Jpn1特集 第8回 JBCレディスクラシックJpn1特集 第8回 JBCレディスクラシック

有力馬情報

競馬予想・競馬情報トップ > 2018 JBC競走 > JBCレディスクラシック > 有力馬情報

ラビットラン ブリーダーズゴールドカップを完勝

前走ブリーダーズゴールドカップ(門別)では先団の追走から4コーナーの手前で動き、逃げたプリンシアコメータに襲い掛かった。最後の直線では内から並びかけると、間もなく交わして4馬身突き抜ける完勝劇を演じた。デビュー戦で京都ダート1400mを好時計で圧勝しており、ダートの素質はあった馬だ。ただ、まだつかみどころがない面がある。初の重賞勝ちは芝のローズSだし、2走前のスパーキングレディーカップ(川崎)では3着に敗れている。血統的には芝よりもダート向きの印象だが、果たしてどうなるか。あっさり勝利する可能性がある一方で、ひと息の内容で終わる懸念もある。

プリンシアコメータ 前哨戦のレディスプレリュードを勝利

中央のダートでは1600万クラスの丹沢Sで2着が最高成績。しかし、牝馬限定のダートグレードに舞台を移すと、いきなり昨年のJBCレディスクラシックで2着に善戦。その後はクイーン賞(船橋)、レディスプレリュード(大井)と1800mの重賞を2勝した。気持ちが乗った先行力が武器で、レースの流れに乗ることができれば非常にしぶとい。今年の平安Sでは11着に惨敗しており、中央のダートに戻る点はマイナス材料だが、この時は牡馬が相手。牝馬同士の戦いであれば、また話は違ってくる。いい勝負に持ち込むことができるだろう。

クイーンマンボ 実力馬だが近走は不満

グランド牧場の生産馬で、近親にはスズカマンボ(天皇賞・春)やスプリングサンダー(阪急杯2着)がいる。ダートで大きいところを狙えると期待されている素質馬だ。ただ、ここまで強さともろさの両面が見える。昨年のレディスプレリュードでは女王ホワイトフーガを8馬身ぶっちぎる圧勝、そして今年の平安Sはサンライズソアの2着と、非常に強い走りだった。一方で、2走前は1番人気で大きく離された3着。前走はダートで初めてと言える大敗で7着。かなり心配な内容だ。しっかりと力を発揮できるかどうかが、最大の焦点だ。

アンジュデジール ベストは左回りだが

3歳時の関東オークス(川崎)ではクイーンマンボに力の違いを見せつけられたが、本馬も安定して成績を残し、じわじわと力もつけている。今年のエンプレス杯ではプリンシアコメータ以下に勝利。続くマリーンC(船橋)ではクイーンマンボに競り勝った。ベストは左回りで、距離もマイルぐらいがベスト。それでも2走前のエルムSは重馬場で時計も速い中、5着とよく頑張った。右回りの中距離でもやれる手ごたえはある。大井の1800mだけは、嫌な感触があるので、コース替わりはプラス。なんとか上位争いに食い込みたい。

フォンターナリーリ ここでも通用していい血統馬

前走ブリーダーズゴールドカップが重賞初挑戦。結果は上位陣にやや離された4着だったが、相手は強かったし、経験値の差も出た印象。通常、中央で1600万クラスを勝てるぐらいの馬であれば、牝馬限定のダートグレードで十分勝負になる。キャリアを積んでいくことで、力もついていくし、前走からの上積みはあるとみるべきだ。京都のダートコースは【3.1.2.0】の成績である点も大きな魅力。走りなれていることが、他の実績馬に対してアドバンテージになる。近親にヴァーミリアンやソリタリーキングがいるダートの超一流血統であることも注目したい。