【1歳】ミステリアスオーラの2014

性別毛色 牡 鹿毛
生年月日 2014年2月10日生
キングズベスト
ミステリアスオーラ
母父 シンボリクリスエス
落札価格 2300万円(税抜)
落札者 M・Kenichiホールディング(株)
販売者 (有)笹地牧場

父は英2000ギニー(G1・芝8ハロン)の勝ち馬で、歴史的名牝アーバンシー(ガリレオ、シーザスターズの母)の半弟にあたる。母方はドイツ血統なので異系色が強い。産駒がデビューしてしばらくは安定性に欠けるマイラー型種牡馬といった印象だったが、エイシンフラッシュとワークフォースという日英のダービー馬を送り出して評価を高めた。基本的にヨーロピアンタイプなので交配相手の牝馬には軽快なスピードが欲しいところ。

母は未勝利馬。ツルマルバクシン(準オープン)、ウインイージス(準オープン)の半妹で、フジキセキの姪にあたる。初仔のモアザンイナフはJRAで3戦未勝利のあと名古屋公営の中央交流戦で初勝利を挙げた。ミルレーサーを起点とする活力あるファミリーに属しており、サンデーサイレンスもキングマンボも入っていないので、付けられない種牡馬がほとんどいないというメリットがある。

母の父シンボリクリスエスは2年連続年度代表馬に選ばれた名馬で、引退レースとなった4歳時の有馬記念は後続に9馬身差をつける圧勝だった。ロベルト系らしい持続力を武器とし、エピファネイア、ストロングリターンといった芝の大物だけでなく、サクセスブロッケンのような砂の猛者も出している。母の父として送り出した3頭の重賞勝ち馬はすべて父がサンデーサイレンス系だ。