ダーレー・キャッスルパーク
牧場現地リポート

新坂路の効果絶大!

「ダーレー・キャッスルパーク」は北海道日高町にあるダーレー・ジャパンの育成本拠地。18年12月に全長1200m(勾配約4%)の坂路が完成し、これを利用した初年度から、ウーマンズハート(新潟2歳S)、ダーリントンホール(共同通信杯)らを筆頭に、育成馬が目覚ましい活躍を見せている。

レーシングオフィスアドミニストレーターの増田悠弥氏は、「坂路の効果で全体的なデビュー時期を早めることができ、本州の育成場・厩舎との連携もクラシックを意識した内容に改善してきました。現3歳世代で結果が出たことは、喜ばしく思っており、自信にもつながっています。成功体験として今後に生かしたいです」
と、話した。

レディオブオペラ18 (牡・父ディープインパクト)は、現4歳の半姉・3歳の全姉が共に新馬勝ちを収めている。期待の母から初の牡馬が誕生した。
「同じ時期の姉たちより調整は進んでいて、現在は坂路で15-15までこなせています。(高松宮記念でも上位人気になった)母から豊富なスピードを受け継いでいて、気性面も落ち着きがあり、芝の王道を歩んでほしいと思わせます。

早めに本州へ移動する予定で、ゲート試験後も順調なら早期デビューも視野に入るでしょう。
500キロほどありますが身のこなしに重さはなく、ポテンシャルを感じます」

続いてはLife At Best18(牡・父New Approach)。ダーリントンホール・ベストアプローチを輩出したダーレーお得意の父の産駒だ。
「日本に連れてきた産駒で結果が出ているように、ガリレオ系ながら重さがなく日本の芝に合っていますね。この馬も前進気勢のあるフォーム。ダーリントンホールがそうだったように、力強く地面を掴む走りができます。早期デビューにも対応可能ですし、クラシックロードを歩ませたいですね」

オーシャンウェイ18(牝・ハーツクライ)に関しても増田氏の声が弾む。
「スピードがあって仕上がりも早いですね。同じ父を持ち、配合も似ているウーマンズハートもそうでしたが、気の強さを見せるので、これが競馬に行って良い方に出てくれれば良いですね。ストライドの大きな走りで長い直線のある、マイル〜2000mあたりの距離が向きそうです。牝馬の大舞台を目指して頑張ってほしいですね」

ストロベリーフェア18(父・ディープインパクト)は半姉に12年フローラSを制しオークスで1番人気になったミッドサマーフェアがいる血統。
「姉たちよりタフで、負荷をかけてもカイ食いも体重も落ちません。中距離以上で結果の出ている血統ですが、機敏さがあるので1600mからでもやれそうです。GW明けの移動を目指しています」

ハッシュ18(牝・父ルーラーシップ)。母は短距離で4勝を挙げた快速馬だ。
「お母さんは夏のデビューで2歳Sにも出走し、息の長い活躍をしてくれました。この仔も母似のスピードタイプで、肩から伸びていくような柔らかみのあるフォームが特徴的です」

生産馬でのクラシック制覇も現実味を帯びてきた。