JVLinkToSQLite|競馬ソフト使い放題 DataLab.(データラボ)|競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

DataLab.(データラボ) 会員サービス
JVLinkToSQLite 0.1.0

このソフトのおすすめポイント

JRA-VANデータをSQLiteデータベースに変換するツールです。

作者のホームページ

ご利用までの手順

今すぐダウンロード

作者からのソフト紹介

アピールポイント

JVLinkToSQLiteは、独自性が強い競馬データ(JV-Data)を、データ分析においてより一般的なフォーマットであるSQLiteデータベースに変換することが可能です。さらに、JVLinkToSQLiteは大部分がオープンソースです。新しく競馬ソフトを開発する際、JV-Dataを本ツールによって変換させれば、開発者は本当にやりたい予想理論の実装や支援機能の開発に注力できるようになるでしょう。

機能詳細

・以下JV-DataのSQLiteデータベース化をサポート:
 ・特別登録馬
 ・レース詳細
 ・馬毎レース情報
 ・払戻
 ・票数
 ・オッズ(単複枠/馬連/ワイド/馬単/3連複/3連単)
 ・競走馬マスタ
 ・騎手マスタ
 ・調教師マスタ
 ・生産者マスタ
 ・馬主マスタ
 ・繁殖馬マスタ
 ・産駒マスタ
 ・出走別着度数
 ・レコードマスタ
 ・坂路/ウッドチップ調教
 ・競走馬市場取引価格
 ・馬名の意味由来
 ・開催スケジュール
 ・系統情報
 ・コース情報
 ・タイム型/対戦型データマイニング予想
 ・重勝式(WIN5)
 ・競走馬除外情報
 ・馬体重
 ・天候馬場状態
 ・出走取消・競走除外
 ・騎手変更
 ・発走時刻変更
 ・コース変更
・配信タイミングは、蓄積系/速報系/セットアップデータに対応

ソフト概要

作者 杉浦彰(urasandesu)
E-Mail : urasandesu@gmail.com
作者ホームページはこちら
更新日 2024/1/14
利用料金 フリーウェア(無料)
ソフトウェア対応JV-LINK 32bit
キーワード データベース
対応OS
  • ※Windows(10 64bit)
特記事項 蓄積系 (ディスク容量:20GB)
更新内容 ・初版リリース

ソフト操作マニュアル

■インストール
ダウンロードした自己解凍形式ファイルをダブルクリックすると、同フォルダに「JVLinkToSQLiteArtifact」というフォルダが展開されます。このフォルダの中にJVLinkToSQLite本体とマニュアルが収録されています。

■初期設定
展開されたフォルダでコマンドプロンプトを開き、「.\jvlinktosqlite -m init」のオプションでJVLinkToSQLiteを実行することで、JV-Link設定を行います。

■実行
展開されたフォルダでコマンドプロンプトを開き、「.\jvlinktosqlite -m exec」のオプションでJVLinkToSQLiteを実行することで、データのダウンロードとSQLiteデータベースへの変換を行います。実行時に作られる「setting.xml」の内容を書き換えることで、対象データの取捨選択も可能です。

■アンインストール
展開されたフォルダを削除してください。

その他、詳しい使用方法などは同梱されているマニュアルをご参照ください。

その他

作者推奨環境
CPU
Core i3相当以上
メインメモリ容量
4GB以上
ハードディスク空き容量
50GB以上
ディスプレイ解像度
1024×768以上
通信回線速度
FTTH(光)回線以上

製品情報

  • JRA-VAN ネクスト
  • JRA-VAN データラボ
  • JRA-VAN TRY
  • JRA-VAN スマホアプリ

オプション

  • JRAレーシングビュアー

有料会員サービス

  • パドックアイ