セレクトセール 2012丹下日出夫のセレクトセール日記(2日目)|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

丹下日出夫のセレクトセール日記

7月9日(月)|7月10日(火)

セレクトセールの行われる、7月第二週目の月・火曜日は、日本という範疇にとどまらず、もはや世界を含めた競馬サイクルの、たぶん「季語」ともいうべき、大きな枠や流れの中に組み込まれている。

とあれば、当セリのトップランクの馬たちは、そのまま、世界でも有数の、良質馬といっても過言ではないけれど、となるとディープインパクト×スカイディーバ。競走馬となって、あと二年後、三年後。その将来いつかどこかで、「世界」という言葉が、ちらつく存在になるのかもしれないなぁ。

米国GT・フリゼットS勝ち2歳暮れのBCジュヴェナイルフィリーズ3着という、母の戦績はもちろん。新陳代謝に優れた、薄い皮膚感はもちろん。歩様も滑らかで、聡明かつ活気のある眼差し。ディープインパクトという名前を抜きに見ても、理想とするサラブレッド像に近い。

まあ、実際セリにいて、ず抜けた素質馬というのは(イコール高馬?)、100m離れた位置からでも、なんとなく匂う(笑)。50m圏内に入れば、オーラと呼ばれる、光を目にしたりするもんだが、このワタシでも、ひと目で「当歳ディープの一番馬」と、言い切れるくらいだから、2億5000万も当然か。

牝馬のぶん、落札価格は1億4500万で決着がついたが、ディープ×ラヴアンドバブルズは、知っての通り、ディープブリランテの全妹。ディープブリランテがダービーを獲ったから、そう見えるのか。元々、そのくらいの素養のある血統だったと、断言すればいいのか。どっちにしても、牡・牝の違いはあるものの、馬体のラインは全兄に酷似。精神面では、むしろ牝に出たぶん、立ち姿やしぐさに、おっとり感もある。

カリの2012は、母系はドイツ(母は独1000ギニー優勝)。人によっては、ドイツ系らしい、のんびりとした脚運びや雰囲気に、多少好き嫌いがあるだろうが、今の日本は、ドイツ系の繁殖牝馬が旬でもある。

米国系のプリティカリーナの2012は、「溌剌」という言葉を具現するかのように、きびきびとして、機動性に優れたリッターカーに例えればいいのか。

ミリオンには届かなかったが、スマイルトゥモローの2012、スポークンファーの2012、モアザンベストの2012等、今年のディープの当歳産駒は、お世辞抜きに「よく造られた仔」が多かったように思う。

キングカメハメハ産駒では、ジェダイトの2012の、厚みのある、丸々としたトモの造りが目を引いた。ダイワメジャー×プラチナチャリス。クロフネ×フサイチエアデールなど、おなじみの血統馬の動向も活発。

今年の当歳セリの、もう一つの見どころは、エンパイアメーカーとハービンジャーだろうか。

千代田牧場生産のエンパイアメーカー×トレンドハンターは、その旗手たる存在になるに違いない。

ハービンジャーは、305番のフォルクローレの2012が、5400万で落札されたのを皮切りに、バブルドリームの2012、アルフォンシーヌの2012など、ディープインパクトの初年度産駒の、セレクトセールの平均落札価格に迫る勢いで続々と落札。

最後の最後の大トリで、ケアレスウィスパーが、1億3500万で落札。ハービンジャー時代の幕開けを告げる(かもしれない)、フィナーレだった。

※価格は全て税抜きにて表示

ライタープロフィール

丹下日出夫(競馬評論家)

「ホースニュース馬」を経て現在は毎日新聞本紙予想。POG大魔王の通称も定着している。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN