JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第64回 安田記念特集 2014年6月8日(日)15時40分発走 東京競馬場 芝1600m

安田記念とは

レース名は安田伊左衛門氏から命名

 1951年に日本中央競馬会の初代理事長・安田伊左衛門氏の功績を称え、創設された「安田賞」が前身。安田氏は競馬法の制定や日本ダービーの創設など競馬の発展に大いに尽力し、日本競馬の父と呼ばれる人物である。第1回は4歳以上のハンデキャップ重賞として、東京競馬場の芝1600mで行われた。58年に同氏が死去されたことに伴い、現在の『安田記念』へと改称された。

 84年のグレード制導入ではG1に格付け。同年より負担重量が定量に変更され、外国産馬も出走可能となった。93年には国際競走に指定。96年からは開催時期が日本ダービーの翌週に移設。出走条件が4歳(現3歳)以上に変更され、現在では春季におけるマイル王決定戦として定着している。05年から外国調教馬は9頭まで出走可能となった。

ゴール前で抜け出す勝負強さが不可欠

安田記念写真

 過去にはオグリキャップ、タイキシャトル、ウオッカなど日本を代表する一流馬が後続に差をつけて優勝している。

 ただ例年はゴール前で混戦になることが多い。過去10年でタイム差なしの接戦は過半数の6回、近3年はいずれもクビ差の決着となっている。11年はリアルインパクトがグレード制導入後初の3歳馬による優勝。昨年はスプリント界の王者に君臨していたロードカナロアがマイルでもその強さを発揮した。

 マイル適性の高さに加えて、勝負強さも不可欠な一戦だ。

国内外で活躍する強豪が集結

 ドバイデューティーフリーで6馬身以上の差をつけて圧勝したジャスタウェイ。「ワールド・サラブレッド・ランキング」において、日本競走馬初の単独1位を記録した同馬が参戦を予定している。

 他にも昨秋のマイルCSを制したトーセンラー、NHKマイルCでジャスタウェイを破っているカレンブラックヒル、マイラーズCで復活のレコード勝ちを決めたワールドエース。国内外で活躍する有力馬が東京芝1600mを舞台に激突する。

 真のマイル王者は果たしてどの馬か、直線の追い比べから目が離せない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN