セレクトセール 2012高額取引馬(1歳)|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

高額取引馬(1歳)

アドマイヤキラメキの2011

馬名 アドマイヤキラメキの2011 購買価格 2億5000万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 黒鹿毛 購買者 島川 隆哉氏 アドマイヤキラメキ
生年月日 2011年3月14日生 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 エンドスウィープ

父は今春のクラシック戦線で二世代目が大爆発。ステップレース、トライアルの重賞を席捲し、その勢いはを本番にも及び、桜花賞、オークスをジェンティルドンナ、ヴィルシーナが1、2着独占。日本ダービーもディープブリランテが勝利した。産駒の勝ち上がり率、昇級戦での戦いぶり、ここ一番の底力は父サンデーに勝るとも劣らない。今年のリーディングサイヤーも夏の時点でほぼ手中にしている。

母系は近年の日本を代表する名牝系の一つ。母の半弟にトーセンジョーダン(天皇賞・秋)、トーセンホマレボシ(京都新聞杯、日本ダービー3着)がいる。近親にもカンパニー(天皇賞・秋)、ヒストリカル(毎日杯)などがいて、この母系は活躍馬が途絶えることを知らない。母は4勝。繁殖牝馬としては始まったばかりだが、ラシンティアンテが早くも特別勝ちして、名牝系らしいスタートを切った。

母父の代表産駒にはアドマイヤムーン(ジャパンC)、スイープトウショウ(宝塚記念)、ラインクラフト(桜花賞)がいる。仕上がりの早さと成長力を兼備し、大レースの底力にも優れている。母父としてのキャリアは浅いが、すでにゲシュタルト(京都新聞杯)、アルーリングボイス(小倉2歳S)を出している。今後、まだまだの伸びしろが見込める血統だ。

グレイトサンライズの2011

馬名 グレイトサンライズの2011 購買価格 1億5000万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 グローブエクワインマネージメント(有) グレイトサンライズ
生年月日 2011年5月24日生 販売者 社台ファーム 母父 Caerleon

父は今春のクラシック戦線で二世代目が大爆発。ステップレース、トライアルの重賞を席捲し、その勢いはを本番にも及び、桜花賞、オークスをジェンティルドンナ、ヴィルシーナが1、2着独占。日本ダービーもディープブリランテが勝利した。産駒の勝ち上がり率、昇級戦での戦いぶり、ここ一番の底力は父サンデーに勝るとも劣らない。今年のリーディングサイヤーも夏の時点でほぼ手中にしている。

母は1勝馬だが、産駒のレッドディザイアが2009年の桜花賞、オークスで2着となり、秋華賞でGTを奪取。海外遠征でもドバイのGUを勝ち、アメリカのGTで3着の実績を残した。母系は欧州のステイヤー血脈が凝縮されており、近親にベルメッツ(キングジョージY&クイーンエリザベスS)がいる。ステイヤー配合に大物が多いディープインパクトにとっては、まさに打ってつけの母系だ。

母父は英愛リーディングサイヤー2回。日本でも外国産馬、持込馬が旋風を巻き起こし、フサイチコンコルド(日本ダービー)を筆頭に重賞勝ちが相次いだ。日本ではマイラータイプが多かったが、本質はステイヤー血統。母系に入ってサンデー系の種牡馬と相性が良く、スタミナや成長力を補強する重要な役割を担う。ブエナビスタ(ジャパンC)、レッドディザイア(秋華賞)がその成功例。

マンデラの2011

馬名 マンデラの2011 購買価格 1億5000万円(税抜) ネオユニヴァース
性別毛色 牝 黒鹿毛 購買者 スクーデリア マンデラ
生年月日 2011年2月6日生 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 Acatenango

父は皐月賞、日本ダービーの二冠を制し、菊花賞3着。種牡馬となっても成功し、初年度産駒のアンライバルド(皐月賞)、ロジユニヴァース(日本ダービー)がそれぞれ父子二代制覇を果たした。2年目産駒のヴィクトワールピサ(皐月賞)も2年連続の父子二代制覇。さらに、世界最高賞金のドバイワールドCを勝つ快挙までも成し遂げた。ここ一番の底力はサンデー系の中では最右翼にある。

母はドイツの準重賞(芝2200m)を勝ち、GTの独オークス3着。産駒のワールドエースが今春のクラシックで活躍し、皐月賞2着、日本ダービー4着の成績を残した。その潜在能力は誰もが認めるところで、秋の飛躍が期待されている。本馬はその2歳下の半妹。母系はスタミナ、パワーに富むドイツのステイヤー牝系で、近親のマンデュロは英仏に転戦してGT3勝の手柄を立てている。

母父は独年度代表馬(3回)、独リーディングサイヤー(5回)の名馬にして名種牡馬。頑固にステイヤーを追求してきたドイツ血脈だけに、スタミナとパワーには定評がある。ジャパンCを勝ったランドが代表産駒の1頭。母系に入っても同様の特徴を伝え、スタミナと成長力をカバーする貴重な存在となっている。ディープインパクトはこの手の欧州ステイヤー血脈と抜群に相性がいい。

ダイヤモンドディーバの2011

馬名 ダイヤモンドディーバの2011 購買価格 1億4000万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 グローブエクワインマネージメント(有) ダイヤモンドディーバ
生年月日 2011年3月9日生 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 Dansili

父は今春のクラシック戦線で二世代目が大爆発。ステップレース、トライアルの重賞を席捲し、その勢いはを本番にも及び、桜花賞、オークスをジェンティルドンナ、ヴィルシーナが1、2着独占。日本ダービーもディープブリランテが勝利した。産駒の勝ち上がり率、昇級戦での戦いぶり、ここ一番の底力は父サンデーに勝るとも劣らない。今年のリーディングサイヤーも夏の時点でほぼ手中にしている。

母は英米6勝。マイルに強く、アメリカに転戦して力をつけ、GUのキャッシュコールマイル招待S(芝8ハロン)、GVのウィルシャーH(芝8ハロン)を制している。GTのゲイムリーSでも2着に健闘した。曾祖母も優秀で、南アフリカの3歳牝馬チャンピオン。母は本馬が初仔になるが、ディープインパクトが欧州血脈と相性が良く、デインヒル系とも相性が良いのが魅力的。

母父はデインヒル系らしくマイルで活躍。GT勝ちはないが、仏2000ギニー2着、BCマイルで3着の実績を持つ。種牡馬となって成功し、ハービンジャー(キングジョージY&クイーンエリザベスS、輸入種牡馬)、レイルリンク(凱旋門賞)といった大物を出している。サンデー系とデインヒル系の相性の良さは、すでに実証済み。ディープインパクトを相手に大物が誕生する雰囲気が漂う。

スーアの2011

馬名 スーアの2011 購買価格 1億1000万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 島川 隆哉氏 スーア
生年月日 2011年3月5日生 販売者 社台ファーム 母父 Fairy King

父は今春のクラシック戦線で二世代目が大爆発。ステップレース、トライアルの重賞を席捲し、その勢いはを本番にも及び、桜花賞、オークスをジェンティルドンナ、ヴィルシーナが1、2着独占。日本ダービーもディープブリランテが勝利した。産駒の勝ち上がり率、昇級戦での戦いぶり、ここ一番の底力は父サンデーに勝るとも劣らない。今年のリーディングサイヤーも夏の時点でほぼ確定している。

母は伊1000ギニー(芝1600m、桜花賞に相当)の優勝馬。産駒にソーマジック(アネモネS、桜花賞3着)、サトノエンペラー(安房特別、松前特別)、岩手の重賞で活躍したゴールドマイン(桐花賞)がいる。これらの父はシンボリクリスエス、ダンスインザダークだが、本馬は父が種牡馬ランキングのトップを走るディープインパクトに代わった。性能アップが見込め、さらなる活躍が期待される。

母父は歴史的名種牡馬サドラーズウェルズの全弟。自身も成功して仏リーディングサイヤー、英愛2歳リーディングサイヤー(4回)、仏2歳リーディングサイヤーに輝いている。代表産駒はエリシオ(凱旋門賞)、オース(英ダービー)など。母父としても日本ではスズカフェニックス(高松宮記念)、ロックドゥカンブ(セントライト記念、菊花賞3着)が活躍している。

アイルドフランスの2011

馬名 アイルドフランスの2011 購買価格 9600万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 黒鹿毛 購買者 田畑 利彦氏 アイルドフランス
生年月日 2011年3月30日生 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 Nureyev

父は今春のクラシック戦線で二世代目が大爆発。ステップレース、トライアルの重賞を席捲し、その勢いはを本番にも及び、桜花賞、オークスをジェンティルドンナ、ヴィルシーナが1、2着独占。日本ダービーもディープブリランテが勝利した。産駒の勝ち上がり率、昇級戦での戦いぶり、ここ一番の底力は父サンデーに勝るとも劣らない。今年のリーディングサイヤーも夏の時点でほぼ手中にしている。

母は仏GVのミネルヴ賞(芝2500m)を勝ち、GTのマルセルブサック賞2着。産駒のキングレオポルドは淀屋橋S(芝1200m)など特別戦を4勝し、現在、オープンで活躍中。祖母は米GT4勝の名牝で、日本に輸入されてダイヤモンドビコー(阪神牝馬S)を出した。この系統はアメリカでも優秀でGT勝ち馬が相次いでいる。世界的な名牝系がベースで、まだまだ発展する勢いにある。

母父は1980〜90年代に欧米で君臨した大種牡馬。マイルのスピード、2400mのスタミナ、力のいる馬場をこなすパワーに優れた万能血統で、幾多の大物を出した。母系に入っても優秀で、1997年の英愛リーディングブルードメアサイヤーに輝いている。日本でも母父として優秀で、ジャングルポケット(日本ダービー)、トゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯)らの大物が多数出ている。

ミルフィオリの2011

馬名 ミルフィオリの2011 購買価格 9200万円(税抜) キングカメハメハ
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 里見 美惠子氏 ミルフィオリ
生年月日 2011年2月17日生 販売者 社台ファーム 母父 サンデーサイレンス

父は2010〜11年の2年連続で日本リーディングサイヤーに輝き、今年もディープインパクトと首位争いを展開している。配合の選択肢は広く、さまざまな系統に合うのが特徴だが、その中で最も活躍馬が目立つのがサンデー牝馬との配合。ローズキングダム(ジャパンC)を筆頭に、トゥザグローリー(京都記念)、ソリタリーキング(東海S)といった重賞勝ち馬が相次いでいる。

母は木津川特別(芝1600m)、アザレア賞(芝2000m)を含めて4勝。産駒のミルドリーム(現3歳)は梅花賞(芝2400m)を勝ち、クラシック戦線に浮上した。母系はスピードが身上の一族で、仕上がりの早さと成長力を兼備。近親にはフジキセキ(成功種牡馬、最優秀2歳牡馬)、シャイニンルビー(クイーンC、桜花賞3着)、シャイニンレーサー(マーメイドS)らの活躍馬が多数。

母父は日本に血統革命をもたらした歴史的な名種牡馬。母系に入ってもその影響力は絶大で、日本ブルードメアサイヤー・ランキングの首位を独走中。ミスタープロスペクター系の種牡馬との相性の良さを、早くにエルコンドルパサー、エンドスウィープらが示した。同系のキングカメハメハもやはり相性がいい。ローズキングダム(ジャパンC)を筆頭に重賞勝ち馬を量産中だ。

シェリールの2011

馬名 シェリールの2011 購買価格 8600万円(税抜) キングカメハメハ
性別毛色 牡 黒鹿毛 購買者 グローブエクワインマネージメント(有) シェリール
生年月日 2011年2月7日生 販売者 ノーザンファーム 母父 サンデーサイレンス

父は2010〜11年の二年連続で日本リーディングサイヤーに輝き、今年もディープインパクトと首位争いを展開している。配合の選択肢は広く、さまざまな系統に合うのが特徴だが、その中で最も活躍馬が目立つのがサンデー牝馬との配合。ローズキングダム(ジャパンC)を筆頭に、トゥザグローリー(京都記念)、ソリタリーキング(東海S)といった重賞勝ち馬が相次いでいる。

母系は世界レベル。母の半兄にウイングドラヴ(愛ダービー)、ダイワカーリアン(札幌記念)が、近親に仏GTのサンタラリ賞を勝ったフィデリテがいる。母は西海賞(芝1800m)、あすなろ賞(芝2000m)など4勝。まだ産駒を送り出したばかりだが、現4歳のムスカテールが鳴滝特別(芝2200m)を勝つなど、上々の滑り出し。母系血統の良さが、繁殖牝馬としての可能性を引き出している。

母父は日本に血統革命をもたらした歴史的な名種牡馬。母系に入ってもその影響力は絶大で、日本ブルードメアサイヤー・ランキングの首位を独走中。ミスタープロスペクター系の種牡馬との相性の良さを、早くにエルコンドルパサー、エンドスウィープらが示した。同系のキングカメハメハもやはり相性がいい。ローズキングダム(ジャパンC)を筆頭に重賞勝ち馬を量産中だ。

アゼリの2011

馬名 アゼリの2011 購買価格 8000万円(税抜) ゼンノロブロイ
性別毛色 牡 栗毛 購買者 森田 謙一氏 アゼリ
生年月日 2011年5月7日生 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 ジェイドハンター

父は天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念を3連勝し、年度代表馬に選ばれた。5歳時にはイギリスに遠征し、GTのインターナショナルSで2着に健闘している。種牡馬となっても初年度産駒からサンテミリオン(オークス)、ペルーサ(青葉賞、天皇賞・秋2着)らを出す好スタートを切った。このところ小休止の状態が続いているが、サイクル的には現1歳世代から再噴火の可能性が大。

母は米年度代表馬、米古牝馬チャンピオン(3回)に輝いた名牝。BCディスタフなど8つのGT競走を含む、グレードレース11連勝を記録した。2009年のキーンランドのせりで、ノーザンファームの吉田勝己氏が、同日の最高価格となる225万ドル(当時約2億円)で落札した。本馬は日本で配合した最初の産駒。2番仔のアリエンザは米GUのファンタジーSで2着となっている。

母父はミスタープロスペクター系だが、スピードだけでなくスタミナ、成長力も秘めていた。その代表産駒が母のアゼリだが、ダートだけでなく芝にも強く、米芝中距離GT3勝のヤグリらを出している。近年はブルードメアサイヤーとして躍進中。多国籍種牡馬となって世界を渡り歩いただけに、米、オセアニア、南アフリカ、南米など世界各国でGT勝ち馬を出している。

スターアイルの2011

馬名 スターアイルの2011 購買価格 7600万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 野田 みづき氏 スターアイル
生年月日 2011年3月12日生 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 ロックオブジブラルタル

父は今春のクラシック戦線で二世代目が大爆発。ステップレース、トライアルの重賞を席捲し、その勢いはを本番にも及び、桜花賞、オークスをジェンティルドンナ、ヴィルシーナが1、2着独占。日本ダービーもディープブリランテが勝利した。産駒の勝ち上がり率、昇級戦での戦いぶり、ここ一番の底力は父サンデーに勝るとも劣らない。今年のリーディングサイヤーも夏の時点でほぼ手中にしている。

母は2勝。母の半弟キングレオポルドは淀屋橋S(芝1200m)など特別戦を4勝し、現在、オープンで活躍中。祖母は仏GVのミネルヴ賞(芝2500m)を勝ち、GTのマルセルブサック賞2着。曾祖母は米GT4勝の名牝で、日本に輸入されてダイヤモンドビコー(阪神牝馬S)を出した。この系統はアメリカでもGT勝ち馬が相次いでおり、すでに世界的な名牝系に発展している。

母父は英2000ギニー、愛2000ギニーを含めてGT7連勝の世界記録を樹立。欧州年度代表馬と最優秀3歳牡馬のタイトルを獲得した。代表産駒にはサミター(愛1000ギニー)がいる。デインヒル系らしくマイルから2000mの活躍馬が多い。サンデーとデインヒル系は好相性を見せた。サンデーの後継種牡馬が相手でもやはり相性が良い。ディープインパクトとの配合に期待がふくらむ。

ライタープロフィール

吉沢譲治(血統評論家)

’99年1月、『競馬の血統学』でJRA賞馬事文化賞を受賞。母系を重視した評論でも知られている。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN