セレクションセール 2013総括|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

セレクションセール 2013総括


アズマサンダースの2012(牡)

セレクトセールとセレクションセールにおける、マスコミとしての大きな違い。それは高額落札馬が誕生した後、セレクトセールでは落札者を取材陣が取り囲むのに対し、セレクションセールでは上場者として名簿に名を記す、生産者の元に取材陣が集まるということである。

それはセレクトセールとセレクションセールにおける、高額落札馬の数字の違いも1つの要因かもしれない。「セレクトセール2013」における、最高額馬となったのは、当歳セクションに上場され、2億4000万円という評価を集めたアゼリの2013(牡、父ディープインパクト)。一方、今年のセレクションセールではアズマサンダースの2012(牡、父キングカメハメハ)の4600万円が最高額馬となっている。

ミリオンどころか、ダブルミリオンを超える取引馬を送り出した生産者は高く評価されるべきなのだろうが、ダブルミリオン以上の競走馬を落札したバイヤーはセレクトセールでも数えるほどしかいないことを考えると、競走馬としての期待や今後の未来を含めて、そのバイヤーに話を聞いてみたくなる心境はマスコミではなくとも理解ができる。

種牡馬の違い、年齢の違いこそあるが、セレクトセールの1歳セクションでは、トゥザヴィクトリーの2012(牝、父キングカメハメハ)が1億500万円の評価がされたことを考えると、同じ種牡馬でもかなりの開きがあることが分かる。

それでもセレクションセールに上場馬を送り出した生産者は落札のたびに、表情を崩さんばかりの笑顔を残し、時にはこの日までに最高の状態に馬を仕上げたコンサイナーと力強い握手を交わす。それは「セレクションセール」という舞台に、選ばれた生産馬を送り出した喜びであり、そして血統や競走成績などに関係なく、シビアな視線を上場馬に送り続けるバイヤーから高い評価を受けたという達成感でもあるのだろう。

アズマサンダースの2012を生産し、セレクションセールまでの飼養も行った(有)日高大洋牧場の小野田宏ゼネラルマネージャーは、

「一時はセレクトセールに上場させることも考えましたが、血統的評価がよりされる場所はセレクションセールと思っていました」

と上場の経緯を語る。同時期に2つのセールがある以上、生産者としては両天秤になることは否めない。社台グループの生産馬の中に入ると売却成績が落ちると言われる、日高産馬のセレクトセール上場馬ではあるが、それでも今年は売却率で約75%という高い数字を記録。その中からは1億円を超える取引馬も現れるなど、より多くのバイヤーに見てもらえることが、結果としてその馬の評価を上げることにもなる。

一方、今年のセレクションセールには、セレクトセールには及ばないものの、過去最高となる350名を超える購買者登録があった。購買者が増えればセリも活気付くのは自明の理でもあり、昨年を超える売却率の増加(63.84%)、そして売り上げ額の増加(18億6870万円)となったのも頷ける。何よりこの数字の裏付けとなったのは、ブラックタイプの優秀さや馬体の良さを含め、「セレクション」された馬が揃ったということにつきるのだろう。

しかも一昨年から行ってきた上場馬の並びの変化を、今年はよりドメスティックに変更。セリ開始直後からの盛り上がりを、ラストの方で登場してきたアズマサンダースの2012まで会場の熱を冷ますことなく、コンスタントに高額落札馬を誕生させることにも繋がっていた。

売却率が上がり、高額落札馬が誕生するようになれば、バイヤーの視点も、そして上場者の意識も変わってくる。今年、セレクションセールには470頭の申し込みがあったが、その中で上場を許されたのは237頭の馬(欠場馬除く)。それはHBA職員の選定の結果でもあり、その結果が成果として現れたとも言えるのではないだろうか。

日高軽種馬農協の木村貢組合長もその成果を認めており、

「今回はセリの3ヶ月前から選定を行ってきたこともありますが、その時までの成長を見越した選定を行うようにしてきました」

と語っている。実際に2000万以上の落札となった生産馬を送り出したある生産者からは、

「競走成績や産駒成績だけではない面も評価していただいたことが、この売却額に繋がったと思います」

と笑顔で話していた。また、木村組合長はこのセリ結果を受けて「100点満点の85点」と自己採点をした後で、

「セールの後には『競り合ったけど買えなかった』という馬主さんの声も多く聞かれていました。こうした方々はサマーセールにもご来場していただけるでしょうし、セレクションセールの流れを組みながら、職員と組合員が1つとなって、サマーセールもより良い市場としていきたいです」

と前を見据えていた。8月19日から22日まで同じHBA北海道市場にて開催されるサマーセールでも、高額落札馬が誕生した暁には満面の笑みを浮かべた生産者から、1つでも多くの喜びの声を聞かせてもらいたい。

(村本浩平)

*各馬の落札価格は税別。

ライタープロフィール

村本浩平(競馬ライター)

北海道在住の“馬産地ライター”として、豊富な取材をもとに各種競馬雑誌で活躍中。

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!
  • 20年分以上のJRA公式データを完全網羅!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

Androidアプリ
JRA-VAN競馬情報

  • ケータイサービスの機能をアンドロイドアプリへ継承しつつパワーアップ!
  • My注目馬のデータはケータイサービスから引継可能!

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN