第1301回 近年の日経賞で狙える条件とは?|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1301回 近年の日経賞で狙える条件とは?

2019/3/18(月)

日曜に中京競馬場で高松宮記念が行われる今週は、中山、阪神と合わせて平地重賞が4レース組まれている。土曜の中山競馬場のメインは芝2500mのG2戦、日経賞。春の天皇賞に向けて注目しておきたい伝統の一戦だ。今回のデータde出〜たでは日経賞をピックアップし、2014年以降・近5年のデータから馬券で狙える条件を探っていきたい。なお、データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 日経賞近5年の上位3着以内馬一覧

年/馬場 着順 馬名 勝ちタイム 人気 4角通過順 上がり3F 前半900m通過
2018
(良/15頭)
1 ガンコ 2分33秒9 3 2 35秒6 56秒1
2 チェスナットコート 3/4馬身 7 9 34秒8
3 サクラアンプルール 3/4馬身 6 10 34秒6
2017
(良/16頭)
1 シャケトラ 2分32秒8 4 8 35秒0 55秒1
2 ミライヘノツバサ 3/4馬身 7 1 36秒2
3 アドマイヤデウス アタマ 6 4 35秒8
2016
(良/9頭)
1 ゴールドアクター 2分36秒8 2 2 33秒8 57秒9
2 サウンズオブアース 3/4馬身 1 2 33秒9
3 マリアライト 1馬身1/4 4 5 33秒9
2015
(良/12頭)
1 アドマイヤデウス 2分30秒2 4 5 34秒2 53秒7
2 ウインバリアシオン 1馬身3/4 5 3 34秒7
3 ホッコーブレーヴ アタマ 6 8 34秒4
2014
(良/15頭)
1 ウインバリアシオン 2分34秒4 1 3 33秒9 57秒1
2 ホッコーブレーヴ 1馬身3/4 10 11 34秒3
3 ラストインパクト 1馬身1/4 3 8 34秒6

まず表1は近5年の3着以内馬一覧。近5年ともに良馬場で行われているが、勝ちタイムは2分30秒2〜36秒8と年によってかなり開きがある。前半のペースも上位好走馬の上がり3ハロンのタイムもかなり違いはあるものの、勝ち馬5頭中4頭は4角通過順で5番手以内だった。

人気順では1番人気馬は【1.1.0.3】。14年ウインバリアシオンの1勝のみで、連対率・複勝率40%と信頼度は高くない。勝ち馬はすべて上位4番人気以内におさまっているものの、2・3着馬は下位人気まで分布している。近2年の2・3着馬もいずれも6番人気以下の伏兵で、やや波乱含みの一戦といえるだろう。

■表2 日経賞出走馬の所属別成績(過去5年)

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
美浦 1- 2- 3-29/35 2.9% 8.6% 17.1% 9% 76%
栗東 4- 3- 2-23/32 12.5% 21.9% 28.1% 62% 77%

表2は出走馬の所属別成績。栗東所属の関西馬が昨年のガンコら4勝をあげており、勝率・連対率・複勝率いずれも関東馬を圧倒している。昨年は1・2着馬が該当しており、毎年1頭は3着以内に入っている。ただ、関西馬の3着以内馬9頭中7頭は上位5番人気以内の馬だった。

対して、関東馬は16年ゴールドアクターの1勝のみ。3着以内馬6頭中4頭は6番人気以下の伏兵だった。関東馬は人気薄での激走が目立っており、複勝回収率では関西馬とほぼ互角の状態となっている。

■表3 日経賞の年齢別成績(過去5年)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
4歳 2- 2- 1- 8/13 15.4% 30.8% 38.5% 97% 149%
5歳 2- 1- 1-11/15 13.3% 20.0% 26.7% 58% 40%
6歳 1- 1- 1-15/18 5.6% 11.1% 16.7% 11% 91%
7歳以上 0- 1- 2-18/21 0.0% 4.8% 14.3% 0% 45%

表3は年齢別成績。4歳馬が一昨年のシャケトラら2勝をあげ、勝率・連対率・複勝率いずれもトップだ。昨年は7番人気チェスナットコートが2着に入っており、複勝回収率も100%を大きく超えている。5歳馬は昨年のガンコら2勝をあげ、複勝率は4歳馬に次いで高い。6歳馬は14年ウインバリアシオンの1勝。

勝率・連対率・複勝率いずれも年齢が上がるにつれて低下する傾向が見られた。

■表4 日経賞の前走レース別成績(過去5年)

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
有馬記念 2- 2- 2- 3/ 9 22.2% 44.4% 66.7% 58% 146%
日経新春杯 2- 0- 0- 3/ 5 40.0% 40.0% 40.0% 254% 100%
松籟S(1600万下) 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 270% 120%
ジャパンC 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3% 0% 320%
アメリカJCC 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0% 84%
早春S(1600万下) 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0% 490%
中山記念 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0% 116%
小倉大賞典 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 190%
ステイヤーズS 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 340%
その他のレース 0- 0- 0-33/33 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

表4は前走レース別成績。有馬記念組が16年ゴールドアクターら2勝をあげ、連対率44.4%・複勝率66.7%と非常に高い。有馬記念と同じコースで相手が弱化されるとなれば、やはり好走しやすいということだろう。複勝回収率も100%を大きく超えている。

また、日経新春杯組は一昨年のシャケトラら2勝。勝利した2頭はともに前走で連対を果たしていた。その他の1勝は昨年のガンコ。同馬は2走前に日経新春杯で3着と好走後、前走京都芝2400mの松籟Sを勝利していた。なお、菊花賞組は15年サウンズオブアースが1番人気に推されながらも4着。ただし同馬は上がり最速をマークし、2着と同タイムの4着だった。

■表5 日経賞の前走着順別成績(過去5年)

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
前走1着 3- 1- 1- 9/14 21.4% 28.6% 35.7% 100% 90%
前走2着 2- 1- 0- 4/ 7 28.6% 42.9% 42.9% 132% 72%
前走3着 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0% 0% 190%
前走4着 0- 0- 2- 4/ 6 0.0% 0.0% 33.3% 0% 81%
前走5着 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 340%
前走6〜9着 0- 0- 0-18/18 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
前走10着以下 0- 2- 1-14/17 0.0% 11.8% 17.6% 0% 105%

2018/3/24 中山11R 日経賞(G2) 1着 12番 ガンコ

表5は前走着順別成績。近5年の勝ち馬5頭はいずれも前走で連対を果たしていた。前走1着だった馬は昨年のガンコら最多の3勝をあげている。それら勝ち馬3頭はいずれも前走2400〜2500mのレースで勝利をおさめていた。また、前走2着馬は一昨年のシャケトラら2勝をあげ、連対率・複勝率42.9%は前走1着馬を上回っている。

なお、注意したいのが前走10着以下だった馬。巻き返して好走した3頭は前走JCもしくは有馬記念で、前走有馬記念組の2頭は過去に日経賞を勝利した経験があった。

■表6 日経賞の馬体重別成績(過去5年)

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
420〜439kg 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 140%
440〜459kg 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0% 54%
460〜479kg 1- 0- 0-12/13 7.7% 7.7% 7.7% 41% 16%
480〜499kg 1- 1- 4-21/27 3.7% 7.4% 22.2% 12% 93%
500〜519kg 2- 2- 0- 6/10 20.0% 40.0% 40.0% 127% 139%
520〜539kg 1- 1- 0- 5/ 7 14.3% 28.6% 28.6% 28% 54%

2017/3/25 中山11R 日経賞(G2) 1着 13番 シャケトラ

最後に表6は出走時の馬体重別成績。少数ながら黄色で強調した500kg以上の大型馬が3勝。特に500〜519kgの馬は一昨年のシャケトラ、昨年のガンコと近2年続けて勝利しており、連対率・複勝率40%と優秀だ。これら500kg以上の大型馬が近5年の連対馬10頭中6頭までを占めている。

なお、出走数が最も多い480〜499kgの馬は16年ゴールドアクターの1勝のみで、3着が4回と多い。今回の日経賞でも馬体重をチェックして、500kg以上の大型馬を積極的に狙っていきたい

ライタープロフィール

ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)