート18頭)

馬名 前走レース名 馬場 前距離 前着 前人 前2角 前3角 前4角 前走上り3F
アンブレラデート 1勝クラス 1400 2 4   1 1 35.1
エイシンヒテン クイーンG3 1600 4 8   1 1 35.1
エイボンクリフ 1勝クラス 1400 9 9   4 6 36.2
エコロデイジー 菜の花賞・1勝 1600 7 6 1 1 1 35.4
エルカスティージョ 新馬・牝 1400 1 2   3 3 34.9
オパールムーン 阪神ジュG1 1600 6 5   15 16 33.8
クープドクール 萌黄賞・1勝 1200 1 14   11 9 36.0
ゴールドチャリス 中京2歳 1200 1 7   6 4 34.5
シゲルピンクルビー 阪神ジュG1 1600 17 11   5 4 35.7
スティクス 未勝利 1200 1 4   1 1 33.9
スマイルアモーレ 春菜賞・1勝 1400 6 8   2 2 34.4
スンリ エルフィ(L) 1600 2 12 5 5 5 33.9
テリーヌ 未勝利・牝 1200 1 1   6 3 35.6
フォティノース 1勝クラス 1400 5 4   9 10 34.6
フリード ファンタG3 1400 11 8   1 1 36.2
ブルーバード 新潟2歳G3 1600 8 5   2 2 36.3
ベッラノーヴァ フェアリG3 1600 3 6 13 15 14 34.9
ポールネイロン 阪神ジュG1 1600 18 9   2 2 36.6
ミニーアイル あざみ賞・1勝 1200 1 1   9 7 34.6
メイショウツツジ 未勝利 1200 1 2   9 8 35.0
ヤマニンルリュール こぶし賞・1勝 1600 6 1   6 6 34.7
ヨカヨカ 阪神ジュG1 1600 5 10   1 1 34.8
ラストリージョ フェアリG3 1600 11 12 3 5 7 36.6
ララクリスティーヌ 紅梅S(L) 1400 2 6   6 6 35.6
ラヴケリー 黒松賞・1勝 1200 2 1   7 4 35.1
リュクスフレンド 未勝利 1600 1 5   10 11 34.9
ヴァーチャリティ アルテミG3 1600 10 7   4 4 34.5

2020/8/29 小倉9R ひまわり賞 1着 2番 ヨカヨカ

フルゲート18頭に対して1週前の段階で27頭もの登録があった。本稿執筆時点では出走馬が確定していないので、除外の可能性がある馬も候補として考える。前走重賞組は10頭いて、そのうち阪神ジュベナイルフィリーズ組はオパールムーン、シゲルピンクルビー、ポールネイロン、ヨカヨカの4頭。この中で前走再先着を果たしたのがヨカヨカ(5着)。熊本産馬としてデビューから3連勝を飾り、一時注目を浴びた。2走前、阪神芝1400mで行われたファンタジーSでは5着と敗れている点は気になるものの、前走G1で逃げて5着に粘った地力をあらためて評価したい。

シゲルピンクルビーは前走17着、ポールネイロンは前走18頭と惨敗したが、それぞれ4コーナーでは4番手、2番手とかなり前目で競馬をしていた。オパールムーンは前走4コーナーで16番手にいたが、メンバー中3位の脚を使って6着まで追い上げた。この3頭も軽視はできそうにない。

2020/11/29 阪神9R 白菊賞 1着 1番 エイシンヒテン

前走クイーンCで逃げて4着だったエイシンヒテンも要注目。ちなみに2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでは11着に敗れたが、4コーナーを3番手で通過していた。ベッラノーヴァは前走フェアリーSを鋭い脚で追い込み3着と好走した。デビュー戦の東京芝1400mでもメンバー中最速の上がりをマークして勝っていた。差し馬ならば本馬に注目か。

前走オープン特別(L・非L)組は3頭。強力な逃げ〜先行タイプはいないが、いずれも前走で連対を果たしている。

前走1勝クラス組は9頭。その内芝1400〜1600mを走り、メンバー中3位以内の上がりを使って連対していた馬はアンブレラデートしかいなかった。ただ、同馬の場合は前走で逃げており、それ以前のレースでは2番手からの競馬をしていた。母がダイワスカーレットという良血馬で、本質的には瞬発力を生かすというタイプではなさそうだ。

前走新馬・未勝利組も5頭登録があった。もし出走できれば前走東京芝1600mでメンバー中最速の上がりをマークして勝ったリュクスフレンドが面白いか。総合的に考えると、今年は前走重賞組に有力馬が多い印象だ。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)