第1253回 Cコース替わりの中山芝1200m戦を考察する|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1253回 Cコース替わりの中山芝1200m戦を考察する

2018/9/24(月)

今週は秋のスプリント王決定戦のスプリンターズSが行われる。近2年はレッドファルクスが2連覇しており、今年3連覇の偉業達成なるかにも注目が集まる。今回のデータde出〜たでは、木曜のスプリンターズS分析の前段階としてCコースに替わった開催後半の中山芝1200m戦を前3年と比較し、今年の芝の馬場状態を探っていきたい。また土曜の2歳OPカンナS、日曜にスプリンターズS前に行われる勝浦特別についても分析する。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JV を利用した。

■表1 セプテンバーS(1600万下)近4年の上位3着以内馬一覧(Cコース)

年/馬場 着順 馬名 勝ちタイム 人気 脚質 上がり3F 前半600m通過 レース上がり
2018
(稍重)
1 モズスーパーフレア 1分7秒0 2 33秒8 33秒2 33秒8
2 アドマイヤナイト 3馬身1/2 7 34秒1
3 ナンヨーアミーコ 3/4馬身 3 33秒6
2017
(稍重)
1 タマモブリリアン 1分8秒0 2 34秒4 33秒5 34秒5
2 アドマイヤナイト 3/4馬身 1 34秒0
3 デンコウウノ ハナ 6 34秒6
2016
(稍重)
1 メラグラーナ 1分8秒7 1 33秒3 34秒8 33秒9
2 クードラパン 3/4馬身 6 34秒0
3 マルヨバクシン 1/2馬身 4 33秒8
2015
(良)
1 ヤサカオディール 1分7秒9 10 34秒6 33秒3 34秒6
2 カシノワルツ クビ 12 34秒1
3 アブマーシュ クビ 6 33秒8

まず表1はCコース替わり初日に行われたセプテンバーSの今年と過去3年の上位3着以内馬一覧。近3年はいずれも稍重で行われているが、今年の1着馬モズスーパーフレアの勝ちタイムが非常に速い。前2年に比べても1秒以上、良馬場の15年と比較しても0秒9速く、今年はCコース替わりで例年より速いタイムが出ている。

 モズスーパーフレアはスピードに勝っており、すんなり前に行けると強さを発揮するタイプ。今年のセプテンバーSでは前半33秒2で逃げて、後半は33秒8でそのまま押し切ってしまった。1600万下では異例ともいえる2着に3馬身半の大差がついたわけで、時計的には前3年のスプリンターズSよりも速かった。

2着にも2番手で先行していたアドマイヤナイトが入っており、前3年に比べて今年は前が止まりづらい馬場だったことがわかる。ちなみにアドマイヤナイトは昨年も同レースで2着に入っており、今年の走破時計の方が0秒5速かった。

■表2 初風特別(1000万下)近4年の上位3着以内馬一覧(Bコース)

年/馬場 着順 馬名 勝ちタイム 人気 脚質 上がり3F 前半600m通過 レース上がり
2018
(良)
1 ショウナンアエラ 1分7秒9 2 33秒6 34秒1 33秒8
2 イサチルホープ 2馬身 10 33秒8
3 ウォーターラボ 1/2馬身 8 33秒6
2017
(重)
1 ダイメイプリンセス 1分8秒3 9 35秒3 32秒9 35秒4
2 タケショウベスト 3/4馬身 1 34秒9
3 アイファープリティ 1馬身1/4 3 34秒9
2016
(良)
1 デンコウウノ 1分8秒4 11 34秒2 34秒1 34秒3
2 エスティタート アタマ 1 34秒1
3 グレイトチャーター 1馬身1/4 5 34秒1
2015
(良)
1 サザナミ 1分8秒6 2 34秒4 33秒8 34秒8
2 カービングパス 1馬身1/4 1 34秒3
3 エビスグレイト クビ 4 34秒0

表2はCコースに替わる前のBコースで行われた初風特別の今年と前3年の上位3着以内馬一覧。年によってレベルの差はあるとはいえ、今年勝利したショウナンアエラの勝ち時計1分7秒9は前2年と比べて0秒4〜5速い。特に16年と比較すると、前半600m通過34秒1で全く同じ。レース上がりの差がそのまま勝ち時計の差となっている。今秋の中山開催では開幕週を除いて、速い上がりが出やすい馬場状態になっているようだ。

BコースからCコースに替わって、今年は勝ち時計が高速化している。ハナを切った逃げ馬が直線の急坂を苦にせずに、そのまま残りやすい状況といえるだろう。今週良馬場で維持できれば、スプリンターズSでは持ち時計があるタイプ、前有利の状況が継続されるだろう

■表3 カンナS(2歳OP)過去3年の上位3着以内馬一覧(Cコース)

年/馬場 着順 馬名 勝ちタイム 人気 脚質 上がり3F 前半600m通過 レース上がり
2017
(良)
1 ペイシャルアス 1分9秒2 3 34秒9 34秒1 35秒1
2 リンシャンカイホウ 1/2馬身 6 35秒2
3 オジョーノキセキ クビ 5 34秒9
2016
(良)
1 タイムトリップ 1分9秒1 1 35秒4 33秒5 35秒6
2 ダノンハイパワー 1馬身1/4 9 35秒0
3 ナリノメジャー 1/2馬身 7 35秒6
2015
(良)
1 ボーダレス 1分8秒7 4 34秒3 33秒9 34秒8
2 コスモアルコン 1馬身1/4 2 35秒0
3 フレンチイデアル 3/4馬身 3 34秒7

表3は土曜に行われる2歳オープンのカンナSの近3年の上位3着以内馬一覧。2歳戦だけあって勝ちタイムは1分9秒前後かかっているものの、今年は前3年よりも速くなることが想定される。上がりが速くなることも想定され、テンのスピードが重要なレースになりそうだ。ペースが緩くなれば、逃げ・先行馬同士の決着も十分にあるだろう。

■表4 カンナS過去3年の種牡馬別成績

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
アドマイヤムーン 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 310% 290%
ロードアルティマ 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 290% 150%
ストロングリターン 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 820% 280%
ダノンシャンティ 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0% 180%
マツリダゴッホ 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0% 210%
キンシャサノキセキ 0- 0- 2- 1/ 3 0.0% 0.0% 66.7% 0% 223%
ダイワメジャー 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0% 130%
その他の種牡馬 0- 0- 0-29/29 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

表4は表3で示したカンナSの種牡馬別成績。アドマイヤムーン産駒は15年ボーダレスが勝利し、昨年のリンシャンカイホウが2着と好成績を残している。ロードアルティマ産駒も一昨年のタイムトリップが勝利している。

アドマイヤムーンもロードアルティマもミスタープロスペクター系種牡馬で、昨年の勝ち馬ペイシャルアスの父ストロングリターンも母父はミスプロ系だった。その他のサンデーサイレンス後継種牡馬の産駒は2・3着に留まっていた点は注目しておきたい。

■表5 勝浦特別(1000万下)過去3年の上位3着以内馬一覧(Cコース)

年/馬場 着順 馬名 性齢 勝ちタイム 人気 脚質 上がり3F 前半600m通過 レース上がり
2017
(良)
1 クラウンアイリス 牝6 1分7秒8 8 33秒9 33秒4 34秒4
2 ベルディーヴァ 牝5 クビ 7 34秒4
3 コロラトゥーレ 牝3 1馬身 2 34秒3
2016
(良)
1 ペイシャフェリシタ 牝3 1分8秒4 2 33秒6 34秒3 34秒1
2 エリシェヴァ 牝3 1馬身 6 34秒2
3 ハピネス 牝5 1/2馬身 3 34秒3
2015
(良)
1 キャレモンショコラ 牝4 1分8秒0 5 34秒1 33秒9 34秒1
2 バトルムーングロウ 牝4 2馬身 13 34秒4
3 ハピネス 牝4 クビ 10 34秒1

表5はスプリンターズS直前に行われる勝浦特別の過去3年の上位3着以内馬一覧。3年とも1分8秒前後の勝ち時計となっているが、今年の一連の勝ち時計の出方からすると、1分7秒台前半は十分に考えられる。前後半600mのタイムには注目しておきたい。

また、勝浦特別の上位馬9頭はいずれも牝馬だった点はチェック。一昨年の勝ち馬ペイシャフェリシタは今年のオープン特別・春雷Sを勝利して、先日のキーンランドでも3着と好走している。

■表6 勝浦特別(1000万下)過去3年の前走からの斤量増減別成績

前走斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
増減無し 2- 2- 1-11/16 12.5% 25.0% 31.3% 82% 154%
今回増 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
今回減 1- 1- 2-24/28 3.6% 7.1% 14.3% 53% 66%

表6は勝浦特別の前走からの斤量増減別成績。ハンデ戦でハンデキャッパーが斤量を決めるのだが、斤量増減なしの馬が一昨年のペイシャフェリシタら2勝をあげ、連対率25.0%・複勝率31.3%と優秀だ。複勝回収率も100%を大きく超えている。

今回斤量減の馬は昨年のクラウンアイリスが勝利。昨年は上位3着までが斤量減の馬だった。逆に今回斤量増の馬は4頭いずれも上位6番人気以内だったが、すべて着外に敗れている。勝浦特別は牝馬、そして斤量増減なしの馬を狙っていきたい。

ライタープロフィール

ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)