社台ファーム 場長インタビュー

「王道路線と個人的に好きな穴馬ならコレかな」

吉田哲哉副代表のインタビューにもあったように、新たな試みが行われた社台ファーム。斜度がきつくなった坂路を雄々しく駆け上がる若駒の様子を見ると、期待せざるを得ない。

そこで今年も、東礼治郎場長に2歳馬について話をうかがった。意外な馬の名前も出ているので、要チェックだ!

また今年も東さんに話をお聞きする時間をいただき、ありがとうございます。詳しく聞いていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

東場長

よろしくお願いします。あんまりしゃべりすぎないようにしないとな(笑)。

東場長ならではの視点に期待しております。まずは、全体的に今年の2歳馬の仕上がりはいかがでしょうか。

東場長

いい馬がいますよ。まずは、Kitten’s Dumplings17 (牡)でしょう。

お父さんがAmerican Pharoahですね。2015年にアメリカの年度代表馬にもなった名馬。お母さんも、アメリカのダートG1を勝っています。

東場長

そこまで大きな馬じゃないんだけど、筋肉が豊富。ギュッと凝縮されたような馬体をしていますね。まったくボテッとしてない。お母さんは芝でも走っているし、この馬もダートってわけじゃないと思う。フットワークから軽い芝が合っていそう。距離はマイルから2000mくらいかな。

American Pharoahはサンデーサイレンスと同じように、日本で成功するかもしれませんね。Kitten’s Dumplings17も、サンデーの仔みたいな動きをしていますから。

社台ファームらしい世界的な良血馬ですね。

続いて、新種牡馬の産駒からお伺いしたいのですが、東さんの中で目につくのはどの馬でしょうか。

東場長

スピルバーグ産駒のジプシーハイウェイ17(牝)の評判がいいですよ。

スピルバーグ産駒は、どんな特徴があるんですか。

東場長

体が丈夫です。ディープの仔よりもガッチリしている印象ですね。緩さがないというか。調教もしやすいですよ。

体が強いんですね

東場長

藤沢(和雄)調教師も、「こんないい馬なかなかいない」と言っていましたよ。兄や姉は、気性が表に出るタイプだったんですけど、この馬は落ち着いてゆったりした走りをしますね。2000m前後が合っていそう。6月の東京デビューもあるかもしれません。個人的には好きな馬ですね。

絶賛コメントが止まりませんね! ゴールドシップ産駒が気になっているのですが、いかがでしょうか。

東場長

気性とか皆さん気にしているけど、難しいということはないかな。

ゴールドシップ産駒だったら、マイジェン17がいいですよ。すでに山元トレセンに行っています。丈夫だし、走ってくると思います。

ゴールドシップの次は、2013年のダービー1〜2着のキズナとエピファネイアについてお聞かせください。

東場長

キズナは、さすがダービー馬といった感じですね。キズナの仔は全体的に柔軟で、余裕を持って走っている印象があります。決して手抜きしているわけじゃなく。そして、スピードに乗るリズムがいい。小脚が使えるタイプじゃないけど、重心が低くなってドーンと行くときの迫力がありますね。

エピファネイア産駒はどんな印象をお持ちですか。

東場長

シンボリクリスエスとは違った味がありますね。跳びがきれい。フットワーク的には1800〜2000mに適性がある馬が多いかもしれませんね。しっかりしていて完成されるのが早いと思います。

エピファネイアの仔で挙げるなら、アカンサス17(牡)、ゴールデンムーン17(牡)、アイムオールレディセクシー17。スタッフの評価が高いですね。

かなり走ってきそうですね。いよいよ、ディープインパクト産駒について聞いていきたいのですが、今年のディープだったらズバリどの馬がいいのでしょうか。

東場長

ディープもいいですよ。牡馬だったらまずは、カンビーナ17 。柔軟さを含めて、ディープのいいところを全部持っていますよ。カンビーナ自身は3歳から勝っているので、産駒も成長力があると思いますよ。

他には、ブルーミンバー17もいいと思います。心肺能力がすごく高いんです。走ってきてもケロッとしている。今のトレーニングじゃ足りないくらい(笑)。それが競馬になるとどうなるか分からないけど、測定した乳酸値は飛び抜けてよかったですね。

逸材揃いの中で、数字が飛び抜けているということは、怪物なのかもしれませんね。

牝馬のディープ産駒で注目の馬を教えてください。

東場長

そうですね。毎年いいと言っていますが、スタセリタ17 は、姉のシェーングランツよりもディープらしいですね。丸みがあって、ゴムマリのような伸縮力があって、いかにも弾けそうな馬ですよ。集中力もありますしね。

リリーオブザヴァレー17は、柔らかくて見映えがする馬ですね。中距離のほうが合っているので、桜花賞よりはオークスがいいタイプでしょう。

お兄さんのヴァンキッシュランは青葉賞を勝っていますし、確かに距離が延びたほうがよさそうですね。

続いてキングカメハメハ産駒はいかがでしょうか。第2のエアウィンザーはいるでしょうか。

東場長

ヴェルダ17(牡)はエアウィンザーみたいな馬ですよ。馬体重は470キロくらいで、スケール感があり、安定した走りをしていますね。まだ体を持て余している部分もあるし、レースを使いながら良くなっていくんじゃないかな。デビュー戦を派手に勝つようなタイプじゃないけど、G1を勝つ力を秘めていると思いますよ。

エアウィンザーのような勝負根性があれば、きっちりと勝ちきって出世していきそうですね。

東場長

それ以外だったら、エアマグダラ17(牡)は、調教でいいとわかりますよ。力強さがありますから。キンカメらしい。体もゆったりしていてパワフル。総合力がありますね。キンカメ産駒は、芝だろうがダートだろうが走るからね(笑)。

セレクトセールで1億円ですからね。

東場長

牝馬だったらルミナスハーバー17。距離はマイルくらいかな。全姉にアットザシーサイドがいるから、血統的にもスピード感がありそうですね。

ウイングレット17も、スタッフはいいと言っていますよ。ゆったり感があって、1800mくらいまでがよさそうだね。堅実な走りをしてくれるんじゃないかな。

次々と出てきて、どの馬を指名すればいいか困ってしまいそうです。

次は、大物が一発出てきそうなハーツクライ産駒はいかがでしょうか。

東場長

ハートシェイプト17(牡)はいい馬ですよ。お母さんはStorm Cat産駒なんだけど、ハーツクライと相性がよさそうだよね。血統は文句ないし、馬体も程よいサイズでバランスもいい。

あとは、スキア17(牡)もいいんじゃないかな。ヴァンドギャルド(毎日杯3着)の弟ですね。隙のない、バランスの良さがわかる体をしていますね。この春先から夏にかけてじっくりと成長させて、9月を目標にしていきたいですね。

お兄さんを超えるような活躍をしてほしいですね。

東場長

あと、ステイアライヴ17(牝)は、血統的には文句なし。まだ兄姉に活躍馬はいないんだけど、そろそろ走り時だと思います。スピードもあるし、ハーツ産駒の中では早めにいけると思います。友道厩舎だし、期待したいですね。

絶対に走る反則級の馬が登場

東さんのおかげで、王道路線はバッチリと押さえることができました! ありがとうございます。

東場長

これで十分なんじゃないですか(笑)。

ごめんなさい。まだまだ聞かせてください(笑)。ここからは、読者がなかなか気づきにくい穴馬≠、こっそり教えていただきたいなと……。

東場長

穴っぽいところですね。そうしたらタッチフォーゴールド17 (牡)とかいいと思いますよ。

お父さんは……。

東場長

フェノーメノです!

おぉっ! フェノーメノ産駒ですか。

東場長

フェノーメノは長い距離を走っていましたが、この馬はスピードがあって、距離は短めかもしれませんね。お母さんは高齢なんだけど、そのわりにしっかりとしています。最初からずっといい馬で、千葉サラブレッドセールに上場するということもあって、戸田さんも気にされていましたよ。

フェノーメノを管理していた戸田調教師ですね。フェノーメノもクラシックから活躍していましたし、成長力も十分ありそうですね。

東場長

あと、そうだ! おそらくダートだろうけど、ミラクルレジェンド17 (牡)は絶対に走る!どうやったって走ると思いますよ。反則級なんじゃないかってくらい(笑)。

今日一番テンションが上がっているように思えます(笑)。

東場長

ダートのスペシャリストとして面白い存在だと思いますよ。馬体は500キロくらいで、距離は1600mまでかな。1800mくらいまでなら、能力で持ちそうですけどね。

海外レースのポイントも有効なルールのグループだったらドラ1でもいいかもしれませんね。大きな夢を見させてくれる馬ですね。

東場長

それ以外にも面白い馬がけっこういますよ。早いうちからいける馬だったら、ジャスタウェイ産駒のマリアロワイヤル17(牡)が、500キロくらいの恵まれた体で、スタッフはいいと言っていますよ。馬体的には、長距離向きなんだけど、1800mくらいなら対応できそう。

セレクトセールで1億円超えですからね。スタッフの方々も絶賛する走りから、ジャスタウェイ産駒の大物誕生でしょうか。

東場長

スクリーンヒーロー産駒にも、オススメがいますよ。それがパーソナルレジェンド17(牡)。スクリーンヒーローの仔はあまり目立たないんだけど、動きがいいんだよね。マイルから長いところもいけると思います。あとは走り方を見ると、お父さんのいいところを受け継いでいるのがわかります。血統的には走ってもおかしくありませんよ。

確かにかなりの良血馬ですもんね。

東場長

ダイナアクトレスの血が入っていますからね。

それ以外の穴馬だったらノヴェリスト産駒のオメガハートロック17(牡)。馬体重は440キロくらいで、品のある馬。早い時期から使えそう。あとは、オルフェーヴル産駒のエアトゥーレ17 (牡)もいいですよ。

これで穴馬もバッチリです!

スティンガーのラストクロップは走る!

東場長

あ、そうだ。もう1頭いましたよ! スティンガー17(牡)を忘れていましたよ。これもいい馬です。

この馬は……ローエングリン産駒ですか!

東場長

ローエングリン産駒らしく、美しい見た目をしています。それだけじゃなくスピードもあって、走りそうですよ。お母さんはだいぶ高齢だけど、素晴らしい馬が出ましたね。

ロゴタイプのようなクラシック馬に育ったら……。これはロマンがありますね。

東場長

面白いですよ。

多くの馬を挙げていただき、ありがとうございました。

その他のインタビュー

ノーザンファーム吉田勝己代表

ノーザンファーム
吉田勝己代表インタビュー

社台ファーム

社台ファーム
吉田哲哉副代表インタビュー

ノーザンファーム早来中島場長

ノーザンファーム早来
場長インタビュー

ノーザンファーム早来日下主任

ノーザンファーム早来
牧場インタビュー

ノーザンファーム早来

ノーザンファーム早来
厩舎リポート

ノーザンファーム空港

ノーザンファーム空港
場長インタビュー

ノーザンファーム空港

ノーザンファーム空港
厩舎リポート

社台ファーム

追分ファーム・リリーバレー