Jpn1特集 第18回 JBCクラシックJpn1特集 第18回 JBCクラシック

血統分析

競馬予想・競馬情報トップ > 2018 JBC競走 > JBCクラシック > 血統分析

父ノーザンダンサー系×母父ミスプロ系のアポロケンタッキーに期待!

1)主要4系統なら問題なし

過去5年のJBCクラシックでは、父サンデーサイレンス系(SS系)のコパノリッキーが連覇、ミスタープロスペクター系、ナスルーラ系、ノーザンダンサー系が各1勝で、この主要4系統は問題なさそう。母父もサンデーサイレンス系、ミスタープロスペクター系、ナスルーラ系なら大丈夫だが、ノーザンダンサー系は連対なしで評価を落としたい。

SS系以外のヘイルトゥリーズン系は、父・母父どちらに入っても不利となるかも知れない。

○プラス評価……父サンデーサイレンス系/ミスタープロスペクター系/ナスルーラ系/ノーザンダンサー系
 ●マイナス評価…母父ノーザンダンサー系/SS系以外のヘイルトゥリーズン系

【JBCスプリント 過去5年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

コース 連対馬
母の父
父の系統 母父の系統
2017 大井2000 1 サウンドトゥルー フレンチデピュティ フジキセキ
ノーザンダンサー系 サンデーサイレンス系
2 ケイティブレイブ アドマイヤマックス サクラローレル
サンデーサイレンス系 ナスルーラ系
2016 川崎2100 1 アウォーディー ジャングルポケット サンデーサイレンス
ナスルーラ系 サンデーサイレンス系
2 ホッコータルマエ キングカメハメハ Cherokee Run
ミスタープロスペクター系 ナスルーラ系
2015 大井2000 1 コパノリッキー ゴールドアリュール ティンバーカントリー
サンデーサイレンス系 ミスタープロスペクター系
2 サウンドトゥルー フレンチデピュティ フジキセキ
ノーザンダンサー系 サンデーサイレンス系
2014 盛岡2000 1 コパノリッキー ゴールドアリュール ティンバーカントリー
サンデーサイレンス系 ミスタープロスペクター系
2 クリソライト ゴールドアリュール エルコンドルパサー
サンデーサイレンス系 ミスタープロスペクター系
2013 金沢2100 1 ホッコータルマエ キングカメハメハ Cherokee Run
ミスタープロスペクター系 ナスルーラ系
2 ワンダーアキュート カリズマティック Pleasant Tap
ノーザンダンサー系 その他の系統
2)中央の勢力図では父ノーザンダンサー系がリード

JRAのダート1800m以上/オープン以上という条件では、父ノーザンダンサー系の勝率がかなり高い。SS系以外のヘイルトゥリーズン系と「その他」の系統は割引が必要だ。

◎プラス評価……父ノーザンダンサー系
 ●マイナス評価…父SS系以外のヘイルトゥリーズン系/その他の系統

【JRAダート1800m以上/オープン以上 種牡馬の系統別成績】
(2016年〜2018年10月21日)

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 19 27 15 316 6.0% 14.6% 19.3%
その他のヘイルトゥリーズン系 5 6 11 101 5.0% 10.9% 21.8%
ミスタープロスペクター系 17 13 18 231 7.4% 13.0% 20.8%
ノーザンダンサー系 13 9 5 102 12.7% 21.6% 26.5%
ナスルーラ系 5 3 9 75 6.7% 10.7% 22.7%
その他の系統 0 1 1 9 0.0% 11.1% 22.2%
3)京都のダート1900mでは父ナスルーラ系が好調

今回のJBCクラシックは京都のダート1900mで実施される。このコースでは父ナスルーラ系が好調。父サンデーサイレンス系も、勝利数が多く勝率も標準以上だ。

◎プラス評価……父ナスルーラ系
 ○プラス評価……父サンデーサイレンス系
 ●マイナス評価…父SS系以外のヘイルトゥリーズン系

【京都ダート1900m 種牡馬の系統別成績】
(2016年〜2018年10月21日)

この表は右にスクロールできます。

種牡馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 26 27 27 296 8.8% 17.9% 27.0%
その他のヘイルトゥリーズン系 4 5 7 91 4.4% 9.9% 17.6%
ミスタープロスペクター系 17 20 11 221 7.7% 16.7% 21.7%
ノーザンダンサー系 5 4 8 83 6.0% 10.8% 20.5%
ナスルーラ系 5 0 5 41 12.2% 12.2% 24.4%
その他の系統 0 1 0 15 0.0% 6.7% 6.7%
4)母父ミスタープロスペクター系の勝率が高い

同じく京都のダート1900mにおける母父の系統別成績が下表。ミスタープロスペクター系の勝率が10%を超え、SS系以外のヘイルトゥリーズン系も僅差。それ以外は、ほぼ横並びの印象だ。

◎プラス評価……母父ミスタープロスペクター系
 ○プラス評価……母父SS系以外のヘイルトゥリーズン系

【京都ダート1900m 母父の系統別成績】
(2016年〜2018年10月21日)

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 8 16 11 145 5.5% 16.6% 24.1%
その他のヘイルトゥリーズン系 7 5 3 71 9.9% 16.9% 21.1%
ミスタープロスペクター系 18 17 16 169 10.7% 20.7% 30.2%
ノーザンダンサー系 16 13 21 234 6.8% 12.4% 21.4%
ナスルーラ系 4 3 5 78 5.1% 9.0% 15.4%
その他の系統 4 3 2 50 8.0% 14.0% 18.0%
結論

JBCクラシックと中央での成績を総合すると、種牡馬はノーザンダンサー系、ナスルーラ系、サンデーサイレンス系、ミスタープロスペクター系の順に有力。SS系以外のヘイルトゥリーズン系とマイナー血統は割引だ。

母父はミスタープロスペクター系、サンデーサイレンス系の順。SS系以外のヘイルトゥリーズン系もコース成績はいいがJBCクラシックとの相性が悪い。ノーザンダンサー系もマイナスのファクターだ。

父ノーザンダンサー系では、アポロケンタッキーとテイエムジンソクが母父ミスタープロスペクター系、サウンドトゥルーが母父サンデーサイレンス系で有力。父サンデーサイレンス系ではクリソライトが母父ミスタープロスペクター系で好走可能。父ミスタープロスペクター系×母父サンデーサイレンス系のオメガパフュームとノンコノユメが続く。

ケイティブレイブは母父ナスルーラ系のコース成績があまり良くない。サンライズソアは父がSS系以外のヘイルトゥリーズン系、センチュリオンは母父ノーザンダンサー系で不安が残る。

【アポロケンタッキーの血統表】

この表は右にスクロールできます。

Langfuhr
 1992年
Danzig
 1977年(米)
Northern Dancer
1981年(加)
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Pas de Nom
1968年
Admiral's Voyage Crafty Admiral
Olympia Lou
Petitioner Petition
Steady Aim
Sweet Briar Too
 1986年
Briartic
1968年
Nearctic Nearco
Lady Angela
アポロケンタッキー
 Apollo Kentucky(USA)
 牡 6歳 
 父20歳・母 7歳時産駒
 2012年 鹿毛(米)
Sweet Lady Briar Round Table
Parading Lady
Prima Babu Gum
1980年
Gummo Fleet Nasrullah
Alabama Gal
Princess Babu Our Babu
Brouhaha
Gone West
 1984年(米)
Mr.Prospector
1970年 (米)
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Secrettame
1978年
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Dixiana Delight
 2005年
Tamerett Tim Tam
Mixed Marriage
Lake Lady
 1999年
Salt Lake
1989年 (米)
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Take Lady Anne Queen City Lad
Lovita H.
Slinkylady
1992年
What a Hoist Hoist the Flag
Pinch Pie
Don't Call Debi Native Royalty
Splurge a Little