Jpn1特集 第18回 JBCクラシックJpn1特集 第18回 JBCクラシック

調教情報

競馬予想・競馬情報トップ > 2018 JBC競走 > JBCクラシック > 調教情報

ケイティブレイブ

地方遠征から帰厩後もきちんと乗り込まれており、調整過程は順調だ。ここ2週は福永騎手を背に単走で、先週はWコースで終いだけ追われるごく軽めの内容に終始。今週は坂路で最初の200mから13秒台の速い入りで、後半400mでは若干口向きの悪さは見せていたものの、動き自体はまずまずだった。休み明けの前走から大きな上積みは感じられないが、良い意味での平行線という印象だ。

サンライズソア

前走から中4週で中間の追い切りが3本というのは少ないが、強めの内容が中心ということを考慮すれば問題ない範囲と見ていいだろう。ここ2週は岩崎騎手を背に坂路単走で、先週は内を回ったとはいえ、800m52.0秒と速い時計をマーク。今週は終始馬なりだったが、動きは悪くなかった。体調面に問題はなさそうだが、輸送距離の短い京都で最終追いが軽すぎる点は若干気がかりだ。

オメガパフューム

前走後は放牧を挟んだが、10月中旬に帰厩後は坂路で4本の追い切りを消化しており、調整過程は順調と見ていい。ここ2週は助手を背に格下馬と併せ、先週は最後やや左にモタれる面こそ見せたが、軽快な動きを披露。今週は重い馬場で800m52.7秒としっかり負荷をかける内容で、最後も余裕残しの手応えできっちり先着した。万全の仕上がりと見てよさそうだ。

アポロケンタッキー

前走の5日後には坂路入りを再開して入念に乗り込まれており、調整過程は順調そのものといえる。ここ2週は坂路単走で、先週は助手を背に一杯に追われて800m52.6秒の好時計をマークし、ラスト200mも12秒台でまとめた。今週はM.デムーロ騎手を背にびっしり追われ、最内を回った分もあるにせよ800m51.8秒は好時計と言っていい。現時点での実力はきっちり出し切れる状態だ。

ノンコノユメ

盛岡から帰厩後もきちんと乗り込まれており、調整過程は順調だ。ここ2週はWコースで僚馬と併せ、先週は内田騎手を背に3頭併せの真ん中に入って一杯に追われるも2頭に遅れた。今週は助手を背に格下馬に先行する形から、最後は楽な手応えの相手にほぼ併入だった。元々Wコースでの追い切りは動かないが、この中間は時計的にも特に平凡な印象で、好調時に比べると今一息に映る。

その他の出走馬

テイエムジンソクはここ2週、古川騎手を背にWコース単走で一杯に追われ、馬場の荒れた時間帯ということもあって目立つ動きではないものの、この馬なりには走れており状態面には問題なし。サウンドトゥルーは先週の動きは今一つだったが、大野騎手が騎乗した今週はしっかり動けており、力を出せる状態。クリソライトは1年以上のブランク明けだが、中間の追い切り時計や動きからは昨春時と遜色ない内容で、力を出せる仕上がりにはありそうだ。