セレクトセール 2015丹下日出夫のセレクトセール日記(2日目)|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

セレクトセール2015特集

セレクトセール日別総評(2日目)

7月13日(月)|7月14日(火)

日本競走馬協会の主催する「セレクトセール2015」は、2日目となる当歳セッションが、ノーザンホースパーク特設会場にて行われた。

当歳セッションではセリ開始前の午前8時から森林馬道内で展示が行われ、上場される当歳馬のすぐそばには、まだ離乳がすんでいない母馬も並んでいた。その親仔の間を縫うように多くのバイヤーが朝早くから駆けつけ、セリ前の最終チェックを行っていた。

この日、最初の上場馬として鑑定台に姿を見せたのは、オルフェーヴルの初年度産駒、そしてこの当歳セッション最初の上場馬となる、カリフォルニアネクターの2015(牡)。勿論、国内では初めて上場されたオルフェーヴル産駒であり、その評価額に注目が集まった中、4千万の一声から始まったセールは、どんどん電光掲示板の数字を書き換えていく。その結果、8000万円で鑑定人のハンマーが落ちたが、オルフェーヴル産駒に対するバイヤーの注目度の高さだけでなく、この当歳セッション自体の盛り上がりも感じさせるスタートとなった。

そのオルフェーヴルと同じく、この当歳世代が初年度産駒となるロードカナロア産駒で、このセール最初の上場馬となるダンスザクラシックスの2015(牝)は、2600万円で大塚亮一氏が落札。同じく新種牡馬の産駒ではエイシンフラッシュ産駒のアグネスメープルの2015(牝)を1500万円で山住勲氏が、ノヴェリスト産駒のサウンドオブハートの2015(牡)を、野田みづき氏が3000万円で落札。注目の新種牡馬産駒にこの落札額という評価がされたことで、今後、上場される産駒たちへの評価にも注目が集まるところとなった。

この日、最初のミリオンホースとなったのが、ソーメニーウェイズの2015(牡、父ディープインパクト)で、1億1500万円で里見治氏が落札。昨日の1歳市場に続き、当歳市場でもディープインパクト産駒の高評価は変わらないことを証明してみせた。その後もディープインパクト産駒ではシルヴァースカヤの2015(牡)を、1億2000万円で猪熊広次氏が落札している。

この日も売却率は80%代後半をキープと、昨日の1歳市場と同様の盛り上がりを見せていく。鑑定台に姿を見せる上場馬たちに次々とハンマーが落とされていく中、ウィーミスフランキーの2015(牝、父ディープインパクト)が上場されると、鑑定人のせり上げる声が1千万単位に変わり、電光掲示板の数字も久しぶりに1億の数字が刻まれる。激しい競り合いの結果、1億8000万円で(株)ダノックスが落札。今年の当歳セッションにおける最高額落札馬は、この瞬間に誕生した。

ディープインパクト産駒の高額落札馬たちと、ひけを取らない活発な取引が行われたのがオルフェーヴルの産駒たち。リュシオルの2015(牡)を近藤利一氏が8600万円で落札。スーアの2015(牡)も8200万円でオレゴンホースが落札している。

その他の初年度産駒だが、ロードカナロア産駒ではワイルドラズベリーの2015(牡)を6600万円で野田みづき氏が落札。この日の上場馬では最高額落札馬となった。エイシンフラッシュの産駒の最高額落札馬となったのはスルージエアーの2015(牡)で、5200万円で(株)NICKSが落札。ノヴェリスト産駒の最高額落札馬はラスティングソングの2015(牡)で、Christoph Berglar氏が3700万円で落札している。

この日のミリオンホースは7頭誕生し、うち4頭がディープインパクト産駒。そのうちの1頭、ベルワトリングの2015(牡)を競り落とした島川隆哉氏は、

「下見ではあまりチェックしていなかったのですが、母系のブラックタイプを高く評価しました。血統だけでなく馬体も素晴らしいと思いますし、今後の活躍を期待しています」

と取材陣を前に話していた。島川氏はもう1頭のミリオンホースであるギーニョの2015(牡、父キングカメハメハ)も1億5500万円で落札。また、ディナシーの2015(牡、クロフネ)は1億円で金子真人ホールディングス(株)が落札している。

毎年、高額落札馬が誕生する当歳セッション最後の上場馬。今回はケアレスウィスパーの2015(牡、父ハービンジャー)が、セリ開始直後の静かな価格の上昇から一転し、いつしか1億を超えるセリ合いとなった。結果、1億2500万円で(株)ジャパンヘルスサミットが落札している。

今年のセレクトセール当歳セッションでは232頭が上場され、うち184頭が落札。売却率は79.3%を記録した。売却総額の合計は60億6900万円となり、昨年の売却率(85.9%)、売却総額(65億4705万円)はいずれも下回ったものの、それでも好調な1歳セッションに後押しされる形で、セレクトセール2日間での売却総額は131億7350万円となり、これらセレクトセール史上過去最高の売却総額となった。

2日間のセリを終えた後、取材陣に囲まれた吉田照哉市場長は、

「1歳セッション、当歳セッションを共に、血統、馬体と素晴らしい上場馬が揃ったことが、この結果に繋がった印象を受けます。オルフェーヴル産駒は日本のオーナーからの期待の表れが、取引価格に現れた印象もありますし、ロードカナロア産駒は父が海外で残した実績に加え、馬体の出来の良さもまた、高い評価に繋がっていました。2日間を振り返っても、日本競馬全体に夢を与えるようなセリになったと思いますし、今後はこのセリをきっかけに、海外に挑んでいくという流れが生まれてくるのではないのでしょうか」

と語った。

※取引価格は全て税抜き

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!
  • 20年分以上のJRA公式データを完全網羅!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

Androidアプリ
JRA-VAN競馬情報

  • ケータイサービスの機能をアンドロイドアプリへ継承しつつパワーアップ!
  • My注目馬のデータはケータイサービスから引継可能!

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN