第1188回 G1級集結! 京都記念を分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1188回 G1級集結! 京都記念を分析する

2018/2/8(木)

今週は東京で共同通信杯とクイーンC、そして京都では京都記念と3重賞が行われる。東京も2重賞もクラシックへ向けて注目は欠かせないが、今回は、昨年のG1連対実績馬が6頭も集結した豪華メンバーの京都記念を取り上げたい。春の大レースへ向けた前哨戦でまず好結果を出すのはどの馬か、過去の傾向からみていこう。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JV馬天楼 for データde出〜たを利用した。

■表1 人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 過去8年
1 3-2-1-4/10 30.0% 50.0% 60.0% 72% 72% 2-1-1-4/8
2 0-1-4-5/10 0.0% 10.0% 50.0% 0% 79% 0-1-4-3/8
3 3-3-1-3/10 30.0% 60.0% 70.0% 218% 148% 2-3-1-2/8
4 0-2-2-6/10 0.0% 20.0% 40.0% 0% 129% 0-1-2-5/8
5 1-2-0-7/10 10.0% 30.0% 30.0% 145% 81% 1-2-0-5/8
6 3-0-0-7/10 30.0% 30.0% 30.0% 527% 171% 3-0-0-5/8
7〜 0-0-2-59/61 0.0% 0.0% 3.3% 0% 34% 0-0-0-45/45

2016/2/14 京都11R 京都記念(G2) 1着 7番 サトノクラウン (6番人気)

落ち着いた頭数で行われる年が多いこともあり、過去10年、連対馬全20頭は6番人気以内。3着馬も7番人気以下では10年前のシルクフェイマス(11番人気)、9年前のヴィクトリー(9番人気)の2頭のみで、ともにG1連対実績馬。ここ8年は好走24頭すべて6番人気以内と、上位人気が中心になるレースだ。そんな中、複勝回収率を見ると3〜6番人気が良く、合計では【7.7.3.23】複勝率42.5%、複勝回収率132%になる。もっとも、1〜2番人気も複勝率は計55.0%と決して低くはなく、6番人気以内であればどこからでも入れる、くらいに考えるのが良さそうだ。

■表2 年齢別成績

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
4歳 4-3-2-24/33 12.1% 21.2% 27.3% 49% 51%
5歳 5-1-6-20/32 15.6% 18.8% 37.5% 142% 99%
6歳 1-5-1-24/31 3.2% 19.4% 22.6% 110% 74%
7歳以上 0-1-1-23/25 0.0% 4.0% 8.0% 0% 68%

年齢別では5歳馬が最多の5勝を挙げ、複勝率37.5%、単勝回収率142%など他を一歩リード。次いで4歳が4勝、そして6歳の1勝となる。4・5歳馬は平均6〜7頭が出走しているが、6歳のデスペラードが優勝した14年は4頭と、例年に比べ少なかった。今年は4〜5歳の有力馬が多いだけに、表1の人気面からもその4〜5歳馬から勝ち馬が出ると考えたい。

■表3 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1000万下 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1600万下 0-0-0-6/6 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
OPEN特別 0-1-0-11/12 0.0% 8.3% 8.3% 0% 16%
G3 3-3-1-18/25 12.0% 24.0% 28.0% 84% 80%
G2 0-1-2-38/41 0.0% 2.4% 7.3% 0% 44%
G1 5-4-6-17/32 15.6% 28.1% 46.9% 175% 123%
海外(G1) 2-1-1-0/4 50.0% 75.0% 100.0% 472% 225%

今年は前走国内重賞組ばかりのメンバー構成。そこで前走のグレード別に成績を見ると、G2組の不振が目立つ。連対したのは前年・ステイヤーズSからのスズカデヴィアス(15年)のみで、年明けのG2では、同じ京都の日経新春杯組が【0.0.1.16】、そして同距離のアメリカJCC組は【0.0.1.15】に終わっている。対してG1組は複勝率46.9%、単複の回収率も175%、123%の好成績。今年の出走予定馬のうち、G1連対実績馬はすべて前走でもG1に出走しており、まずはその中から候補を探りたい。

■表4 前年国内G1連対馬の成績

馬名 性齢 人気 着順 前走 人気 着順 前年G1主な成績
08 ウオッカ 牝4 2 6 有馬記念 3 11 ダービー1着
09 カワカミプリンセス 牝6 2 4 有馬記念 6 7 女王杯2着
10 ブエナビスタ 牝4 1 1 有馬記念 1 2 オークス1着
ドリームジャーニー 牡6 2 3 有馬記念 2 1 有馬記念1着
11 メイショウベルーガ 牝6 5 2 有馬記念 9 12 女王杯2着
ヒルノダムール 牡4 2 3 日経新春杯 3 2 皐月賞2着
ダノンシャンティ 牡4 3 4 有馬記念 10 9 NHKマイルC1着
ビッグウィーク 牡4 6 6 菊花賞 7 1 菊花賞1着
12 ダークシャドウ 牡5 1 2 天皇賞(秋) 2 2 天皇賞(秋)2着
ヒルノダムール 牡5 3 3 有馬記念 8 6 天皇賞(春)1着
ウインバリアシオン 牡4 2 6 ジャパンC 7 5 ダービー2着
13 ビートブラック 牡6 5 4 有馬記念 8 9 天皇賞(春)1着
14 トーセンラー 牡6 2 2 マイルCS 2 1 マイルCS1着
ラキシス 牝4 3 4 女王杯 6 2 女王杯2着
ジェンティルドンナ 牝5 1 6 ジャパンC 1 1 ジャパンC1着
15 ハープスター 牝4 1 5 ジャパンC 2 5 桜花賞1着
17 マカヒキ 牡4 1 3 凱旋門賞 14 ダービー1着

表4は、過去10年の京都記念出走馬のうち、前年の国内G1で連対していた馬の成績を調べたものである。馬券に絡んだのは全17頭中8頭と半数近く。実績の割には少々物足りない感もあるものの、今年は該当馬が6頭と多く、馬券圏内独占もありそうだ。 この中で、馬券圏外敗退を喫した9頭の共通点を探ると、ビートブラックを除く8頭は牝馬か4歳馬。ただ、今年は6頭すべてがこれに該当するため、材料には使えない。そこで前走の成績を見ると、前走で馬券圏外に敗退した馬が9頭中6頭。そして「3歳」か「牝馬」の限定戦だった馬が2頭で、どちらにも該当せず馬券圏外だったのは14年のジェンティルドンナのみである。昨年3着のマカヒキ(4歳)や、11年2着のメイショウベルーガ(牝馬)は前走馬券圏外から巻き返しているため、完全な「消し」とは言えないものの、消える可能性が高いのはこのタイプだ。

■表5 前年G1連対の4歳馬

馬名 性齢 人気 着順 前年G1連対実績
11 ヒルノダムール 牡4 2 3 皐月賞
ダノンシャンティ 牡4 3 4 NHKマイルC
ビッグウィーク 牡4 6 6 菊花賞
12 ウインバリアシオン 牡4 2 6 ダービー、菊花賞
17 マカヒキ 牡4 1 3 皐月賞、ダービー
08 ウオッカ 牝4 2 6 桜花賞、ダービー
10 ブエナビスタ 牝4 1 1 桜花賞、オークス、有馬記念
14 ラキシス 牝4 3 4 エリザベス女王杯
15 ハープスター 牝4 1 5 桜花賞、オークス

出走を予定している前年のG1連対馬6頭のうち、5頭は4歳馬。そこで4歳馬をもう少し詳しく見てみると、このタイプの4歳牡馬で馬券に絡んだヒルノダムールとマカヒキは、距離も時期も近い皐月賞の連対馬だった。一方、牝馬で馬券に絡んだブエナビスタは唯一、古牡馬相手のG1・有馬記念で2着の実績があった。皐月賞か、古牡馬相手のG1連対馬は、より好走の可能性が高いと考えたい。

■表6 前走G1以外からの好走馬

馬名 人気 着順 前走 人気 着順 主な実績
08 アドマイヤオーラ 1 1 京都金杯 1 2 ダービー3着、弥生賞1着
アドマイヤフジ 4 2 中山金杯 3 1 日経新春杯1着
シルクフェイマス 11 3 アメリカJCC 11 10 宝塚記念2着、京都記念1着
09 サクラメガワンダー 1 2 鳴尾記念 1 1 札幌記念3着、鳴尾記念1着
ヴィクトリー 9 3 京都金杯 10 15 皐月賞1着
10 ジャガーメイル 3 2 ダイヤモンドS 香港ヴァーズ3着、目黒記念2着
11 ヒルノダムール 2 3 日経新春杯 3 2 皐月賞2着
13 トーセンラー 6 1 新潟記念 1 7 菊花賞3着、きさらぎ賞1着
ベールドインパクト 3 2 ディセンバーS 1 1 京都新聞杯2着
15 ラブリーデイ 3 1 中山金杯 4 1 金鯱賞2着、中山金杯1着
スズカデヴィアス 4 2 ステイヤーズS 6 4 ステイヤーズS4着
※ジャガーメイルの出走前走は香港ヴァーズ4着

最後に表6は、前走G1以外からの好走馬である。前走の成績はまちまちだが、G1で3着以内か、G2連対の実績くらいは欲しいところだ。また、近年は前走G2以下の馬でも、13年のトーセンラーを除いて4番人気以内と、上位人気に推された馬しか好走していない。

【結論】

6番人気以内、4〜5歳馬が中心となる京都記念。前走G1組が好成績を残しており、前年のG1連対実績馬なら、前走馬券圏外の馬や、3歳や牝馬限定戦に出走していた馬は割引。皐月賞や、古牡馬相手のG1で連対していればプラス材料になる。

2017/5/28 東京10R 東京優駿(G1) 1着 12番 レイデオロ

今年は、前年のG1連対馬が上位人気(表1)を占めそうだが、その中ではまず断然人気が予想されるダービー馬・レイデオロが有力だ。表4で記したように、前走馬券圏外の馬や3歳か牝馬の限定戦だった馬は凡走が目立っている。今年のG1連対馬6頭のうち、これに該当しないのは、前走ジャパンC2着のレイデオロ1頭のみ。表5で挙げた、古牡馬相手のG1連対も満たしている。

ただ、同馬は皐月賞では5着に敗退。同じく表5で挙げた牡馬2頭が満たしていた、「皐月賞連対馬」ではないこと、加えて近年は1番人気がひと息という点は気に掛かる。逆転があるとすれば、その皐月賞を制したアルアイン。その他では、好成績の5歳馬のうち(表2)、牝馬戦とはいえ前走G1(表3)のクロコスミアで、買い目を少なく抑えたいレースだけに、絞るならこの3頭まで。もう1頭加えるなら、G1以外から同じく5歳のミッキーロケットが表6の実績面をクリアするものの、前走が日経新春杯という点で割引が必要だ(表3)。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)