セレクションセール 2011セレクションセールの歴史|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

セレクションセールの歴史

歴史

HBA(日高軽種馬農協)の主催する定期市場において、総売上額、売却頭数、売却率共に、最も高い数字を記録しているのがこのセレクションセール。血統だけでなく、実馬検査も通った選ばれた馬しか上場できないセールとあって、生産者やセリに向けての馬作りを行うコンサイナーは、実馬検査とセリの当日の二度に渡って緊張の日々が訪れる。

近年、コンサイナーによる中期育成技術の向上が著しいが、それが最も良い形として現れたのがこのセレクションセールとも言える。昨年も1頭辺りの平均価格において、前年を越える数字を残し、定期市場の中でも「セレクションセールだけは特別」との意識をバイヤーに強く印象付けた。
 
外見的要素だけでなく、日高で繋養されている多くの種牡馬の産駒が上場されるのもこのセレクションセールの特徴。また、ブラックタイプは薄くとも、実馬検査を経て高い外見的評価を得た馬が、バイヤーからの注目を集めて、高額の取引がされることも珍しくない。

今年は18日と19日の両日に、新ひだか・HBA北海道市場で1歳市場が開催。例年は1日目に1歳市場、2日目に当歳市場のスケジュールで行われてきたが、今年は当歳市場の申し込み数の減少により、1歳市場が2日間の開催となり、380頭の1歳馬が上場を予定している。

数が増えたと言えども、厳しい実馬検査の選考基準には変わりはない。むしろ、例年ならセレクションされるかされないかのギリギリで上場を逃していたような1歳馬たちが名簿に掲載されることで、バイヤーの興味は更に高まった感も受ける。

日本競馬界の至宝ブライアンズタイムの産駒たちや、日高から世界を沸かせる種牡馬となったワイルドラッシュの産駒、また日本最強マイラーとして名高いタイキシャトルの産駒が上場。その他にもステイゴールド、グラスワンダーなど、今年春のGTウイナーを送り出した父の産駒も数が揃った。

血統、上場馬のレベルと共に日高産馬の魅力がぎゅっとつまった今年のセレクションセールは、例年以上に見応えのある2日間となりそうだ。

ライタープロフィール

村本浩平(競馬ライター)

北海道在住の“馬産地ライター”として、豊富な取材をもとに各種競馬雑誌で活躍中。

過去のGTウイナー

  • セイウンワンダー(朝日杯FS)
  • サニングデール(高松宮記念)
  • ロジック(NHKマイルC)
  • メルシーエイタイム(中山大障害、東京ハイジャンプ)
  • フィールドルージュ(川崎記念)

過去の重賞馬

  • エーシンホワイティ(ファルコンS)
  • アントニオバローズ(シンザン記念)
  • アンペア(エーデルワイス賞)
  • ラッシュストリート(佐賀記念)
  • トーホウレーサー(ニュージーランドT)
  • マンハッタンスカイ(福島記念)
  • ピカレスクコート(ダービー卿CT)
  • トップガンジョー(エプソムC、新潟記念)
  • キネティクス(富士S)
  • ハードクリスタル(東海S、ブリーダーズゴールドC)
  • トーセンジョウオー(エンプレス杯、関東オークス、マリーンC、スパーキングレディー)

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN