第1423回 無敗の皐月賞馬の日本ダービー挑戦を考える|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1423回 無敗の皐月賞馬の日本ダービー挑戦を考える

2020/5/25(月)

今週日曜日はいよいよ日本ダービー(東京優駿)が行われる。中央競馬を代表するビッグレースで、「競馬の祭典」とも呼ばれる大一番だ。依然として無観客でのレースを余儀なくされており、生で観戦できないのは本当に残念だが、今年も見どころはたくさんある。まずは無敗の皐月賞馬・コントレイルがどのようなレースをするかに注目が集まることだろう。おそらく今回も1番人気に支持される可能性が高い。日本ダービーも制し、春のクラシック2冠達成なるか。無敗での2冠達成となれば、競馬史に名を残す偉業となる。

今回はかつてコントレイルと同じように無敗で皐月賞を制し、日本ダービーに挑戦した馬たちを振り返ってみたい。その上で、コントレイルの春のクラシック2冠達成の可能性について考えてみることにする。データ分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 グレード制導入(1984年)以降の無敗の皐月賞馬

馬名 日本ダービー成績
1984年 シンボリルドルフ 優勝
1985年 ミホシンザン 不出走
1991年 トウカイテイオー 優勝
1992年 ミホノブルボン 優勝
2001年 アグネスタキオン 不出走
2005年 ディープインパクト 優勝
2019年 サートゥルナーリア 4着
2020年 コントレイル ???

2020/4/19 中山11R 皐月賞(G1) 1着 1番 コントレイル

まずはコントレイルと同じように、過去に無敗で皐月賞を制した馬を調べた。ただし、調査対象年はグレード制が導入された1984年以降とした。表1は無敗の皐月賞馬と、彼らの日本ダービーでの成績だ。

グレード制が導入された1984年にいきなりシンボリルドルフがデビューから6連勝で春のクラシック2冠を達成した。同馬を皮切りにミホシンザン(85年)、トウカイテイオー(91年)、ミホノブルボン(92年)、アグネスタキオン(01年)、ディープインパクト(05年)、サートゥルナーリア(19年)、そしてコントレイル(20年)と、8頭の馬が無敗で皐月賞を制した。1984〜2020年までの37年間で8頭誕生しているので、単純に割ると約4.6年に1回の割合で無敗の皐月賞馬が出現していることになる。ただ、実際には2年続けて(84・85年、91・92年、19・20年)出現するケースが目立っている。

あらためて無敗で皐月賞を制した馬たちを見ると、競馬史に残る名馬ばかりだ。日本ダービーも優勝したのはシンボリルドルフ、トウカイテイオー、ミホノブルボン、ディープインパクトの4頭。ありきたりで簡単な言葉だが、とにかく強かった。ただ、その他の馬も相当な実力があった。ミホシンザンとアグネスタキオンは故障に泣いたが、前者は後に菊花賞や天皇賞(春)を制したし、後者はデビュー2戦目のラジオたんぱ杯3歳Sで、後のダービー馬・ジャングルポケットを2着に下してレコードで優勝していた。もし無事であればダービーも勝っていて不思議はなかった。

つまり、無敗で皐月賞を勝てるような馬は、間違いなく圧倒的な力を持っていると言える。皐月賞から400m距離が延びても心配はいらない。無事に日本ダービーに出走できれば、勝利できる確率は高いと考えるのが普通だ。それだけに昨年のサートゥルナーリアの結果(4着)は意外なものになった。果たしてコントレイルにはどのような結果が待っているだろうか。

■表2 皐月賞と日本ダービー(2冠)を制した馬(1984年以降)

馬名 備考
1984年 シンボリルドルフ パーソロン 無敗3冠
1991年 トウカイテイオー シンボリルドルフ 無敗2冠
1992年 ミホノブルボン マグニテュード 無敗2冠
1994年 ナリタブライアン ブライアンズタイム 3冠
1997年 サニーブライアン ブライアンズタイム  
2003年 ネオユニヴァース サンデーサイレンス  
2005年 ディープインパクト サンデーサイレンス 無敗3冠
2006年 メイショウサムソン オペラハウス  
2011年 オルフェーヴル ステイゴールド 3冠
2015年 ドゥラメンテ キングカメハメハ  

2005/5/29 東京10R 東京優駿(日本ダービー)(G1) 1着 5番 ディープインパクト

続いて、無敗かどうかにこだわらず、春のクラシックで2冠(皐月賞と日本ダービー)を達成した馬たちを調べてみることにした(表2参照)。先ほどと同じように1984年以降では、シンボリルドルフ(84年)、トウカイテイオー(91年)、ミホノブルボン(92年)、ナリタブライアン(94年)、サニーブライアン(97年)、ネオユニヴァース(03年)、ディープインパクト(05年)、メイショウサムソン(06年)、オルフェーヴル(11年)、ドゥラメンテ(15年)と10頭が達成した。シンボリルドルフとディープインパクトは無敗のまま3冠馬となり、ナリタブライアンとオルフェーヴルもクラシック3冠を達成。こちらも素晴らしい馬たちが名を連ねている。

父親に注目すると、シンボリルドルフとトウカイテイオーは親子で達成したことになる。コントレイルの父はディープインパクトなので、今年も親子による春のクラシック2冠(皐月賞・日本ダービー)制覇という記録がかかっている。これまでディープインパクト産駒は皐月賞も日本ダービーも勝っているが、両方を勝った馬はまだ出ていない。なお、ブライアンズタイム(ナリタブライアン、サニーブライアン)とサンデーサイレンス(ネオユニヴァース、ディープインパクト)は春のクラシック2冠(皐月賞・日本ダービー)馬を2頭も出している。

■表3 2冠(皐月賞・ダービー)馬の日本ダービーでの単勝オッズ、2・3着馬(1984年以降)

馬名 単勝 2着(人気) 3着(人気)
1984年 シンボリルドルフ 1.3倍 スズマッハ(20) フジノフウウン(7)
1991年 トウカイテイオー 1.6倍 レオダーバン(2) イイデセゾン(4)
1992年 ミホノブルボン 2.3倍 ライスシャワー(16) マヤノペトリュース(5)
1994年 ナリタブライアン 1.2倍 エアダブリン(4) ヤシマソブリン(10)
1997年 サニーブライアン 13.6倍 シルクジャスティス(3) メジロブライト(1)
2003年 ネオユニヴァース 2.6倍 ゼンノロブロイ(3) ザッツザプレンティ(7)
2005年 ディープインパクト 1.1倍 インティライミ(2) シックスセンス(7)
2006年 メイショウサムソン 3.8倍 アドマイヤメイン(4) ドリームパスポート(7)
2011年 オルフェーヴル 3.0倍 ウインバリアシオン(10) ベルシャザール(8)
2015年 ドゥラメンテ 1.9倍 サトノラーゼン(5) サトノクラウン(3)

最後に表2で記した春のクラシック2冠(皐月賞・日本ダービー)馬の日本ダービーでの単勝オッズ、および2・3着馬について調べた(表3参照)。10頭中9頭が日本ダービーで1番人気に支持されていて、その内5頭が単勝1倍台の圧倒的人気だった。皐月賞で見せたパフォーマンスがオッズにも相当影響を与えるので、基本的にはかなり人気を集める場合が多い。しかし、11年のオルフェーヴルは1番人気ながら単勝は3.0倍もついた。この年は皐月賞も東京競馬場(芝2000m)で行われて、そのレースを3馬身差で圧勝していた。それでもダービーで圧倒的人気にならなかったのは、今となっては意外な感じがする。

サニーブライアンが勝利した97年のレースも印象深い。他の馬が1番人気で優勝しているなか、同馬は単勝13.6倍の6番人気だった。この年だけ異質に見えることだろう。だが、その前の皐月賞ではもっと軽視されていて、11番人気だった。皐月賞はノーマークでの逃げ切り勝ちという結果となり、素直に実力を評価しづらい面があった。日本ダービーでは人気は上がったものの、依然として半信半疑という見方をするファンが多かった。しかし、東京芝2400mのダービーでも再び逃げ切りを果たし、堂々と2冠を達成。低評価を覆す走りを続けて、本当の実力を証明してみせた。異例ではあったが、今後見られるかわからないような貴重なケースだったように思う。

最後にダービーでの2着馬を調べると、意外な人気薄の活躍も目立つ。84年2着のスズマッハは21頭立ての20番人気だった。92年のレースからフルゲートは18頭となり現在に至るが、同年は16番人気のライスシャワーが2着に入った。また、11年は10番人気のウインバリアシオンが2着に好走した。それ以外の年は2〜5番人気の馬が2着に入っている。つまり、6〜9番人気は1頭も2着に入っていない。その分、3着が多いという傾向が出ている。仮に今年はコントレイルが優勝すると予想する場合、2着には2〜5番人気もしくは10番人気以下の馬がくると想定してみるのも面白い。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)