JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

アパパネ 最強牝馬2頭の対決を制す[2011年]

「現役最強馬」ブエナビスタ見参

 最強牝馬2頭の直接対決に沸いた2011年のヴィクトリアマイルは、期待にたがわぬ大熱戦となった。

 単勝オッズ1.5倍の1番人気に推されたのはブエナビスタだ。ここまでに阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、オークス、天皇賞(秋)などを制し、前年には年度代表馬のタイトルも獲得。実績的には頭ひとつ抜け出しており、牡馬を含めても“現役最強馬”に最も近い存在といえた。ヴィクトリアマイルには連覇を狙っての出走である。

 が、その座を脅かす後輩の影に、ブエナビスタがいくらかの警戒心を抱いていたことは確かだったはず。それこそがもう1頭の最強牝馬、アパパネだ。

牝馬三冠馬アパパネの挑戦

アパパネ写真

 ブエナビスタより1歳若いアパパネの実績は、ある意味でブエナビスタを超えていた。桜花賞、オークス、秋華賞を制覇し、ブエナビスタが成し遂げられなかった(秋華賞3着降着)牝馬三冠を達成していたのだ。

 ただしアパパネは、エリザベス女王杯ではスノーフェアリーの衝撃的な末脚に屈し、メイショウベルーガにも先着を許しての3着に敗退。今季初戦のマイラーズCでも4着に敗れている。古馬や世界的な強豪との対戦、あるいは牡馬に混じってのレースでは遅れをとっており、その点ではブエナビスタが刻んできた蹄跡には1歩も2歩も譲る。

 単勝オッズは4.1倍。最強牝馬対決とはいえ、どちらかといえばアパパネの方を挑戦者と位置づけるべきだったろう。

 ところがレースでは、女王と、その座を狙う挑戦者が、まるで立場を逆転させたような走りを見せることになる。

ブエナビスタの肉薄をクビ差しのぐ

 第6回ヴィクトリアマイル本番。オウケンサクラがハイペースで引っ張った馬群が直線入口に差しかかる。中団につけていたアパパネは、満を持してスパート態勢へ。それはまるで、ついて来られるなら来いとでも宣言するような、プライド高き女王の姿だった。

 これを見て追撃を開始したのが、アパパネの直後でピタリとマークしていたブエナビスタだ。目標を絞って負かしにかかるレースぶりは、さながらチャレンジャーである。

 結果、最後まで堂々と駆け抜けたアパパネは、ブエナビスタの肉薄をクビ差しのぎきることに成功、先頭でゴールを果たす。

 自信満々に女王らしさを貫いたアパパネこそが、最強牝馬にふさわしかった。そんな競馬となったのである。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN