JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第63回 安田記念特集 2013年6月2日(日)15時40分発走 東京競馬場 芝1600m

【ロードカナロア】マイルへの挑戦

ロードカナロア写真
高松宮記念を勝利したロードカナロア

高松宮記念は単勝1.3倍の大本命馬として登場。スタートがひと息で中団からの追走となったが、最後の直線では期待通りの末脚。上がり3ハロン33秒2の強烈な瞬発力で鮮やかに差し切った。ペースがあまり上がらず、上がりの競馬になりながらもレコードのおまけつきで完勝。昨年のスプリンターズS、香港スプリントに続くG1・3勝目を飾った。今回はマイル戦。挑戦者の立場だが、歴史的名馬の地力は底知れない。デビュー以来、3着以内を外したことがなく、1600mでも好勝負に持ち込めるかもしれない。この距離もクリアできれば今後の選択肢の幅がさらに広がる。


【グランプリボス】前哨戦で望外の好結果

グランプリボス写真
久々のG1制覇を目指すグランプリボス

前走マイラーズCは香港マイル12着後の休み明け。馬体重は10キロ増えていた。久々はあまり走らないタイプで毎日王冠6着、スワンS8着など、掲示板を外すこともめずらしくなかった。ところが前走は8枠発走から外を回り、内の各馬をねじ伏せるような走りで優勝。開幕週の馬場も考慮すると、望外の好結果と言える。走りすぎた反動さえなければ、引き続き本番でも期待できそう。昨年のマイルCS、安田記念ではともに惜敗の2着。NHKマイルC優勝以降遠ざかっているG1奪取は、目前のところまできている。


【サダムパテック】求められる最高のレース運び

サダムパテック写真
マイルCSを制したサダムパテック

今年は京王杯SCからの始動。連覇がかかった一戦だったが、後方寄りの追走で最後の直線も外からの追い出し。あまり鋭い脚は使えず7着に終わった。香港マイル6着からの休み明けで、前年の時よりも間隔は開いていた。それでもジリジリとは伸びてきており、勝ち馬とは0.3秒差。それほど悲観する競馬ではなかった。昨年のマイルCSでは内枠を生かし、巧みなコース取り。最後の直線でも「ここしかない」というところを一瞬の脚で抜けた。G1馬で実績上位ではあるが、勝つためには今回も最高のレース運びが要求されそうだ。


【カレンブラックヒル】マイル王の資格あり

カレンブラックヒル写真
古馬での頂点を目指すカレンブラックヒル

フェブラリーSへの挑戦は15着に終わり、芝に戻っての前走。マイラーズCではまずまずのスタートから気合いをつけられながらの追走。スピードがある本馬にしては意外なシーン。残り100mで先頭に立ちながら、ゴール手前で3頭に差し込まれた。印象はよくないが、結果的にはペースが速かった。昨年の天皇賞(秋)は厳しい展開を踏ん張っての5着。同レース8着のサダムパテックがマイルCSを制したことを考えれば、本馬の実力も推して知るべし。古馬のマイル王に立つ資格があるはずだ。前走を叩かれての変わり身に注目だ。


【ダイワマッジョーレ】コース適性と勢いが魅力

ダイワマッジョーレ写真
京王杯SCで重賞初制覇を飾ったダイワマッジョーレ

前走京王杯SCは混戦ムードの中、1番人気の支持を受けた。レースは少し離れた中団からじっくりと構えられ、最後の直線は外からの追い出し。横一線の叩き合いから末脚をグイグイと伸ばし1着でゴール。待望の重賞初制覇となった。上がり3ハロンは3位以内ではなかったが、終いの伸びは1頭だけ際立っていた。左回りの成績は【3.2.0.0】で連対率100%。その内東京は【2.1.0.0】で、好相性の舞台だ。今回、初のG1挑戦。骨っぽい相手は多いが、目下の勢いは魅力。速いペースになり、差し馬が上位にきやすい展開になれば楽しみだ。


【ヴィルシーナ】悲願のG1初制覇

前走ヴィクトリアマイルは好スタートから2番手の競馬。久々のマイル戦ながらスムーズに流れに乗ると、距離が長い東京の直線でも乱れぬ脚色。最後はホエールキャプチャの猛追を受けたが、なんか凌ぎ切り優勝を果たした。昨年のG1では2着続きで涙をのんだだけに、このG1初勝利は格別だろう。今回は中2週で牡馬に挑戦。09年にウオッカがヴィクトリアマイル→安田記念の連勝を飾ったが、相当タフで力強い地力の持ち主でないと克服できない芸当。ヴィクトリアマイルよりペース・勝ち時計が厳しくなるため、崩れてしまう懸念はある。

【ショウナンマイティ】焦点はマイルへの対応

昨年の産経大阪杯優勝を皮切りに、芝中距離路線でトップを争う存在へと成長。勝ち鞍には恵まれていないが、宝塚記念ではオルフェーヴル、ルーラーシップに次ぐ3着だった。その後は半年以上の休養を余儀なくされ、今年2月の京都記念で復帰。3コーナー手前で一気に先頭に立つ強引な競馬ながら3着。前走大阪杯はいつも通り末脚を生かす競馬。一度使われたことでガス抜きができ、オルフェーヴルの2着と迫った。今回の焦点は初のマイル戦。当然心配な点だが、強烈な決め手は魅力なだけに、距離不足も楽しみな一戦だ。地力的には、マイル戦線の猛者をもアッサリと切り捨ててもおかしくはない。

【ダークシャドウ】安田記念でも通用の実績

リアルインパクト、ストロングリターンと2年連続でこのレースを制している堀宣行厩舎が、3連覇を託すために送り込んできた。東京芝コースはベストでエプソムC1着、毎日王冠1着の実績。11年の天皇賞(秋)では2着に好走。芝1600mのキャリアは皆無だが、東京コースの格を見れば安田記念で通用しても全くおかしくない。04年安田記念優勝ツルマルボーイもダンスインザダーク産駒。破壊力がある末脚が武器である点は、本馬も似ている。ただ、ピーク時に比べると成績はひと息。勢いも欠く。一変できる雰囲気・状態であるかが気になるところだ。

【ナカヤマナイト】中山芝コースがベスト

重賞連勝がかかった前走新潟大賞典は1番人気の支持を受けたが、結果は5着。最後の直線、残り400m地点で左右の馬に挟まれる不利。それをはねのけて最後まで脚を伸ばしたが、前の馬を捕らえ切れなかった。トップハンデの58キロ、展開の不利もあり敗戦は仕方がないだろう。ただ、現時点では中山芝コースがベストパフォーマンスの場。古馬になっての重賞好走は中山記念、オールカマー、AJC杯。淀みない流れの小回りで、コーナーの数は多い方がいい。東京芝1600mでのスピード比べでは苦しくなりそう。瞬発力も見劣り、道悪が望ましいか。

【ダノンシャーク】近走の成果が見られるか

勝率や連対率の高さでは芝1800mがベスト。だが、近3走は芝1600mを使われている。昨年のマイルCSでは0.4秒差の6着。掲示板には乗らなかったが、G1初挑戦の身としては悪くない結果。今後の見通しがたった。今年1月の京都金杯ではインコースから豪快に捌いて圧勝。重賞初制覇を飾った。そして前走はマイラーズC。接戦だった上位争いの末、3着という結果。本番前の叩き台としてはまずまずの競馬と言えるだろう。ディープインパクト産駒の瞬発力は東京で脅威。元々末脚は堅実なタイプだが、同じ距離をつづけてきた成果が、この大一番で見られるかもしれない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN