Jpn1特集 第18回 JBCスプリントJpn1特集 第18回 JBCスプリント

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > 2018 JBC競走 > JBCスプリント > 血統分析

京都ダートでキタサンミカヅキの浮上に期待!

1)母父ミスタープロスペクター系が奮闘

過去5年のJBCスプリントで連対した馬の父と母父は下記の通り。父ではサンデーサイレンス系を含むヘイルトゥリーズン系が好調、ノーザンダンサー系が連対なし。母父ではミスタープロスペクター系の奮闘が目立つ。

◎プラス評価……母父ミスタープロスペクター系
 ○プラス評価……父サンデーサイレンス系を含むヘイルトゥリーズン系
 ●マイナス評価…父ノーザンダンサー系

【JBCスプリント 過去5年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

コース 連対馬
母の父
父の系統 母父の系統
2017 大井1200 1 ニシケンモノノフ メイショウボーラー
アフリート
その他のヘイルトゥリーズン系 ミスタープロスペクター系
2 コパノリッキー ゴールドアリュール
ティンバーカントリー
サンデーサイレンス系 ミスタープロスペクター系
2016 川崎1400 1 ダノンレジェンド Macho Uno
Storm Cat
その他の系統 ノーザンダンサー系
2 ベストウォーリア Majestic Warrior
Mr.Greeley
ナスルーラ系 ミスタープロスペクター系
2015 大井1200 1 コーリンベリー サウスヴィグラス
ミシックトライブ
ミスタープロスペクター系 ミスタープロスペクター系
2 ダノンレジェンド Macho Uno Storm Cat
その他の系統 ノーザンダンサー系
2014 盛岡1200 1 ドリームバレンチノ ロージズインメイ マイネルラヴ
その他のヘイルトゥリーズン系 ミスタープロスペクター系
2 サトノタイガー キングカメハメハ サンデーサイレンス
ミスタープロスペクター系 サンデーサイレンス系
2013 金沢1400 1 エスポワールシチー ゴールドアリュール ブライアンズタイム
サンデーサイレンス系 その他のヘイルトゥリーズン系
2 ドリームバレンチノ ロージズインメイ マイネルラヴ
その他のヘイルトゥリーズン系 ミスタープロスペクター系
2)父ノーザンダンサー系が巻き返す?

今年のJBCスプリントは京都のダート1200mで実施されるが、JRAのダート1200m戦・オープン以上のレースでは父ノーザンダンサー系が最多の11勝、勝率も高い。地方の競馬場で実施された過去5年は苦戦していたノーザンダンサー系。舞台が京都に移ることで巻き返す可能性もありそうだ。

○要注意…………父ノーザンダンサー系の巻き返し

【JRAダート1200m/オープン以上 種牡馬の系統別成績】
(2016年〜2018年10月21日)

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 4 8 4 76 5.3% 15.8% 21.1%
その他のヘイルトゥリーズン系 2 1 4 37 5.4% 8.1% 18.9%
ミスタープロスペクター系 3 5 5 70 4.3% 11.4% 18.6%
ノーザンダンサー系 11 7 8 117 9.4% 15.4% 22.2%
ナスルーラ系 3 3 3 37 8.1% 16.2% 24.3%
その他の系統 2 1 1 29 6.9% 10.3% 13.8%
3)京都のダート1200m戦では父ナスルーラ系が健闘

京都のダート1200mにおける種牡馬系統別成績を、準オープン以上に絞って調べてみた。ここでは父ナスルーラ系が健闘。ダート1200m/オープン以上のレース全体でも勝率の低かった父ミスタープロスペクター系が勝ちあぐねている点も気になる。

○プラス評価……父ナスルーラ系
 ●マイナス評価…父ミスタープロスペクター系

【京都ダート1200m/1600万下以上 種牡馬の系統別成績】
(2016年〜2018年10月21日)

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 7 3 4 87 8.0% 11.5% 16.1%
その他のヘイルトゥリーズン系 1 0 1 15 6.7% 6.7% 13.3%
ミスタープロスペクター系 4 9 10 120 3.3% 10.8% 19.2%
ノーザンダンサー系 6 6 8 77 7.8% 15.6% 26.0%
ナスルーラ系 7 7 1 62 11.3% 22.6% 24.2%
その他の系統 0 0 1 6 0.0% 0.0% 16.7%
4)母父ナスルーラ系がやや優位

京都のダート1200mにおける母父の成績もチェック。さまざまな系統から勝ち馬が出ているが、勝率面ではナスルーラ系、サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系が優位。いっぽう過去5年のJBCスプリントでは多数の連対馬を出しているミスタープロスペクター系が全系統中最低の勝率。気になるデータだ。

○プラス評価……母父ナスルーラ系/母父ヘイルトゥリーズン系
 ●要注意…………母父ミスタープロスペクター系

【京都ダート1200m/1600万下以上 母父の系統別成績】
(2016年〜2018年10月21日)

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 5 9 2 78 6.4% 17.9% 20.5%
その他のヘイルトゥリーズン系 3 1 3 33 9.1% 12.1% 21.2%
ミスタープロスペクター系 4 5 5 78 5.1% 11.5% 17.9%
ノーザンダンサー系 7 5 10 113 6.2% 10.6% 19.5%
ナスルーラ系 3 2 3 30 10.0% 16.7% 26.7%
その他の系統 3 3 2 35 8.6% 17.1% 22.9%
結論

JBCスプリントそのものの傾向からは、父はサンデーサイレンス系を含むヘイルトゥリーズン系、母父はミスタープロスペクター系というタイプが狙い目、父ノーザンダンサー系は軽視。有力なのは連覇を目指すニシケンモノノフ、ウインムート、グレイスフルリープあたりだ。

京都開催である点を重視するなら父はノーザンダンサー系とナスルーラ系、母父はナスルーラ系とヘイルトゥリーズン系が浮上し、ミスタープロスペクターの血は割引材料となる。この場合、面白いのは父キングヘイロー×母父サクラバクシンオーのキタサンミカヅキ。地方移籍後に重賞で善戦を続けていて、昨年・大井でのこのレースは5着。京都に移ることで着順アップの可能性を秘める存在だ。

【キタサンミカヅキの血統表】

この表は右にスクロールできます。

キングヘイロー
 King Halo
 1995年 鹿毛(新冠町)
*ダンシングブレーヴ
 Dancing Brave
 1983年 鹿毛(米)
Lyphard
1969年(米)
Northen Dancer Nearctic
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
Navajo Princess
1974年
Drone Sir Gayload
Cap and Bells
Olmec Pago Pago
Chocolate Beau
*グッバイヘイロー
 Goodbye Halo
 1985年 栗毛(米)
Halo
1969年(米)
Hail to Reason Turn-to
Northirdchance
キタサンミカヅキ
 Kitasan Mikazuki(JPN)
 牡 8歳 
 父15歳・母 9歳時産駒
 2010年 鹿毛(日高町)
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Pound Foolish
1979年
Sir Ivor Sir Gayload
Attica
Squander Buckpassaer
Discipline
サクラバクシンオー
 Sakura Bakushin O
 1989年 鹿毛(早来町)
サクラユタカオー
1982年 栗毛(静内町)
*テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
アンジェリカ *ネヴァービート
スターハイネス
サクラハゴロモ
1984年 鹿毛(早来町)
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
キタサンジュエリー
 Kitasan Jewelry
 2001年 黒鹿(門別町)
*クリアアンバー Ambiopoise
One Clear Call
キタサンコール
 Kitasan Call
 1986年 黒鹿(浦河町)
*アーティアス
1974年 鹿毛(米)
Round Table Princequillo
Knight's Daughter
Stylish Pattern My Babu
Sunset Gun
パーセント
1978年 鹿毛(青森県)
*バーバー Princely Gift
Desert Girl
タケユタカ *パーソロン
ハヤススム