JRA-VAN20周年記念プレゼントの応募はこちらから

JRA-VANサービス開始からこれまでの歴史をJRAの歴史と比較してご紹介いたします。

  JRA-VAN JRA
1992年 [4月]
有料情報サービスを開始(ダイヤルQ2によるパソコン通信サービス)
ダイヤルQ2回線用のモデムが収容されている19インチラック
[4月]
勝馬投票券の払戻有効期限が60日に変更。
[5月]
「プラザエクウス渋谷」がオープン。
1993年 [3月]
ビデオテックス通信網サービスを開始
リアルタイム情報サービスを追加
会社設立時の計算機室の風景
第60回日本ダービーを、「皇太子殿下御成婚奉祝競走」として施行。
[9月]
東京競馬場に新スタンド「メモリアル60」竣工。
勝馬投票券の購入方法に「ながし投票」「ボックス投票」が加わり、試験的に実施(本格実施は[10月])。
[10月]
北海道の日高育成総合施設・軽種馬育成調教場が開場。
[12月]
SAT方式電話投票が、都内の4店舗で限定会員制で実験的に実施。
1994年 [1月]
FAXサービスを開始
[9月]
武豊騎手が、フランスのロンシャン競馬場で行われたムーランドロンシャン賞で日本の騎手で初めて海外のG1レース優勝。
[11月]
ナリタブライアン、史上5頭目の三冠馬となる。
1995年 [4月]
商用ネット(ニフティ、PC-VAN、ピープル)で情報提供開始
[1月]
「グリーンチャンネル」の本格配信を開始。
[6月]
京都競馬場で阪神・淡路大震災の復興支援競馬を開催。
1996年   [3月]
JRA初の女性騎手3名がデビュー。
1997年 [3月]
簡易端末(キャプテン)サービスを開始
簡易端末(キャプテン)サービス
[6月]
福島競馬場がリニューアルオープン。
[10月]
インターネットにホームページを開設。
1998年 [9月]
第3回競馬ソフトコンテストを実施。
グランプリは『Rare(レア)』。準グランプリは『TARGET frontier』
[12月]
インターネットによる競馬データダウンロードサービス及び競馬情報ブラウジングサービスを開始(NTTカルレ決済)
JRA-VANインターネットサービス開始
[8月]
シーキングザパールがモーリスドゲスト賞(仏G1)で日本調教馬として初めての海外G1制覇達成。
1999年 [11月]
NTTドコモのiモード公式コンテンツとして携帯電話向け「JRA-VANケータイサービス」を開始
携帯版「JRA-VAN競馬情報」を開始
[4月]
「三木ホースランドパーク」がオープン。
[6月]
武豊騎手が、史上初のダービー2連覇。
[7月]
小倉競馬場で馬場改造とスタンド改築の全面改築工事竣工。
[10月]
エルコンドルパサーが凱旋門賞(仏G1)で2着となる。
拡大馬番連勝複式勝馬投票法「ワイド」が、福島競馬場とウインズ新白河で先行発売される。
2000年 [2月]
第4回競馬ソフトコンテストを実施。
グランプリは『おまかせ当馬君』。準グランプリは『ゲノム』
[8月]
Jフォン(現ソフトバンクモバイル)のJ-Sky(現Yahoo!ケータイ)公式コンテンツとして「JRA-VANケータイサービス」を開始
[10月]
簡易端末サービスを終了
[12月]
有馬記念は、テイエムオペラオーが優勝、通算獲得賞金、重賞最多連勝の記録を更新する。
2001年 [1月]
「JRA-VAN iアプリ」を開始(My Oddsと My Data)
[9月]
パソコン通信・FAXサービスを終了
[10月]
新たな競馬情報ブラウジングサービスとしてJRA-VAN NEXTを開始(旧競馬情報ブラウジングサービスは終了)
JRA-VAN NEXT Ver.1.0.0
[7月]
新潟競馬場新スタンド(NiLS21)完成。
[9月]
競馬場場外新呼称を「パークウインズ」とする。
2002年 [7月]
AUのEZweb公式コンテンツとしてJRA-VAN競馬情報を開始
JRA-VAN会員決済(自社決済)を導入
[3月]
「IPAT(携帯)」の本格運用開始。
[6月]
馬番号連勝単式勝馬投票法「馬単」と馬番号三連勝複式勝馬投票法「3連複」が、福島競馬場とウインズ新白河で先行発売開始。
[7月]
ウインズ汐留、ウインズ佐世保がオープン。
「IPAT(PC)」の本格運用開始。
[9月]
ウインズ難波がリニューアルオープン。
2003年   [4月]
馬場改造および第1期スタンド改築工事が竣工した東京競馬場がリニューアルオープン。
2004年 [4月]
第5回競馬ソフトコンテストを実施。
グランプリは『馬トモ2』。準グランプリは『ランキング2』と『賭け事テレビ』
新たな競馬データダウンロードサービスとしてJRA-VAN Data Lab.サービスを開始
[10月]
iモード版JRA-VAN競馬情報にiアプリ「快傑オッズ」を追加
[7・8月]
2回函館、1回札幌ではくぼ競馬を実施。
1回札幌競馬で馬番号三連勝単式勝馬投票法「3連単」の先行発売開始。
2005年 [1月]
iモード版JRA-VAN競馬情報に「JRAレーシングビュアー」連携機能を追加
[3月]
JRA-VAN競馬データダウンロードサービスを終了
[3月]
岡部幸雄騎手引退。
[4月]
福島競馬場でJRA史上初の1,000万馬券。
[5月]
ウインズ小郡オープン。
[6月]
新電話投票サービス「即PAT」運用開始。
[10月]
ディープインパクト、21年ぶり無敗の三冠達成。
[12月]
武豊騎手が自身の持つJRA年間最多勝記録を212勝に更新。
2006年 [1月]
「TARGET frontierJV」(利用率No.1競馬ソフト)をフリーソフト化
[11月]
JRA-VAN NEXT及びData Lab.に「JRAレーシングビュアー」連携機能を追加
[5月]
古馬牝馬限定の新GI「ヴィクトリアマイル」を実施。
[10月]
東京競馬場に世界最大級マルチ画面ターフビジョンが登場。
「応援馬券」の発売開始。
2007年 [12月]
JRA-VAN NEXTを大幅リニューアル(Ver.5)
JRA-VAN NEXT Ver.5
[4月]
東京競馬場の新スタンド「フジビュースタンド」がグランドオープン。
[5月]
ウオッカが64年ぶりとなる牝馬による日本ダービー制覇。
[6月]
種市場外オープン。
[7月]
武豊騎手がJRA通算2,944勝を達成し、JRA最多勝記録を更新。
[12月]
「エクセル博多」がオープン。
2008年 [5月]
yahooモバイル版「JRA-VAN競馬情報」に「JRAレーシングビュアー」連携機能を追加
[1月]
「JRAプレミアム」、「JRAプラス10」が実施される。
[6月]
ウインズ新横浜オープン。
[7月]
3連単の全レース発売開始。
[12月]
三浦皇成騎手がJRA新人年間最多勝記録91勝達成。
2009年 [5月]
JRA-VANにマスコットキャラクターが誕生(VANda&VANken)
[9月]
新しい支払い方法を追加(コンビニ決済、ゆうちょ銀行決済、銀行振込)
[5月]
新マークカード「ライトカード」導入。
[10月]
栗東トレーニングセンターでニューポリトラック馬場開場。
関東地区の競馬情報発信スペース「GateJ.」が東京新橋にリニューアルオープン。
「クイックピック方式による発売」を、期間場所を限定し実施。
2010年   [2月]
宮崎場外発売所がオープン。
[5月]
オークスでJRA史上初のGI 1着同着となる。
[6月]
函館競馬場のスタンド全面改築が竣工。
2011年 [2月]
iPhoneアプリの有料サービス開始(JRA-VAN競馬App)
[9月]
Android向けアプリの有料サービス開始(JRA-VAN競馬情報 for Android)
[3月]
東日本大震災の影響で、第2回中山・第1回阪神・第2回小倉競馬第5・6日が開催中止となる。また、4月17日まで東日本地区での競馬開催が中止となる。
[4月]
JRAダイレクトが開始。
ウインズ八代がオープン。
WIN5(5重勝単勝式)の発売開始。
[8月]
エクセル浜松がオープン。
[10月]
オルフェーヴルが三冠馬となる。
2012年 サービス開始20周年を迎える
[3月]
中京競馬場のスタンド改築が竣工し、新スタンド「ペガサス」がオープン。