ピーター・フランクルの勝ち組の方程式V
※このページは、弊社が配布する広報冊子に掲載した記事を、ピーター・フランクル氏のご厚意によりご紹介しています。
競馬DE頭の体操
まず、番号の最も大きい8番の馬をつなぐ場所から考えましょう。 8番の馬をつなぐには、両脇の柱の数字の差は8でなくてはなりません。0〜8の数字を使って引き算で8をつくるには、8−0しかありません。ですから、まず、8と0を隣り合った柱に貼ります。
8-0
さて、次は7番の馬を考えます。差を7にするには、8−1もしくは7−0が考えられます。どちらでもよいのですが、ここでは7−0を使いましょう。0のもう一方の隣りに、7を貼ります。
8-0-7
次は6番の馬です。0の隣りは空いていないため、もう0は使えません。8−2か7−1、ということになります。ここでは、7−1にしましょう。
8-0-7-1
これで半分が埋まりました。次は5番です。8−3か6−1が有効です。ここでは6−1にします。
8-0-7-1-6
次は4番。8−4または6−2です。6の隣りに2を貼りましょう。
8-0-7-1-6-2
あとは簡単ですね。使っていない紙は3、4、5です。何通りか組み合わせを試せば、すぐに答えは出ます。

8-0-7-1-6-2-4-5
これが正解です。ほかにもいくつも答えがあるので、いろいろ試してください。慣れたら、より難易度の高いパズルに挑戦してみましょう。 12本の柱、12頭の馬、0〜12まで書かれた13枚の番号札などいかがですか。



▲勝ち組の方程式Uはこちらから
戻る
閉じる