JRA-VAN

2014凱旋門賞特集

レースメニュー

キングストンヒル (KINGSTON HILL) 牡3

写真
有力馬に後方待機型が多く、自在性があるのは強味だ。(photo by Getty Images)

3番手追走から抜け出しを図った英ダービーでは、オーストラリアとの一騎打ちに敗れたものの、前走の英セントレジャーでは後方から長く脚を使い、最後の1冠をモノにした。当時は不得手な硬い馬場を嫌ってニエル賞と両にらみ。結局、条件が好転しないまま、不利を承知で出走に踏み切った末の快勝劇だった。セントレジャー経由の凱旋門賞制覇となると、実に37年間も実績がないローテーションだが、キングジョージでは38年ぶりの快挙が達成されている。凱旋門賞は得意な道悪になりやすく、今年は宿敵オーストラリアをはじめ各国のダービー馬も不在。唯一の3歳牡馬クラシックホースでもあり、警戒しておきたい1頭だ。

父 Mastercraftsman
母 Audacieuse
母の父 Rainbow Quest
調) R Varian (GB)

●主な戦績
14 英セントレジャー (G1)
14 英ダービー (2/G1)
13 レーシングポストT (G1)

●近3走成績
英セントレジャー (G1/T3000m) 1着
エクリプスS (G1/T2000m) 4着
英ダービー (G1/T2400m) 2着

ページの先頭へ