セレクションセール 2014高額取引馬(1歳)|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

高額取引馬(1歳)

アルカイックレディの2013

馬名 アルカイックレディの2013 落札価格 4300万円(税抜) ハーツクライ
性別毛色 牡 栗毛 落札者 永井 啓弐氏 アルカイックレディ
生年月日 2013年3月21日生 販売者 (有)梅田牧場 母父 Mr.Greeley

父はこの春に大ブレイク。オークスをヌーヴォレコルト、日本ダービーをワンアンドオンリー、安田記念をジャスタウェイが制した。とくにジャスタウェイは3月の海外遠征でドバイデューティフリーを圧勝。IFHA(国際競馬統括機関連盟)から130ポンドの評価が与えられ、現在世界一の座についている。晩成型の中長距離タイプで、サンデー系らしく末脚勝負型が多い。

母は現役時代3戦未勝利。初仔エイシンキンチェムは新馬−ダリア賞を連勝し、兵庫チャンピオンシップで4着。その全妹で3番仔エイシンオルドスは新馬−りんどう賞を連勝し、ファンタジーS4着。繁殖牝馬としては仕上がり早の良駒を送り出して成功している。本馬の父ハーツクライは晩成型の傾向がうかがえるので、母方から仕上がりの早さを取り入れた配合は魅力的だ。

母の父は米国産。北米で16戦5勝。ダ6〜7ハロンのG3を3勝したほか、ブリーダーズCスプリント(G1・ダ6ハロン)でクビ差2着と健闘した。種牡馬としては仕上がりの早さとスピードを武器に成功を収め、アメリカだけでなくヨーロッパでもフィンシールベオ(英・愛1000ギニー)という大物を送り出した。芝・ダートを問わずスピードを発揮する日本向きの種牡馬だ。

タイキシャインの2013

馬名 タイキシャインの2013 落札価格 3500万円(税抜) ハーツクライ
性別毛色 牡 栗毛 落札者 (株)ノースヒルズ タイキシャイン
生年月日 2013年2月26日生 販売者 山際 辰夫氏 母父 タイキシャトル

父はこの春に大ブレイク。オークスをヌーヴォレコルト、日本ダービーをワンアンドオンリー、安田記念をジャスタウェイが制した。とくにジャスタウェイは3月の海外遠征でドバイデューティフリーを圧勝。IFHA(国際競馬統括機関連盟)から130ポンドの評価が与えられ、現在世界一の座についている。晩成型の中長距離タイプで、サンデー系らしく末脚勝負型が多い。

母はこれまでに産んだ3頭中2頭がいずれも中央で勝ち上がり、マイネルリヒト(父ステイゴールド)は現在3勝を挙げている。現役時代1勝もできずに繁殖入りした馬としては上々の成績だろう。本馬は「ハーツクライ×タイキシャトル」なので今年の日本ダービーを制したワンアンドオンリーと同じ組み合わせ。この配合的なプレミアによってセリ価格が上昇した、という側面はありそうだ。

母の父は日本競馬史上最強マイラーの1頭で、通算成績13戦11勝。マイルチャンピオンシップ2回、安田記念、スプリンターズSなどを制し、フランスに遠征してジャック・ル・マロワ賞を制した。種牡馬としてもメイショウボーラー、ウインクリューガー、サマーウインド、レッドスパーダなど多くの活躍馬を送り出して成功している。仕上がりの早さとスピードが最大の特長。

ビーナスラインの2013

馬名 ビーナスラインの2013 落札価格 3200万円(税抜) キングカメハメハ
性別毛色 牡 栗毛 落札者 (株)ジェイエス ビーナスライン
生年月日 2013年2月24日生 販売者 (有)酒井牧場 母父 フジキセキ

父は2010、11年のリーディングサイアーで、サンデー系が支配するわが国の生産界における最も優れた非サンデー系種牡馬。どんな条件でも実績を残すオールラウンダーだが、最も得意とするのはダート戦。このカテゴリーではゴールドアリュールを抑えてトップに立っている。自身がそうだったように距離は問わず、芝短距離では国際級の名馬ロードカナロアを送り出している。

母は函館スプリントSを勝った一流スプリンターで、G1の高松宮記念でも4着と健闘した。カミソリのような切れ味を武器とし、函館スプリントSでは後方から鮮やかに突き抜けた。2代母ホクトペンダントは報知杯4歳牝馬特別2着馬、3代母ホクトビーナスは桜花賞2着馬と、3代にわたって優れたスピードが伝わっている。この特長を産駒にも伝えたいところ。

母の父は現役時代に朝日杯3歳Sなど4戦全勝。サンデーサイレンスの初年度産駒であったため、種牡馬生活の前半は父の全盛期と重なっていたが、その不利をはね返して着実に実績を残し、産駒の通算JRA勝利数は内国産種牡馬の歴代トップとなっている。イスラボニータ、ダノンシャンティ、キンシャサノキセキ、サンクラシーク、カネヒキリなど、距離の長短、馬場を問わない万能性が持ち味。

ユウサンポリッシュの2013

馬名 ユウサンポリッシュの2013 落札価格 3100万円(税抜) ハーツクライ
性別毛色 牡 鹿毛 落札者 大塚亮一マネジメント ユウサンポリッシュ
生年月日 2013年3月13日生 販売者 (有)ガーベラパークスタッド 母父 エルセニョール

父はこの春に大ブレイク。オークスをヌーヴォレコルト、日本ダービーをワンアンドオンリー、安田記念をジャスタウェイが制した。とくにジャスタウェイは3月の海外遠征でドバイデューティフリーを圧勝。IFHA(国際競馬統括機関連盟)から130ポンドの評価が与えられ、現在世界一の座についている。晩成型の中長距離タイプで、サンデー系らしく末脚勝負型が多い。

母は俳優の柳葉敏郎氏の所有馬で、現役時代は3戦未勝利。しかし、繁殖牝馬としては成功し、2番仔スーパーホーネット(父ロドリゴデトリアーノ)はスワンS、京王杯スプリングC、毎日王冠、マイラーズCと4つの重賞を制した。とくに毎日王冠は女傑ウオッカを差し切っての勝利だけに価値が高い。ニジンスキー、ザミンストレルといったビッグネームも名を連ねる名門牝系の出身だ。

母の父は北米の芝中長距離路線で活躍し、ソードダンサーH(G1・芝12ハロン)を二度制覇するなど4つのG1を制した。まだ若手だった時代の武豊騎手が渡米した際、セネカH(G3・芝13ハロン)で本馬に騎乗し、見事勝利を収めた。これが日本人騎手による海外重賞初制覇だった。のちに種牡馬として輸入され、種付けを行ったものの、芳しい成績は残せなかった。

クイーンエタニティの2013

馬名 クイーンエタニティの2013 落札価格 2750万円(税抜) タニノギムレット
性別毛色 牡 鹿毛 落札者 (株)吉澤ステーブル クイーンエタニティ
生年月日 2013年3月20日生 販売者 (有)桜井牧場 母父 Kingmambo

父はサンデー全盛期に日本ダービーを制したロベルト系の名馬。娘のウオッカが5年後に日本ダービー馬となったので、親子2代制覇を成し遂げている。その父ブライアンズタイムはダートに強く、小回りコースを得意としているが、それとは対照的に本馬は芝向きで、直線の長いコースに向く。ウオッカのほかにスマイルジャック、オールザットジャズ、アブソリュートなどが重賞を勝った。

母は27戦1勝の下級条件馬だったが、繁殖牝馬としてはまずまず。これまでに勝ち上がったのはシンボリクリスエス産駒の2頭とマヤノトップガン産駒。すべてロベルト系だ。本馬の父はロベルト系のタニノギムレットなので悪くない。3代母シックベルはオークス馬チョウカイキャロルの母の全姉。チョウカイキャロルはブライアンズタイム産駒なのでこれもロベルト系だ。

母の父は米国産。仏英で13戦5勝。80年代世界最強マイラーである女傑ミエスクの息子で、父は大種牡馬ミスタープロスペクター。当時における世界屈指の良血馬といっていい。現役時代にマイルG1を3勝し、種牡馬としても大成功。ヨーロッパを中心に多くの名馬を送り出し、日本でもエルコンドルパサー、キングカメハメハがG1馬となった。サドラーズウェルズ牝馬とのニックスは有名。

モエレオープンヒメの2013

馬名 モエレオープンヒメの2013 落札価格 2600万円(税抜) エンパイアメーカー
性別毛色 牡 鹿毛 落札者 (有)シルクホースクラブ モエレオープンヒメ
生年月日 2013年2月22日生 販売者 (有)笠松牧場 母父 サンデーサイレンス

父は現役時代にベルモントS(米G1・ダ12ハロン)などG1を3勝した名馬。種牡馬としても成功し、12年の米サイアーランキングでは2位だったものの、集計を北米のみに限定するとトップだった。今年の2歳世代が日本における初年度産駒。持込馬のフェデラリストが芝重賞を勝っているものの、基本的にはダート向きで、ユニコーンSに多くの出走馬を送り込みそうだ。

母は「サンデーサイレンス×イージーゴーアー」という組み合わせ。現役時代にライバルだった馬同士の配合なので夢がある。3代母オープンマインドは、89年春にサンデーとイージーゴーアーが激闘を繰り広げる米三冠の裏で、無敵の連勝を重ねていた名牝。ニューヨーク牝馬三冠やケンタッキーオークスなどG1を7勝した。母はパワー型の血を強く受けているのでダート向きだろう。

母の父はわが国の生産界が持ち得た史上最高の名種牡馬。13年連続リーディングサイアーの座につき、ブルードメアサイアーランキングでも07年以降首位を独走している。昨年の種牡馬ランキングは上位10頭中7頭がサンデーの息子だった。すでに日本競馬の枠を超え、世界の血統シーンの中で重要な地位を占めるに至っている。芝向きのスピードと瞬発力が最大の持ち味。

ラブジュリエットの2013

馬名 ラブジュリエットの2013 落札価格 2500万円(税抜) マンハッタンカフェ
性別毛色 牝 黒鹿毛 落札者 (株)ジェイエス ラブジュリエット
生年月日 2013年4月21日生 販売者 鮫川 啓一氏 母父 フサイチコンコルド

父は菊花賞、有馬記念、天皇賞(春)を制した名馬。長距離の大レースで良績を残したものの、サンデー系らしい切れ味勝負で勝ったという印象が強く、本質的にはステイヤーというよりも中距離馬だった。種牡馬としても成功し、09年にリーディングサイアーとなっている。自身の特長を強く伝えるタイプではなく、交配牝馬の個性に応じてさまざまな産駒を出す傾向が見られる。

母は不出走馬だが、全姉に重賞4勝のオースミハルカ、半兄に新潟大賞典を二度制したオースミグラスワンを持つ。繁殖牝馬としては期待できそうだ。「マンハッタンカフェ×フサイチコンコルド」の組み合わせはNHKマイルCを勝ったジョーカプチーノと同じ。父マンハッタンカフェはカーリアンと相性抜群で、この配合からレッドディザイア、ガルボなど多くの活躍馬が誕生している。

母の父は日本ダービー馬。デビュー3戦目の戴冠は戦後初。3月9日のすみれSから本番直行という臨戦過程も異例中の異例だった。皐月賞馬アンライバルドの半兄で、近親には多くの活躍馬がひしめている。脚部不安に泣かされなければもっと多くのタイトルを獲っていただろう。種牡馬としてはブルーコンコルド、バランスオブゲームが代表産駒で、軽快さよりも重厚さを伝えるタイプだった。

ゴールドグレースの2013

馬名 ゴールドグレースの2013 落札価格 2350万円(税抜) クロフネ
性別毛色 牡 鹿毛 落札者 (有)雅苑興業 ゴールドグレース
生年月日 2013年3月28日生 販売者 鮫川 啓一氏 母父 エリシオ

父は日本史上最強のダートホース。武蔵野S(G3・ダ1600m)を1分33秒3、ジャパンCダート(G1・ダ2100m)を2分05秒9という驚異的なレコードで連勝した。砂専用馬ではなく、芝でもNHKマイルCを制している。種牡馬としてはダート向きの特長を伝えて成功した。牝馬はマイル以下の芝に適性を見せ、カレンチャンやスリープレスナイトのような大物が出現している。

母は現役時代、北関東、南関東、岩手を渡り歩いて42戦5勝の成績を残した。繁殖牝馬としては摩耶S(1600万下・ダ1800m)を勝ってオープン入りを果たしたヒルノマドリード(父マンハッタンカフェ)を出している。近親にはオースミハルカ(重賞4勝)、オースミグラスワン(新潟大賞典2回)、オースミイチバン(ダイオライト記念)などがいる。

母の父は凱旋門賞を5馬身差で圧勝するなどG1を4勝した名馬。父としてはポップロックとヘルスウォールが目立つ程度だが、母の父としてはサダムパテック、アドマイヤラクティ、コスモヘレノス、シェーンヴァルト、マーブルカテドラルなど続々と活躍馬を送り出している。種牡馬として活躍中のファルブラヴは「フェアリーキング×スルーピー」というまったく同じ組み合わせだ。

ブルーオアシスの2013

馬名 ブルーオアシスの2013 落札価格 2300万円(税抜) ダイワメジャー
性別毛色 牡 栗毛 落札者 (有)雅苑興業 ブルーオアシス
生年月日 2013年2月15日生 販売者 (有)天羽牧場 母父 Sadler's Wells

父はサンデー系のなかでもスピードを武器とするタイプ。現役時代に皐月賞、天皇賞(秋)を制しているが、本質的にはマイラータイプで、安田記念、マイルチャンピオンシップ(2回)を制してJRA賞最優秀短距離馬に2回選出された。産駒は2000m以下で本領を発揮し、代表産駒のカレンブラックヒルはNHKマイルCを、コパノリチャードは高松宮記念を制した。2歳戦の強さもセールスポイント。

母は英仏愛で7戦1勝。英ステークスレースで2着という成績がある。イギリスで2頭、日本で3頭が競走年齢に達したが、いまのところ活躍馬はいない。大阪杯を勝ったショウナンマイティはいとこにあたる。「ダイワメジャー×サドラーズウェルズ」という組み合わせはヤマニンファラオ(ラジオNIKKEI賞−2着、青葉賞−4着)と同じ。先行して後続をねじ伏せるタイプだろう。

母の父は英・愛リーディングサイアーに14回輝いた大種牡馬。日本向きのスピードや瞬発力には欠けるものの、スタミナと底力は抜群で、ガリレオやモンジューをはじめ多くの大物を送り出した。この2頭は種牡馬としても成功し、とくにガリレオは現在、ヨーロッパでは並ぶもののない大種牡馬として君臨。史上最強馬フランケルなどを送り出して強力なサイアーラインを築いている。

アートスタジオの2013

馬名 アートスタジオの2013 落札価格 2200万円(税抜) ワークフォース
性別毛色 牡 鹿毛 落札者 増田 雄一氏 アートスタジオ
生年月日 2013年3月3日生 販売者 (有)矢野牧場 母父 Bernardini

父は英国産。英仏で9戦4勝。英ダービーを7馬身差でレコード勝ちし、凱旋門賞では日本のナカヤマフェスタをアタマ差破って優勝した。日本ダービー馬エイシンフラッシュと同じくキングズベスト産駒で、その父キングマンボと母の父サドラーズウェルズは有名なニックス。エルコンドルパサーがこの組み合わせから誕生している。芝・ダート兼用の重厚なスタミナタイプで底力は満点。

母は米国産。出走経験はないものの、多くの名馬が誕生したコートリーディーを祖とする名門牝系に属している。2代母と3代母は米G2勝ち馬で、とくに3代母アーイシャは、ヤマニンパラダイス(阪神3歳牝馬S)の母やベルトリーニ(ジェンティルドンナの母の父)の母と全姉妹の関係にある。スピード豊かな血が集められているので、ワークフォースの交配相手としては悪くなさそう。

母の父は米国産。北米で8戦6勝。米三冠のひとつプリークネスSなど3つのG1を制し、米最優秀3歳牡馬に選ばれた。父エーピーインディは米リーディングサイアー、母カララファエラは米G1馬という良血馬で、初年度産駒から多くの活躍馬を送り出している。年度代表馬に選ばれた女傑ゼニヤッタの初年度の交配相手に指名されたことでも期待のほどがうかがえる。パワー型のマイラー。

ライタープロフィール

栗山求(血統評論家)

大学在学中の1989年に競馬通信社入社。血統専門誌「週刊競馬通信」編集長を経て、現在はフリー。血統関係を中心に執筆活動を展開中。

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!
  • 20年分以上のJRA公式データを完全網羅!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

Androidアプリ
JRA-VAN競馬情報

  • ケータイサービスの機能をアンドロイドアプリへ継承しつつパワーアップ!
  • My注目馬のデータはケータイサービスから引継可能!

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN