Jpn1特集 第8回 レディスクラシックJpn1特集 第8回 レディスクラシック

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > 2018 JBC競走 > JBCレディスクラシック > 血統分析

父ノーザンダンサー系のアンデスクイーンが穴で面白い!

1)父サンデーサイレンス系とノーザンダンサー系の争い

過去5年のJBCレディスクラシックで連対した馬の父・母父は下記の通り。勝ち馬の実頭数は父サンデーサイレンス系(SS系)が2頭、父ノーザンダンサー系も2頭で、アタマで買うならどちらかだろう。母父はSS系、ミスタープロスペクター系、ノーザンダンサー系の三つ巴だ。

○プラス評価……父サンデーサイレンス系/ノーザンダンサー系
 ○プラス評価……母父サンデーサイレンス系/ミスタープロスペクター系/ノーザンダンサー系

【JBCレディスクラシック 過去5年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

コース 連対馬 母の父
父の系統 母父の系統
2017 大井1800 1 ララベル ゴールドアリュール ティンバーカントリー
サンデーサイレンス系 ミスタープロスペクター系
2 プリンシアコメータ スパイキュール アジュディケーティング
サンデーサイレンス系 ノーザンダンサー系
2016 川崎1600 1 ホワイトフーガ クロフネ フジキセキ
ノーザンダンサー系 サンデーサイレンス系
2 レッツゴードンキ キングカメハメハ マーベラスサンデー
ミスタープロスペクター系 サンデーサイレンス系
2015 大井1800 1 ホワイトフーガ クロフネ フジキセキ
ノーザンダンサー系 サンデーサイレンス系
2 サンビスタ スズカマンボ ミシル
サンデーサイレンス系 ミスタープロスペクター系
2014 盛岡1800 1 サンビスタ スズカマンボ ミシル
サンデーサイレンス系 ミスタープロスペクター系
2 トロワボヌール バゴ サンデーサイレンス
ナスルーラ系 サンデーサイレンス系
2013 金沢1500 1 メーデイア キングヘイロー Lord Avie
ノーザンダンサー系 その他の系統
2 アクティビューティ バゴ ワッスルタッチ
ナスルーラ系 ノーザンダンサー系
2)京都のダート1800mでは父ノーザンダンサー系

今回の舞台である京都のダート1800m戦では、父ノーザンダンサー系の成績が頭ひとつ抜けている。このレースそのものの傾向と合わせて心強いデータだ。父サンデーサイレンス系も悪くない。軽視したいのは父ナスルーラ系とミスタープロスペクター系だ。

◎プラス評価……父ノーザンダンサー系
 ○プラス評価……父サンデーサイレンス系
 ●マイナス評価…父ナスルーラ系/ミスタープロスペクター系

【京都ダート1800m/1600万下以上 種牡馬の系統別成績】
(2016年〜2018年10月21日)

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 10 6 4 128 7.8% 12.5% 15.6%
その他のヘイルトゥリーズン系 2 2 4 35 5.7% 11.4% 22.9%
ミスタープロスペクター系 4 9 11 92 4.3% 14.1% 26.1%
ノーザンダンサー系 7 4 1 42 16.7% 26.2% 28.6%
ナスルーラ系 1 2 4 25 4.0% 12.0% 28.0%
3)母父はSS系以外のヘイルトゥリーズン系

同じく京都ダート1800mにおける母父の系統別成績を見ると、SS系以外のヘイルトゥリーズン系が上々、これをミスタープロスペクター系とノーザンダンサー系が追う。サンデーサイレンス系は2着3着が多く、勝率は目を覆いたくなる低さだ。

◎プラス評価……母父SS系以外のヘイルトゥリーズン系
 ○プラス評価……母父ミスタープロスペクター系/ノーザンダンサー系
 ●マイナス評価…母父サンデーサイレンス系

【京都ダート1800m/1600万下以上 母父の系統別成績】
(2016年〜2018年10月21日)

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 1 8 7 61 1.6% 14.8% 26.2%
その他のヘイルトゥリーズン系 4 3 2 32 12.5% 21.9% 28.1%
ミスタープロスペクター系 8 6 3 88 9.1% 15.9% 19.3%
ノーザンダンサー系 8 3 8 89 9.0% 12.4% 21.3%
ナスルーラ系 2 2 2 34 5.9% 11.8% 17.6%
その他の系統 1 2 2 19 5.3% 15.8% 26.3%
4)牝馬限定戦に強いのは父ミスタープロスペクター系

ちなみにJRAのダート1800mでおこなわれた牝馬限定戦では、父ミスタープロスペクター系が優秀な勝率をマーク。マイナー血統も健闘している。逆にSS系以外のヘイルトゥリーズン系とナスルーラ系は不振だ。

◎プラス評価……父ミスタープロスペクター系
 ●マイナス評価…母父SS系以外のヘイルトゥリーズン系/ナスルーラ系

【JRAダート1800m牝馬限定戦/500万下以上 種牡馬の系統別成績】
(2016年〜2018年10月21日)

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 38 46 43 622 6.1% 13.5% 20.4%
その他のヘイルトゥリーズン系 3 5 8 99 3.0% 8.1% 16.2%
ミスタープロスペクター系 43 23 43 412 10.4% 16.0% 26.5%
ノーザンダンサー系 22 31 18 304 7.2% 17.4% 23.4%
ナスルーラ系 5 10 2 101 5.0% 14.9% 16.8%
その他の系統 5 1 2 35 14.3% 17.1% 22.9%
結論

種牡馬系統の一番手はノーザンダンサー系、次いでサンデーサイレンス系。牝馬限定戦ならミスタープロスペクター系にも上昇の余地があり、ナスルーラ系は軽視。母父ではSS系以外のヘイルトゥリーズン系だが、牝馬限定戦に不安を残すため、ミスタープロスペクター系とノーザンダンサー系も差はない。こちらもナスルーラ系は軽視。

父サンデーサイレンス系では、クイーンマンボは母父がSS系以外のヘイルトゥリーズン系で、どちらに転ぶか未知数。プリンシアコメータ、ブランシェクール、カワキタエンカは母父ノーザンダンサー系、アイアンテーラーが母父ミスタープロスペクター系で不安なし。ラビットランは父がナスルーラ系Tapitがマイナスだ。

サルサディオーネは父ゴールドアリュール、母父が「その他の系統」に該当するリンドシェーバーで逃げ切りがあっても不思議ではない。父タートルボウル×母父キングカメハメハのアンデスクイーンが、出てくれば狙ってみたい穴馬だ。

【アンデスクイーンの血統表】

この表は右にスクロールできます。

*タートルボウル
 Turtle Bowl
 2002年 鹿毛(愛)
Dyhim Diamond
 1994年
Night Shift
1980年
Northen Dancer Nearctic
Natalma
Ciboulette Chop Chop
Windy Answer
Happy Landing
1984年
Homing Habitat
Heavenly Thought
Laughing Goddess Green God
Gay Baby
Clara Bow
 1990年
Top Ville
1976年
High Top Derring-Do
Camenae
アンデスクイーン
 Andes Queen(JPN)
 牝 4歳 
 父12歳・母 6歳時産駒
 2014年 栗毛(安平町)
Sega Ville Charlottesville
La Sega
Kamiya
1975年
Kalamoun Zeddaan
Khairunissa
Shahinaaz Venture
Cherry
キングカメハメハ
 King Kamehameha
 2001年 鹿毛(早来町)
Kingmambo
1990年 (米)
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Miesque Nureyev
Pasadoble
*マンファス
1991年 黒鹿(愛)
Last Tycoon Try My Best
Mill Princess
レイナカスターニャ
 Reina Castana
 2008年 栗毛(安平町)
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
ナスカ
 Nasca
 2003年 鹿毛(早来町)
*サンデーサイレンス
1986年 青鹿(米)
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
アンデスレディー
1986年 栗毛(早来町)
*ノーザンテースト Northen Dancer
Lady Victoria
ペルースポート ガーサント
グレートターフ