セレクトセール 2010高額取引馬(1歳)|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

高額取引馬(1歳)

アイルドフランスの2009

馬名 アイルドフランスの2009 購買価格 6,600万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 金子真人ホールディングス(株) アイルドフランス
生年月日 2009年4月7日 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 Nureyev

父はサンデーサイレンスの最高傑作。デビュー戦から連勝街道を突っ走り、無敗の三冠馬に輝いた。4歳時も天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念を制覇し、2年連続の年度代表馬に。国内史上最高額の51億円のシンジケートが組まれ、初年度産駒は高額の落札が相次いだ。確かに本年デビューの2歳馬は、父を彷彿とさせる走りを見せている。

母は仏米6勝。2歳時に仏GTのマルセルブサック賞で2着となり、3〜4歳時に仏米のGVを各1勝した。母の妹にダイヤモンドビコー(最優秀4歳以上牝馬、阪神牝馬Sなど重賞4勝)がいる。祖母のステラマドリッドは米GT4勝の名牝。曾祖母マイジュリエットも米チャンピオンスプリンターに輝いた名牝。

母父はノーザンダンサー系の発展に大きく貢献した名種牡馬。ブルードメアサイヤーとしても優れ、スタミナ、成長力、大レースの底力を補強する重要な役割を果たしている。母父としての代表産駒にジャングルポケット(日本ダービー)、バゴ(凱旋門賞)、デザートキング(愛ダービー)、キングマンボ(仏2000ギニー)などがいる。

ビーポジティブの2009

馬名 ビーポジティブの2009 購買価格 6,000万円(税抜) クロフネ
性別毛色 牡 芦毛 購買者 近藤利一氏 ビーポジティブ
生年月日 2009年4月18日 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 サンデーサイレンス

父はNHKマイルC、ジャパンCダートの覇者で、芝・ダートのレコード勝ち4回。産駒も芝・ダートを問わない走りを見せている。芝はスリープレスナイト(スプリンターズS)、フサイチリシャール(朝日杯FS)、ダートは白毛のユキチャン(関東オークス)がおなじみ。サンデーサイレンス牝馬と相性がよく、この配合で活躍馬が目立つ。

母はクイーン賞(南関東のダート交流重賞)の勝ち馬。母の姉に名牝トゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯、ドバイワールドC2着)、弟にサイレントディール(武蔵野S、シンザン記念)がいる。一級のスピードとパワーを兼備した母系で、力のいる芝やダートに強いのが特徴。母系は世界的な名牝系で血統レベルは高い。

母父は日本に未曾有の血統革命をもたらした名種牡馬。母系に入っても影響力は絶大で、ブルードメアサイヤー・ランキングの首位を独走中。クロフネとの血統的な相性も抜群で、前出のフサイチリシャール、ユキチャン、さらにブラボーデイジー(エンプレス杯)といった重賞勝ち馬がこの配合で生まれている。

キッスパシオンの2009

馬名 キッスパシオンの2009 購買価格 6,000万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 宇田豊氏 キッスパシオン
生年月日 2009年4月14日 販売者 ノーザンファーム 母父 ジェイドロバリー

父はサンデーサイレンスの最高傑作。デビュー戦から連勝街道を突っ走り、無敗の三冠馬に輝いた。4歳時も天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念を制覇し、2年連続の年度代表馬に。国内史上最高額の51億円のシンジケートが組まれ、初年度産駒は高額の落札が相次いだ。確かに本年デビューの2歳馬は、父を彷彿とさせる走りを見せている。

母は3勝。札幌3歳S2着。3番仔のアドマイヤキッスは重賞を4勝し、桜花賞2着、オークス4着と好走している。また2番仔のプラズマも巴賞2着などで活躍。近親にもゼンノパルテノン(東京スプリント)、キスミーテンダー(マイラーズC2着)ら活躍馬が多数いる。仕上がり早でマイルから中距離に強い特徴を持つ。

母父は欧州の名マイラー。産駒もマイラータイプが多いが、中距離までならこなす。力強いスピードを身上とし、ダートの活躍馬も多い。ここ数年は母父としての台頭が著しく、前出のアドマイヤキッスの他に、イコピコ、メイショウトウコン、サンダルフォンといった芝、ダートの両面にわたる重賞勝ち馬が相次いで誕生している。

アーマインの2009

馬名 アーマインの2009 購買価格 5,600万円(税抜) A.P. Indy
性別毛色 牡 栗毛 購買者 島川隆哉氏 アーマイン
生年月日 2009年1月14日 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 Exchange Rate

父は米年度代表馬にして米チャンピオンサイヤー。万能性に富み、仕上がりの良さと成長力、スピードとスタミナを兼備している。早熟のスピード血統が多い米国においては異色の存在。代表産駒はラグズトゥリッチズ(ベルモントS)、ベルナルディーニ(プリークネスS)が有名。後継種牡馬も続々と成功し、大きな広がりを見せている。

母は米国産。米5勝。GTのアップルブラッサムH(ダ1700m)を勝ち、ケンタッキーオークス、サンタマリアH、サンタマルガリータ招待Hで2着の実績を残している。本馬が初仔。母系に派手さはないが、頑健で競走寿命の長い馬が多い。

母父は米GUのトムフールH(ダ1400m)を勝った程度だったが、初年度産駒からGT馬が相次いで誕生して全米の注目を集めた。ダンチヒ系らしく仕上がりの良さとスピードが身上で、2歳戦、短中距離戦の活躍馬が中心。芝、ダート兼用だが、本質はパワータイプ。芝よりもダートで出世が期待できる。

トロピカルブラッサムの2009

馬名 トロピカルブラッサムの2009 購買価格 5,200万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 荒牧政美氏 トロピカルブラッサム
生年月日 2009年4月9日 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 サンダーガルチ

父はサンデーサイレンスの最高傑作。デビュー戦から連勝街道を突っ走り、無敗の三冠馬に輝いた。4歳時も天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念を制覇し、2年連続の年度代表馬に。国内史上最高額の51億円のシンジケートが組まれ、初年度産駒は高額の落札が相次いだ。確かに本年デビューの2歳馬は、父を彷彿とさせる走りを見せている。

4歳上の半兄ピラニアハイウェイは、中距離ダートの特別戦を3勝してオープン入り。母は米国産で、米GTのミレイディBCHで3着の実績がある。また近親にはスーパーメイ(米GT)、ダイヤモンドオンザラン(米GU)など活躍馬が多数。頑健さが売りの母系で、祖母バーバラスーも米12勝とタフに活躍した。

母父はケンタッキーダービー、ベルモントSを勝った米二冠馬。種牡馬としても成功し、ポイントギヴン(米二冠馬)を筆頭に米GT馬を多数出している。ブルードメアサイヤーとしては始まったばかりだが、米国では早くもGT馬が誕生。日本でもリルダヴァル(NHKマイルC3着)らが活躍し、このところ上昇著しい。

アグネスミネルバの2009

馬名 アグネスミネルバの2009 購買価格 4,700万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 高橋良幸氏 アグネスミネルバ
生年月日 2009年4月2日 販売者 社台ファーム 母父 トニービン

父はサンデーサイレンスの最高傑作。デビュー戦から連勝街道を突っ走り、無敗の三冠馬に輝いた。4歳時も天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念を制覇し、2年連続の年度代表馬に。国内史上最高額の51億円のシンジケートが組まれ、初年度産駒は高額の落札が相次いだ。確かに本年デビューの2歳馬は、父を彷彿とさせる走りを見せている。

母系はスターバレリーナ(ローズS)、アンドゥオール(東海S)、グランパドドゥ(中日新聞杯)、オリーブクラウン(オークス3着)でおなじみのベリアーニ系。母は芝1200mの特別戦を2勝。エアジハードとの配合ですでにアグネスラズベリ(函館スプリントS)を出している。ディープインパクトを相手にして、さらなる期待がふくらむ。

母父は凱旋門賞馬にして、日本リーディングサイヤー。代表産駒にジャングルポケット(日本ダービー)、名牝エアグルーヴ(年度代表馬)がいる。母父としてはサンデーサイレンスと相性が良く、アドマイヤベガ(日本ダービー)、ハーツクライ(有馬記念)らが活躍。サンデーサイレンスの後継種牡馬とも、やはり相性の良さが目立っている。

ジェイズミラクルの2009

馬名 ジェイズミラクルの2009 購買価格 4,300万円(税抜) キングカメハメハ
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 近藤利一氏 ジェイズミラクル
生年月日 2009年4月4日 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 フジキセキ

父は日本ダービー、NHKマイルCの覇者。種牡馬としても大成功し、2年連続の2歳リーディングサイヤーに輝いている。また今春のクラシック戦線には有力馬が相次いで浮上。アパパネが桜花賞、オークスを制し、ローズキングダムが日本ダービーで2着に入る底力を見せた。サンデーサイレンスの血を引く牝馬と、なかなかの相性を見せている。

祖母のアサーションは愛オークス3着。近親にアドマイヤジュピタ(天皇賞・春)、アドマイヤメイン(青葉賞、日本ダービー2着)、プロモーション(クイーンS、オークス4着)がいる。母系のベースが欧州のステイヤー牝系だけに、配合種牡馬の血統イメージ以上に距離をこなす。

母の父は仕上がりの良さと成長力を備えたマイラー血統。2歳戦から活躍し、古馬になっても息長く成長する産駒が多い。東京のマイル、中京のスプリントに強いのも特徴で、GT勝ちはこの部門に集中している。近年は母の父としても台頭が目覚しく、今春のクラシック戦線ではアリゼオ(スプリングS)が素質のあるところを見せた。

マリーキャサートの2009

馬名 マリーキャサートの2009 購買価格 4,300万円(税抜) アグネスタキオン
性別毛色 牡 栗毛 購買者 大城敬三氏 マリーキャサート
生年月日 2009年2月26日 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 Broad Brush

父はディープスカイ(日本ダービー)、ダイワスカーレット(桜花賞)、キャプテントゥーレ(皐月賞)、リトルアマポーラ(エリザベス女王杯)でおなじみ。産駒はスピード、瞬発力、クラシックの底力に優れている。2009年6月に急死したが、年齢的には脂の乗った充実期だった。産駒はクラシック戦線でまだまだ活躍が見込める。

祖母のゴージャスはハリウッドオークスなど米GTを3勝した名牝。産駒に大物はなかったが、下級の競走成績に終わった牝馬たちが、母となって相次いで成功。名牝系に発展する雰囲気を漂わせている。母も未勝利馬だが、名繁殖牝馬に変身する可能性を残している。

母父は米チャンピオンサイヤー。代表産駒にコンサーン(BCクラシック)がいるが、日本の競馬にも適性が高く、ノボトゥルー(フェブラリーS)、ブロードアピール(プロキオンS)らが活躍している。仕上がり良さと成長力を兼ね備えた短中距離血統で、本質はダート向きだが、サンデー系の種牡馬が相手なら芝の活躍馬が出ても不思議はない。

キャスケードブーケの2009

馬名 キャスケードブーケの2009 購買価格 4,100万円(税抜) キングカメハメハ
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 (株)ダノックス キャスケードブーケ
生年月日 2009年3月2日 販売者 社台ファーム 母父 スペシャルウィーク

父は日本ダービー、NHKマイルCの覇者。種牡馬としても大成功し、2年連続の2歳リーディングサイヤーに輝いている。また今春のクラシック戦線には有力馬が相次いで浮上。アパパネが桜花賞、オークスを制し、ローズキングダムが日本ダービーで2着に入る底力を見せた。サンデーサイレンスの血を引く牝馬と、なかなかの相性を見せている。

母は5戦0勝ながら、兄にダイワメジャー(皐月賞)、妹にダイワスカーレット(桜花賞)がいる良血。また近親にも砂の王者ヴァーミリアン(ジャパンCダート)ら活躍馬が目白押しだ。未出走や下級に終わった牝馬が、母となって名繁殖牝馬ぶりを発揮するのも、この名牝系の特徴。母も未知の可能性を秘めている。

母父は日本ダービー、ジャパンCの覇者。種牡馬としても成功し、ブエナビスタ(桜花賞、オークス)、シーザリオ(オークス)といった名牝を送り出している。ブルードメアサイヤーとしてはまだ始まったばかりだが、牝馬に活躍が目立つ血統は、昔から成功する確率が高い。これからの注目株とみていいだろう。

プリエミネンスの2009

馬名 プリエミネンスの2009 購買価格 4,000万円(税抜) Medaglia d' Oro
性別毛色 牡 黒鹿毛 購買者 ダーレー・ジャパン(株) プリエミネンス
生年月日 2009年4月11日 販売者 (有)グランド牧場 母父 アフリート

父は初年度産駒から名牝レイチェルアレクサンドラ(2009年の米年度代表馬)を出して、人気が沸騰。米国におけるサドラーズウェルズ系の評価を一変させた。晩成のステイヤーが目立つ欧州とは異なり、米国仕様に進化して全体に仕上がり早で、2歳戦から活躍が期待でき、マイルから中距離に強いのが特徴だ。ダート、芝ともにこなす。

母はダート交流重賞の申し子的な存在。関東オークスを皮切りに、浦和記念など交流重賞をタフに勝ちまくり、6億円近い賞金を稼ぎ出した。7歳となった1997年2月、米国に渡ってGTのサンタマリアHに出走して5着。そのまま現地で繁殖入りした。近親にリスクミー(パリ大賞GT)がいる母系で、血統レベルは高い。

母父は力強いスピード血統で、芝よりもダートの短中距離向き。代表産駒にプリモディーネ(桜花賞)がいるが、他はスターリングローズ(JBCスプリント)、バンブーエール(JBCスプリント)など、ほとんどがダートで活躍。母父としてもノボジャック(JBCスプリント)を出している。ただ母父としては全体に芝の活躍馬が目立つ。

マルカアイチャンの2009

馬名 マルカアイチャンの2009 購買価格 4,000万円(税抜) ジャングルポケット
性別毛色 牡 栗毛 購買者 谷掛龍夫氏 マルカアイチャン
生年月日 2009年3月14日 販売者 社台ファーム 母父 フレンチデピュティ

父は日本ダービー、ジャパンCの覇者。種牡馬としても成功し、オウケンブルースリ(菊花賞)、トールポピー(オークス)、ジャガーメイル(天皇賞・春)を出している。仕上がりの良さと成長力、スピードとスタミナを兼備した万能血統で、活躍馬はマイラーからステイヤーまで幅広い。長距離のスタミナを伝える種牡馬としては貴重な存在。

母はつわぶき賞(芝1200m)など2勝。祖母マルカコマチは京都牝馬特別の優勝馬で、その兄インターフラッグはステイヤーズSの優勝馬。地味ながらオープン級をコンスタントに出し、頑健で競走寿命が長い特徴を持つ。ステイヤーやダートの活躍馬も出るが、本質は芝のマイルから中距離向き。

母父は力強い短中距離血統だが、配合に応じてステイヤーも出す。代表産駒にクロフネ(ジャパンCダート)、レジネッタ(桜花賞)、アドマイヤジュピタ(天皇賞・春)がいる。芝は時計のかかる馬場が合っており、雨の道悪馬場にもめっぽう強い。海外ではすでにブルードメアサイヤーとして実績を上げており、日本でも活躍が期待されている。

ディスカバリングビューティーの2009

馬名 ディスカバリングビューティーの2009 購買価格 4,000万円(税抜) ディープインパクト
性別毛色 牡 鹿毛 購買者 金子真人ホールディングス(株) ディスカバリングビューティー
生年月日 2009年4月21日 販売者 (有)ノーザンレーシング 母父 Theatrical

父はサンデーサイレンスの最高傑作。デビュー戦から連勝街道を突っ走り、無敗の三冠馬に輝いた。4歳時も天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念を制覇し、2年連続の年度代表馬に。国内史上最高額の51億円のシンジケートが組まれ、初年度産駒は高額の落札が相次いだ。確かに本年デビューの2歳馬は、父を彷彿とさせる走りを見せている。

母は米国産。2戦0勝ながら、姉にゴールドビューティ(米チャンピオンスプリンター)、兄にザプライムミニスター(米GU)がいる。母系は世界的な名牝系。近親にはデイジュール(全欧3歳牡馬チャンピオン)、メイプルジンスキー(米GT2勝)、スカイビューティ(米古牝馬チャンピオン)ら大物が目白押し。ダートで活躍中のバーディバーディも同族で、芝、ダートの両面で活躍が期待できる。

母父はスピードとスタミナ、仕上がりの良さと成長力を合わせ持つ万能血統。2400m級の大レースでとくに強く、代表産駒にヒシアマゾン(エリザベス女王杯)、ザグレブ(愛ダービー)がいる。また母父としてもスタミナ、成長力を補強して優秀で、レイルリンク(凱旋門賞)、イングリッシュチャネル(BCターフ)といった大物ステイヤーが多数出ている。

ライタープロフィール

吉沢譲治(血統評論家)

’99年1月、『競馬の血統学』でJRA賞馬事文化賞を受賞。母系を重視した評論でも知られている。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN