セレクションセール 2011総括|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

セレクションセール 2011総括


ダンジグジョイ


トゥインクルレイン

 申し込み数の減少した当歳市場の開催を中止し、例年好調な売上げを誇る1歳市場を2日間開催した今年のセレクションセール。購買者にとっては選択の幅も広がり、実際に初日は60%を超える60.22%の売却率を記録したものの、2日目の売却率は51.39%と、昨年の一歳市場と比べても大きく落ち込んだ。

 2日間トータルの売却率は55.83%となり、前年の1日開催で記録した57.55%を下回った。また、1頭あたりの売却平均価格は約873万円で、この数字も約1035万円から数字を落とした。売上総額は17億5540万円で、昨年のセレクションセールで記録した16億6530万円こそ上回ったものの、落札率の低下と平均価格の減少が響き、2日間開催におけるメリットを生かすとまではいかなかった。

 この結果を受けてマスコミ陣の取材に答えたHBA荒木正博市場長は、
「2日間開催での目標は20億円だったことを考えても、合格点を与えるとまではいかない結果となったのは事実。来年以降はまだ選抜のレベルをあげて、今回よりも数を絞った形でのセリを開催したい」
  と厳しい表情で語っていた。

 マスコミから「頭数を絞るのではなく、厳選した形での1日開催で行うという考えはないのか?」と質問を向けられると、
「組合員からの申し込み頭数も多く、更に上場馬の質などを向上させていけば、高い売却率を残すことができるはず」と来年以降も2日間開催の意志があることを述べていた。また、今年から行われた事前展示などによる上場馬の移動を緩和するために、屋内運動場を兼ねた仮馬房の設置も来年までの導入を考えていることもプランとして伝えられた。

「セレクション」が付くセールと、上場馬の増加は相反するのではとも思っていたが、結果的にはセリ全体が間延びしていたような印象を購買者に与えていたのも否めなかった。特に2日目は前日に記録した高い売却率という追い風があったのにも関わらず、それを生かすことができなかったのは、連休明けの開催となったことや、台風の影響により帰宅を早めた購買者もいたのかもしれない。だが、2日間に渡って市場で馬を選ぶという購買者の気持ちを高揚させられなかったということがあるのも否めない。

 セレクションだけに上場馬の質の向上は、来年以降も取り組まなければいけないことである。その一方で1日開催まで上場頭数を絞り込むのも考えなくてはいけないことであるし、セレクションしたという血統的背景、また外見的評価など、主催者側がまだ特色を組んだ上場順なども考えなくてはいけないとも思う。例えば、1日目はブラックタイプにおける点数の高い馬、2日目は外見的評価の高い馬など、バイヤーの興味をそそるような割り振りをしてもいいのではないだろうか。

 荒木市場長は最後に、
「この業界の落ち込みはまだ続くかもしれないが、それを乗り越えた先には必ずいい結果が出ると信じて、組合員と共に頑張っていきたい」
  と話していた。生産者にとって、セリでの売買が競走馬流通の中心となってきた今、HBAの市場にとってその中核であるセレクションセールは、最も高いステージであり、そこに馬を上場させることが目標であり、そこで高い評価を得るというのはステータスでもある。だからこそ、まだセレクションセールの価値を高める姿勢、そして売却実績だけでなく、取引馬の競走成績といった結果が、来年以降に現れることを期待したい。

(村本浩平)*各馬の落札価格は税別。

ライタープロフィール

村本浩平(競馬ライター)

北海道在住の“馬産地ライター”として、豊富な取材をもとに各種競馬雑誌で活躍中。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN