セレクションセール 2009セレクションセール 今年の見どころ|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
セレクションセール2009特集

セレクションセール 今年の見どころ

若い時分は、プロ野球もラグビーもサッカーも相撲も、いろんなジャンルのスポーツを、テレビにかじりついて観ていたような気がするが、十年以上前から、たまに観るのは大リーグのヤンキースの松井か楽天イーグルスのマークンくらいだろうか。
もちろん、毎朝の新聞で結果記事を読むには読むが、競馬以外、実を入れることが少なくなったような気がするなぁ。

なんて、グリーンチャンネルでセリを放送していたりする午後は、ビール片手に畳に寝っ転がり、ふんふんと鼻を鳴らしながら、これは高い――いや、この血統の馬が、あんな値段で落札されて、すんごいお買い得じゃないか。ブツブツ呟きながら、一日を過ごすのが実に楽しい。
ひと昔前は、テイエムオペラーの登場に、思わずくわえていた煙草を落っことして畳に穴をあけ、家人にエラく怒られたこともあったっけ(笑)。
しかし何故か最近、従兄弟たちが馬主になったりして(丹下一族は、ワタシ以外の、特に母系が優秀)、単にテレビを観るだけの、究極の暇潰しにすぎなかったセレクションセールが、彼らが実際にセリに足を運ぶようになったこともあって、他人事ではなくなってきた。
ま、何千万も動かせるような大物馬主でもなく、セリの途中までは元気に手を挙げても、上限は決まっている。最後は指をくわえて、お決まりのように、「高すぎるよ」と負け惜しみを言いながら帰るのがオチで、セイウンワンダーやアントニオバローズが上場されていたのも、「あの馬たち、いたっけ?」――ウロ覚えだったりするから、センスもゼロ(笑)。
なんて、日高地方の生産馬のラインナップを見ると、短距離の2歳戦に良績のあるプリサイスエンドや、今年の1歳が日本に輸入されてファーストクロップとなる、ファンタスティックライトにロックオブジブラルタルなどもいるが、種牡馬の陣容は、セレクトセールなどの他のセリとも、あまり差はない(売れ筋を追求すれば当然か)。
ただ、セレクションセールの特徴というか、楽しみは、日高地方ゆかりの、長い歴史の上に立った繁殖牝馬をジックリと眺めること。そして、新たに導入された血(繁殖牝馬)に、いかに勇気を持って参加するかにあるように思う。
これは、あくまで個人的な好き嫌いだが、1歳馬ならば、現在種牡馬リーディングをひた走るマンハッタンカフェ産駒は、母ザミル・ステラファンタジー・ラグジャリー・アラタマ。
シンボリクリスエス×キャメロンガール・ダンツクインビー。マイネルラヴ×ジョーセクレタリーに、タニノギムレット×ダイワラブリー。ネオユニヴァース産駒は、ポレント・ダイイチボタン。ストラヴィンスキー×トリプルタイム、デビッドジュニア×ナナコフレスコ、タイキシャトル×ホマレノプリンセス。
当歳馬は、カタログ写真こそないものの、血統レベルは1歳よりもグッと重厚。カワカミプリンセスの半弟にあたる、アドマイヤムーン×タカノセクレタリー。ジャングルポケット×アンダンテの姉は、つい先日の函館スプリントSを勝ったグランプリエンゼル。ステイゴールド×グリーンヒルマック・ジャスーラー。ネオユニヴァース×ホットマンボ・レッドジグ。アグネスタキオン×ブルーオアシス。ロージズインメイ×ダーケストスターなど、名血が目白押し。
ちなみに、1歳の名簿で、テイエムオペラオーの全妹であるピサノミライ(父キングカメハメハ)、当歳でロジータの近親にあたるデントロビウム(父ファンタスティックライト)を発見。近しい人たちが、「どうする、どうする。いくらで買える?」なんて騒いでいますが、まず買えないよなぁ(笑)。

丹下日出夫
丹下日出夫(競馬評論家)
「ホースニュース馬」を経て現在は毎日新聞本紙予想。POG大魔王の通称も定着している。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN