G1特集 第77回 菊花賞G1特集 第77回 菊花賞

レース情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > 菊花賞 > 2016 > レース情報

菊花賞とは?

レース情報

昨年の菊花賞のスタート直後。皐月賞・日本ダービーに続く牡馬三冠最終戦で、芝3000mの長丁場を乗り切るスタミナが不可欠な一戦だ。夏を越えて、頂点に立つのは?

牡馬クラシック三冠の最終戦

1938年にイギリス最古のクラシック競走・セントレジャーに範をとり、「京都農林省賞典四歳呼馬」の名で創設。春の皐月賞・日本ダービーに続く牡馬クラシック三冠の最終戦として位置付けられている。第1回から京都競馬場・芝3000mで施行(79年のみスタンド改修により阪神で開催)。48年にレース名が現在の「菊花賞」へと改称された。

84年のグレード制導入ではG1に格付け。95年には地方馬の出走が認められ、01年からは外国産馬も出走可能となった。10年には国際競走に指定。外国馬は最大9頭まで出走できるようになった。

未経験の距離で生み出されるドラマ

二冠目の日本ダービーから時期が離れており、また未経験の3000mというスタミナが問われる舞台でこれまでさまざまなドラマが生み出されてきた。

見事に三冠を達成したディープインパクトやオルフェーヴル。惜しくも三冠を阻まれたミホノブルボン、ネオユニヴァース。一流のステイヤーとして第一歩を踏み出したライスシャワーや昨年のキタサンブラック。夏の勢いそのままに頂点へと駆け上がったオウケンブルースリやトーホウジャッカル。

春の実績馬が実力を見せるのか、スタミナ豊富な夏の上がり馬が台頭するのか。長距離戦ならではのジョッキーたちの駆け引きも含めて、目が離せない一戦だ。

ディープ産駒の上位独占を破れるか

今年はディーマジェスティが制した皐月賞、マカヒキが勝利した日本ダービーともに上位3着までをディープインパクト産駒が独占。今回はマカヒキこそいないものの、二冠を目指すディーマジェスティ、クラシック制覇のラストチャンスにかけるサトノダイヤモンドが出走を予定している。

実績馬では皐月賞・ダービーともに4着のエアスピネル、上がり馬では神戸新聞杯でサトノダイヤモンドに際どく迫ったミッキーロケット、条件戦を連勝中のウムブルフやジュンヴァルカンらがスタンバイ。

京都の長丁場を乗り越えて最後の栄冠をつかむのはどの馬か、注目のスタートが迫っている。