ノーザンファーム早来
中島文彦場長インタビュー

モーリス産駒が6月の東京、阪神を3つずつ勝ちます!

昨年の年度代表馬リスグラシューをはじめ、アーモンドアイやサートゥルナーリア。そして2歳GIでもサリオス、レシステンシアで2勝するなど、1年を通して主役であり続けたノーザンファーム早来。強力な先輩たちに続く、ニュースターはいったいどの馬なのか。中島文彦場長にインタビューさせていただいた。

毎年、中島場長のインタビューには"当たり"が隠されています。今年も、そんな馬を教えていただけると幸いです。

中島場長

たくさんいますから期待していてください。

昨年は、場長にサリオスの名前をいただいておきながら、厩舎でじっくり話を聞くことができませんでした。

中島場長

(取材の時点で)良い馬体をしていたので名前を挙げさせていただいたのですが、「走るであろう候補」の1頭でしたからね。思っていた以上に、競馬に行って隙のない走りができたなというのが感想です。

デビュー戦では、同じく期待馬のアブソルティスモとぶつかったわけですが、どっちが勝っても「伝説の新馬戦」になるだろうなという目で見ていました。

その時点では、どっちが勝ってもおかしくなかったと見ていたんですね。

中島場長

そうですね。甲乙つけられませんでした。

ちなみに、この2頭はいちょうSでも対決しました。

中島場長

2回負けたのでアブソルティスモは「これは参った」という形になったのではないでしょうか。でも、また一歩一歩階段を上がっていって、再戦してリベンジを果たす・・・というロマンが競馬にはあるわけですから、引き続き応援をしていただきたいと思います。

先ほど「伝説の新馬戦」という言葉が出てきましたが、毎年のようにノーザンファーム早来の伝説が6月に始まっています。

中島場長

そんなことを言われ始めてしまうと、今年は伝説になり損ねそうですね(笑)。

ただ、それだけ今年も早期デビューするラインナップが豪華だとお見受けしました。

中島場長

例年以上と言って良いと思います。早来の現2歳世代は全部で240頭くらいいるのですが、そのうちの6割である約140頭は5月までの移動が決まっています。順調にいけば約2か月後にはデビューしますので、半分くらいは8月までにデビューできるのではないでしょうか。

驚愕の数字ですね。それだけ早くからデビューできる素質馬がたくさんいるということにも驚きです。

中島場長

その大きな要因がモーリス産駒の仕上がりの早さだと思います。

モーリス自体は新馬戦を勝っていますが、連勝街道に入ったのが4歳からだったので、産駒が早くからデビューできそうなのは意外な印象も受けます。

中島場長

体が立派な馬が多いんです。今までは小さかったり筋肉量が足りない仔を出していた繁殖に付けても、父がモーリスになると馬格のあるしっかりした体の仔を出してくれる。

吉田勝己代表が絶賛されていたアドマイヤセプター18も540キロ以上ある立派な体をしていると聞きました。

中島場長

とても2歳とは思えない古馬のような風格がありますね。ちょっと大きすぎるから、緩いのかなと1歳時は心配したのですが、トレーニングを重ねて締まってきました。もちろんデビュー予定も早いですよ。

6月が待ち遠しいですね。

中島場長

モーリスの産駒で、東京阪神3つずつは勝ちます。

すごい!大胆な予告ですね。

中島場長

4つ以上勝っても何ら不思議じゃないんですよ。1400m、1600m、1800m。モーリス産駒の適性距離だと思われる新馬戦が、6月から多く組まれているのが自信の要因です。ただ良い馬が多すぎて、モーリス産駒同士がぶつかるのは避けられないかと思います。当然、他の牧場さんからも出てきますから、6月の新馬戦は相当レベルの高いレースが繰り広げられるでしょうね。

では具体的に、注目のモーリス産駒を教えていただけますか。

中島場長

まずは牡馬から。ブエナビスタ18。それこそ、お父さんが変わって、今までにないくらいしっかりした体の仔が出ました。両親のスピードもしっかり受け継いでいますよ。あと素晴らしいのはシンハライト18ブルーメンブラット18 フリーティングスピリット18。牝馬だとメチャコルタ18 サングレアル18あたりでしょうか。

それではドゥラメンテ産駒の注目馬を教えていただけますか?

中島場長

こちらも牡馬からお話ししますね。アイムユアーズ18 シーズインクルーデッド18 メジロバーミューズ18。牝馬では、ラッドルチェンド18でしょうか。同じく牝馬のスイープトウショウ18も良いですよ。

場長の一番の好みとなると、どの馬でしょうか。

中島場長

アイムユアーズ18 ですね。走りに落ち着きがあります。自分のペースを守って走ることができる。栗毛ですが、ドゥラメンテを彷彿とさせますね。

ドゥラメンテ産駒の全体的な魅力はどういった部分になりますか?

中島場長

現時点では、モーリスに比べて1か月、2か月成長が遅いかなという馬が多いのですが、シーズインクルーデッド18 は東京、ラッドルチェンド18は阪神というように、6月からを目標にできそうな馬もいます。クラシックディスタンスで勝負できそうな馬が多いので、モーリスとはフィールドも違うのかなという印象です。

続いてディープインパクト産駒について話を聞かなければいけません。

中島場長

みんな目玉ですからね(笑)。今年は特に牝馬が揃っていて、サマーハ18は素晴らしいですよ。ステファニーズキトゥン18ヘアキティー18ソーメニーウェイズ18。一番早くなりそうなのはバラダセール18

バラダセールといえば、お兄さんが弥生賞を勝ったサトノフラッグのお母さんですね。

中島場長

上に負けず劣らずの成績を収められると思いますよ。秋の時点で480キロあった馬体も468キロと、ちょうど良い具合に絞れてきました。常に順調です。牡馬だとシーヴ18ポロンナルワ18リュズキナ18あたりに期待しています。新種牡馬に負けないように頑張ってほしいですね。

今年のキングカメハメハ産駒はいかがでしょうか?

中島場長

産駒は揃っていて、特に目につくのがドナブリーニ18。あとはベルワトリング18レッドクラウディア18でしょうか。牝馬だとミクロコスモス18が良いですね。

去年より育成の頭数も多いイメージがあります。

中島場長

早来で18頭です。どちらかといえば2歳戦向きではないのですが、ここに挙げた馬は早くから動けると思っています。

残りの世代もあとわずかですね。

中島場長

華のある種牡馬ですから、まだ終わらないと思いますよ。「晩年にとんでもない仔を出した!」と騒がれるような大物が出そうな予感がします。

それではハーツクライ産駒について教えてください。

中島場長

ここは姉も走っている2頭の牡馬が良いですよ。リリサイド18マラコスタムブラダ18 ですね。

リスグラシューの全弟に、2歳女王レシステンシアの半弟ですね。

中島場長

レシステンシアを(取材の)3月時点でオススメすることは難しかったんです。1歳の秋に骨折していたので。それでも追いつくのですから、常識離れした逸材だったということですよ。2頭とも凄い姉を持つ弟たちなので、期待してあげてください。それから、セレスタ18も覚えておいて損はありません。

次の種牡馬に話を移らせていただきます。ダイワメジャーの産駒はいかがですか?

中島場長

エタリオウの半弟になるホットチャチャ18が良いですね。あとはムーングロウ18(牡)。ともに6月の阪神を目標にしています。

それではキズナ産駒のイチオシを教えてください。

中島場長

ライフフォーセール18(牝)ですね。

2歳女王ダノンファンタジーの半妹ですね。父がディープからキズナに変わったのですが、何か変化はありますか?

中島場長

お姉さんより脚が長くなりました。それにより、距離が持つような気がします。オークスでも十分に勝負になりますよ。あとクーデグレイス18(牝)も脚が長くて体が立派です。

ではキズナと同じく2世代目になるエピファネイア産駒もお願いします。

中島場長

カイゼリン18(牡)が良いですね。エピファネイアの仔は立派な馬が多いので、上が小さかったり初仔の繁殖に付けたりしているんです。この馬は特に丈夫で、走らせても良い馬だなと感じさせます。あと穴っぽいところでは、アイズオンリー18(牝)もオススメです。

穴っぽい・・・という言葉が出ましたが、一昨年に穴馬で教えていただいたクロノジェネシスがついにGI制覇まで到達しました。

中島場長

昨年のインタビューでもお話させていただいたのですが、バゴの仔は見た目も良いし、今後もコンスタントに活躍馬を出してくれると思うんですよ。

ただ、私の手元の資料では2歳世代のバゴ産駒は1頭だけになっています。

中島場長

実は、その馬を今回、とっておきの穴馬としてご紹介しようと思っていました。

二匹目のドジョウならぬ、二頭目のバゴですね(笑)。

中島場長

それがオーマイベイビー18 (牡)です。こちらも6月の阪神デビューが視野に入っています。動きを見ていると、穴とは言えません。本命と呼んでも良いくらいの走りをしています。

モーリスのライバルはFrankel?

まだまだ素質馬はいると思うのですが、これは必ず覚えて帰ったほうが良いという他の種牡馬の馬を教えてください。

中島場長

モーリスと同じマイル路線でライバルになりそうなのが、Frankel産駒だと思っています。早来に3頭いるのですが、その中でもウェイヴェルアベニュー18(牡)は完璧です。お母さんはBCスプリントを勝っているので、先々は短くなるかも知れませんが、現時点ではマイルでも十分に戦えます。

山内厩舎長も、この馬には自信を持っていられるようでした。

中島場長

それだと、穴にならないな(笑)。

いえいえ、十分な情報です(笑)。

中島場長

それでしたらもう1頭、Woodcock Moon18 (牝・父Gutaifan)はいかがでしょうか。北海道でのデビューを目標にしていますが抜群のスピードを見せています。

今年も穴馬までありがとうございました。