セレクションセール 2011セレクションセール 今年の見どころ|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

セレクションセール 今年の見どころ

北海道市場で行われるセレクションセールが、大きく様変わりをした。昨今の購買者事情を考慮し当歳市場を休止。その代わりに充実著しい1歳市場を拡充し2日間開催となった。その理由について主催する北海道市場では「血統、飼養管理技術ともにレベルの向上が著しく、1日開催の限界頭数にまで絞り込めなかった。上場頭数を増やすことで血統的な多様性を購買者にアピールできると判断しました」と語っている。また、上場番号も昨年までは公平性を重視していたが、こちらも購買者、販売申込者の要望を聞き入れる形に変更されている。

セレクションセールの最大の特徴は牧場訪問による実馬検査だ。せりへの上場を希望する馬は、一部、明らかに血統的な選定基準に達しない馬を除き、専門検査員の目で確認されたのちに上場が決められる。そのためにどんなに煌びやかな血統馬であろうと馬体や馬格、あるいは成長過程に疑問符がつけられれば上場を許されないこともある。近年では血統による選定に重きが置かれるようになってきたが、この実馬検査がセレクションセールを支えているといっても過言ではない。今年、その狭き門をくぐりぬけた馬は380頭。

JRA最優秀2歳牡馬セイウンワンダーやNHKマイルC優勝のロジック、川崎記念のフィールドルージュといった馬たちは、そういった中から生まれてきた活躍馬だ。

そういった狭き門をくぐりぬけて、今年も半姉にG13勝テイエムオーシャンがいる「リヴァーガールの2010」(牡、父アドマイヤムーン)や高松宮記念サニングデールの半弟「カディザデーの2010」(牡、父スペシャルウィーク)あるいは南関東の歴史的名馬アジュディミツオーの半妹「オリミツキネン2010」(牝、父キングヘイロー)などと言った日高を代表する血統馬たちがラインナップされた。これらは血統だけではなく、馬体も素晴らしいと評価された馬たちだ。

また、アグネスタキオンのラストクロップは6頭。2年連続チャンピオンサイアーを狙うキングカメハメハの産駒は4頭。ディープインパクトの産駒もいる。ほか、重賞勝馬の弟妹という血統馬が26頭。母が重賞勝馬、若しくは入着馬も26頭(一部重複ある)いるという豪華ラインナップ。そのすべてが実馬検査をクリアした馬ばかりというのが心強い。

ライタープロフィール

山田康文(道新スポーツ記者)

1963年東京生まれ。
道新スポーツ馬事通信部記者。北海道新聞中央競馬本紙予想担当でもある。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN