JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
レース情報


安田伊左衛門を記念して創設

 中央競馬会初代理事長・安田伊左衛門の功績をたたえ、1951年に創設された「安田賞」を前身とする。安田伊左衛門は明治時代から競馬に携わり、競馬法制定や日本ダービーの創設などに尽力した人物である。安田氏の死去に伴い、58年に「安田記念」と改称されている。
創設から83年まではハンデキャップレースだったが、84年のグレード制導入に伴い定量のG1レースとなった。距離は第1回から1600m(60・61年のみ1800m)。93年からは国際競走に指定されて外国馬が出走可能になり、95年からは指定競走として地方馬も出走可能に。96年からは現在のように日本ダービーの翌週に開催され、3歳以上(現表記)となった。2005年からはアジア・マイルチャレンジを構成する一戦となっている。

マイルの王者決定戦

 創設から第33回までは、春の府中の掉尾を飾るマイル(1600m)のハンデ戦として、人気を集めたレースだった。しかし、グレード制の導入とともにマイルのチャンピオン決定戦に。83年以前は定量でマイラーの王者を決めるレースがなく、安田記念がその先駆けとなった。
G1となって以降の安田記念は、マイラーにとっての晴れ舞台。ニホンピロウイナーやニッポーテイオー、バンブーメモリー、ヤマニンゼファーといったマイルの王者が勝ち馬に名を連ねている。そして、93年に外国馬が出走可能になってからは、海外の名マイラーが続々と来日。ハートレイク、フェアリーキングプローン、ブリッシュラックが勝つなど、毎回のように上位に食い込んでいる。いまや、マイラーの世界一を決めるレースのひとつといっても過言ではないだろう。

毎回好タイムで決着

 84年にG1になって以降、99年のエアジハードまでは、「新興勢力が台頭したときに荒れることがあるものの、概ねマイル王者が順当に勝つレース」だった。しかし、2000年以降は全く様相が変わり、毎回大荒れ。外国調教馬の台頭、スプリンターやダート馬と思われていた馬の活躍などにより、一筋縄ではいかないレースとなっている。
毎回好タイムが出るのも大きな特長。03年、東京競馬場の馬場改修後に行われた安田記念では1分32秒1のコースレコード。その後の3回も勝ちタイムは1分32秒台となっており、当然のことだがスピードのない馬には勝てないレースである。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN