【1歳】ハートオブクィーンの2014

性別毛色 牡 黒鹿
生年月日 2014年5月4日生
キングズベスト
ハートオブクィーン
母父 ジョリーズヘイロー
落札価格 2800万円(税抜)
落札者 国本 哲秀氏
販売者 木村牧場(有)

父は英2000ギニー(G1・芝8ハロン)の勝ち馬で、歴史的名牝アーバンシー(ガリレオ、シーザスターズの母)の半弟にあたる。母方はドイツ血統なので異系色が強い。産駒がデビューしてしばらくは安定性に欠けるマイラー型種牡馬といった印象だったが、エイシンフラッシュとワークフォースという日英のダービー馬を送り出して評価を高めた。基本的にヨーロピアンタイプなので交配相手の牝馬には軽快なスピードが欲しいところ。

母は函館2歳Sを制した仕上がり早のスピードタイプで、桜花賞でも4着と健闘した。2代母はミスタープロスペクター系のウッドマンを父に持ち、レイズアネイティヴ3×3というきわめてスピード色の強い配合構成。これは息子の父キングズベストに足りない要素だと思われるので好感が持てる。アドマイヤムーンを父に持つ初仔は現在1勝。繁殖牝馬としてはまずまずの成績だ。

母の父はアメリカでダートG1を3勝。9〜10ハロンを得意とした。種牡馬としてはそれよりも短い距離に適性を示し、ベストは1400m以下の短距離だった。「ヘイロー×サーアイヴァー」は名牝グッバイヘイロー(キングヘイローの母)と同じ。パワフルなアメリカ牝系に属しているので、どちらかといえば芝よりもダートを得意としており、母の父としてもダートの成績が勝っている。